ずいきのあく抜きを失敗した!対処法を教えて!

この記事は約6分で読むことができます。

ずいきのあく抜きを失敗した!対処法を教えて!

この記事では、ずいきのあく抜きについてお話します。

あく抜きをしたけれど失敗してしまい、どうしていいのか分からないという方は、結構多いです。
それくらい、ずいきのあくは強いんですよね。

失敗しても、対処法はありますので、諦めないでください。
もしかすると、美味しく食べられるかもしれませんよ。

ずいきはあく抜きが絶対必要?

ずいきにあく抜きは絶対必要です。
というのも、ずいきには強いアクの元となる「シュウ酸カルシウム」が多く含まれているためです。
このシュウ酸カルシウムは針状の結晶なので、あく抜きをしないで体内に取り込んでしまうと大変なことになってしまいます。

ずいきは里芋の葉と茎の間の「葉柄」という部分ですが、かなりあくが強いです。
人によってはかなり強い症状が出てしまう上、結石や腹痛の原因となってしまいますのであく抜きは必要といえます。

あく抜きをしないとどうなるの?

  • 喉が焼け付くように痛い
  • 喉の皮がくっつくような感覚
  • 手に痒み
  • えぐみが強くて食べられない

ずいきをあく抜きしなかった場合、上記のようなことが起こりやすいです。

ずいきのあく抜きをしなければ、食べると喉を刺激して、喉がイガイガして食べられたものではありません。
舌もビリビリします。

またずいきは加熱をしても、あく抜きをしていなければえぐみが強いので、食べた時にえぐみの強いお料理になってしまうんです。
ですからせっかく作った料理でも、家族に食べてもらえず残ってしまいます。

正しいあく抜きの手順を教えて!

手順①:酢水につける

大きなボウルに酢水を作って、長めにカットしたずいきを1時間ほどつけておきましょう。
シュウ酸カルシウムは酢によって分解されるため、酢水につけるのが有効です。
里芋にも皮付近にシュウ酸カルシウムが含まれていますが、酢水につけながら皮をむくと、かゆみを抑えられます。

手順②:茹でる

大きな鍋に水をたっぷり入れてお湯を沸かし、酢を入れてから、酢水につけたずいきを投入して茹でます。
菜箸でコロコロ転がしながら、2分ほど茹でましょう。
加熱することで、シュウ酸カルシウムは分解されます。

ここで注意したいのが、あんまり茹ですぎてしまうと、フニャフニャになってしまうので、茹ですぎに注意してくださいね。
ずいきはシャクシャクした食感がいいので、ぜひその食感を損なわないようにしたいところです。

手順③:冷水にとり、皮をむく

茹で上がったら冷水にとりましょう。
冷水に取ったら、水を替えながら冷やしていきます。

しっかり冷えたら、ずいきの皮をむいてあく抜きは終了です。

あとはカットして、保存容器に水を入れて少量酢を垂らしたら、ずいきを入れて冷蔵庫で保存しましょう。
お酢の効果で紅色に染まるので綺麗ですよ!

失敗の例と対処法

・始めに皮をむいたら手が痒くなった

あく抜きする際、先にずいきの皮をむいたほうが楽な気もしますが、一番初めに張り切ってずいきの皮をむいてしまうと、手の痒みがひどくなってしまうかもしれません。
ですから始めに皮をむかずに、まず酢水につけてから、お湯で茹でて水にとって皮をむくようにしましょうね。

私の祖母はずいきの皮を初めに剥く人ですが、母は痒くて剥けないからいつも先に酢水につけて茹でてから剥いていますよ。

・あくが抜けていなかった

ずいきのあくを抜いたと思ったけれど、抜けていなかった場合、諦めて捨ててしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、あく抜けしていなかった場合でも、もう一度2分~3分ほど沸騰させたお湯でゆでて、水にとってみてください。
それでもやっぱりあくが抜けていなかったら、もう一度茹でてみてくださいね。

再び茹でる際に、自宅に鷹の爪や大根おろしがある場合は加えてみると、あくが抜けやすくなりますよ。
あとは酢を加えて茹でるのもおすすめです。

ずいきの美味しい食べ方は?

あく抜きしたずいきは、しっかり水気を切って調理に使うことで、味がしみ込んでとても美味しくなりますよ。
色んな味付けになじむので、食べ方は様々です。

煮物

あく抜きをしたずいきは油揚げなどと一緒に煮ることで、だし汁や調味料を吸って、とても美味しくなります。

汁もの

ずいきは味噌汁や吸い物にもぴったりです。吸い物やみそ汁のお出汁を吸うので、うまみを凝縮させたずいきになりますよ。
味噌汁に入れる場合は、里芋も一緒に入れてもおいしいです。

炒め物

ずいきは炒めても美味しいです。
私は中華炒めが大好きですよ。

ずいきが味を吸い込むので、シャクシャクした食感に味のしみ込んだずいきは炒め物にぴったりです。

酢の物

ずいきの酢の物は、さっぱりしていてとても美味しいです。