砂糖の代わりにみりんやハチミツは使える?

この記事は約7分で読むことができます。

砂糖の代わりにみりんやハチミツは使える?

この記事では、砂糖の代わりにみりんやハチミツが使えるのかについて、お話します。

砂糖が無い時、みりんやハチミツで代用できるのか気になるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

みりんは砂糖の代用になる?

みりんは砂糖の代用になります。

みりんは蒸したもち米やうるち米麹、焼酎を混ぜて熟成させ、糖化したものです。
14度前後のアルコールで、約40~50%糖類を含んでいるため、加熱してアルコールを飛ばしてから利用すると、使いやすくなりますよ。

みりんは甘味やコクをプラスして、照りが出てくるため、料理の仕上げに使われることが多いです。

ここでよくあるのが、キッチンにみりん(本みりん)はないけれど、みりん風調味料はあるというケースもあります。
このみりん風調味料は、みりん(本みりん)とは違ってあくまで「みりん風」です。

みりんはアルコール度数が14%前後あるので、アルコール類に分類されますが、みりん風調味料はアルコール度数が1%以下なので調味料の扱いになります。

値段も本みりんに比べると安いですし、アルコール度数が低いため一度加熱してアルコールを飛ばす必要がないという点で手軽に使いやすいです。

みりん(本みりん)もみりん風調味料も、砂糖の代用になりますので使ってみてくださいね。

代用可能な料理は何?

みりんはもち米やうるち米麹を使っているため、甘さがさっぱりしています。
砂糖と同じように使うと、甘味が足りないと感じることが多く、その場合は調整が必要です。

砂糖大さじ1の量と同量の甘さにしたい場合は、みりんを大さじ1.5入れるようにすると砂糖の甘さに近づけることができますので、試してみてくださいね。

本みりんは煮物や炒め物にも使えますが、水っぽくなりやすいので、加熱してしっかりアルコールや水分を飛ばしてから利用しましょう。

ただお菓子作りに利用するにはちょっと甘味が足りないと感じたり、べたつきが気になったりするかもしれませんので、料理の内容によっては向かないかもしれません。

向かない料理

砂糖は水分がないですが、みりんは水分です。

ですから料理によっては、もったりしてふくらみが少なかったり、べたついてしまったりといったことが考えられますので、クッキーなどの焼き菓子などには向かないかもしれませんね。

ハチミツは砂糖の代用になる?

ハチミツは砂糖の代用になります。

ただ、注意したいのがハチミツは花の種類によって味や風味に違いがある点です。
ですから、料理に合う・合わないがあります。

また、ハチミツは砂糖よりも甘味が強く、砂糖の約1.3倍近い甘さがあるといわれています。
レシピ通りの砂糖の分量でハチミツを使ってしまうと、甘くなりすぎてしまいますので調整が必要です。

砂糖を大さじ3の量をハチミツで置き換える場合、ハチミツ大さじ1にするとちょうどよくなります。

逆に、ハチミツ大さじ1の量を砂糖で置き換えて使いたい場合は、砂糖を大さじ3にするとちょうどよくなります。

ハチミツで注意したいのは、1歳未満の赤ちゃんにハチミツを与えるのは絶対にやめましょう。
「乳児ボツヌリス症」を引き起こしてしまうことがありますよ。

ハチミツで代用可能な料理は何?

ハチミツは煮物など甘辛く煮込む料理にぴったりです。

また、飲み物に入れても、溶けやすいので砂糖の代わりに使いやすいですよ。

向かない料理

ケーキなど膨らみを期待するお菓子に対して、砂糖の代用としてハチミツを使うのはあまりおすすめできません。

ハチミツの重量が重く膨らみにくいということもありますが、ハチミツに含まれる酵素が小麦粉のたんぱく質を分解してしまうため、膨らみにくくしてしまいます。

ですから、始めからハチミツの分量で計算されているレシピでないのであれば、注意が必要です。

砂糖の代用になるものは他にもある?

てんさい

てんさいはとても優しく上品な甘さなので、お菓子や料理へ砂糖の代わりに手軽に利用できます。

砂糖と同じく粉なので扱いやすいですね。

砂糖がガツンと甘いのに対して、てんさいは優しい甘さですので、味を確認しながら使うようにしてみてくださいね。

オリゴ糖

腸内環境を整えてくれるオリゴ糖も、砂糖の代わりに料理に利用することができます。

カロリーが控え目ですので、健康志向の人にぴったりですね。

オリゴ糖も砂糖に比べて優しい甘さですので、砂糖と同じ甘さの感覚で使ってみたら以外に控えめな甘さだったということもあります。

オリゴ糖は顆粒タイプのものもありますので、顆粒タイプの方が砂糖と変わらず使いやすいですよ。

甘酒

甘酒も砂糖の代わりに代用できます。

甘酒はお米から作られており、ミネラルやビタミンが豊富で飲む点滴といわれるくらい栄養価が高いです。

しっかりした甘味なので、料理の中でも煮物などに対して使いやすいですよ。

ただ甘酒は砂糖の代わりにお菓子にも使えますが、ケーキやクッキーに使うと生地がベタベタになってしまったり、ふくらみが悪くなってしまったりすることがあるため、分量の調整に慣れるまでは注意が必要です。

グラニュー糖

コーヒーに入れるスティックシュガーは粒の大きなグラニュー糖ですが、料理にも使えます。

お菓子のレシピは砂糖ではなく、あえてグラニュー糖が指名されていることも多いです。

グラニュー糖を使うことで、さっぱりした甘さの上に、サクサク感のあるお菓子に仕上げることができます。

ですから、グラニュー糖を砂糖の代わりにお菓子に使ったり、料理にも使ったりできますので試してみてくださいね。

甘さがそれぞれ違う

砂糖の代わりになる調味料や食材はいろいろありますが、どれも調整が必要です。

砂糖と全く同じように使おうと思うと、難しいですが、それぞれの風味や特性を把握しておけば、砂糖とはちょっと違った甘さを楽しみながら調理したり、口にしたり出来ますので、ぜひ楽しんでみてくださいね。