帽子に汗染みが!綺麗に落とす方法を教えて!

この記事は約5分で読むことができます。

帽子に汗染みが!綺麗に落とす方法を教えて!

この記事では、帽子の汗染みを綺麗に落とす方法についてお話します。

ふと気が付いたら、帽子に白い吹き出た染みが出来ていた、また帽子をワンシーズン置いたら黄ばんだ染みが出来ていたといったことでお悩みの方は多いのではないでしょうか。

自分で落としたいけれど、お気に入りの帽子だしどうしていいか分からず落ちず困っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

黒い帽子の周囲に吹き出た白い塩の跡

黒い帽子の周囲に吹き出た白い塩の跡は、水洗いでも落とすことが出来ます。

汗だけの汚れですので、優しく冷水で洗うだけでも十分に落ちます。
あとは日陰で干すと綺麗になりますよ。

ですが、帽子はそのシーズンが終わった後のお手入れをしてからしまわないと、汗染みだけでなく皮脂汚れも加わって頑固な汚れになってしまいますので、しまう前のお手入れをするのがおすすめです。

白い帽子の周囲に吹き出た黄ばみ

白い帽子の周囲に吹き出た黄ばみに関しては、皮脂汚れも交じっています。
汗だけの汚れではないため、頑固な汚れを落とすのは大変なことです。

家庭では帽子についた皮脂汚れを落としたい場合は、皮脂汚れを落とす効果のある洗剤を使って洗うと、綺麗に落とすことが出来ます。

酸素系漂白剤

液体の酸素系漂白剤を直接黄ばみ部分に塗りつけて、歯ブラシなどで軽く叩きつけ、しばらく置いてから洗い流すか、酸素系漂白剤を40度のぬるま湯に溶かして漬け込んでしばらく置いてから洗うことで、黄ばみを落とせることがあります。

ただし、事前に手洗いできる帽子か確認するようにしましょう。

食器用洗剤+重曹

食器用洗剤と重曹を混ぜてスポンジに含ませたら、帽子の黄ばんだ部分に軽く叩いていきます。

すっきり黄ばみを落とすことが出来るかもしれません。

この方法も、事前に防止が手洗いできるかどうか確認してからやってみてくださいね。

家庭で帽子を洗う場合、型崩れなどが気になるところです。
ですから、型崩れを防ぐための、工夫が必要ですし、落としきれなかった汚れが逆に目立ってしまうことがありますので注意しましょう。

帽子を洗ったら、中に新聞紙を詰めたりザルの上にかぶせたりして干すようにするのがおすすめです。

クリーニング屋で落としてくれる?

クリーニング屋でも帽子の汗染みは落としてくれます。

むしろクリーニングの方が、型崩れなど気にする必要がないため、安心して任せることが出来ますよ。

ただ、特殊な染み抜きが必要となってしまう場合、値段が少し高くなってしまうことがありますので、事前にクリーニング屋さんで相談をしてみましょう。

汗染みを防ぐには?

日々のお手入れをする

汗をかくのは仕方がありませんので、汗をかいた後の帽子をそのまま放置しないようにしましょう。
カビが発生しないよう、風通しの良い場所で陰干しするようにすると、カビの発生を防ぐことが出来ますよ。

あとは、シーズンの終わりになると、自宅で洗ったりできる素材であれば軽く染み抜きをするなどして、形を整えてしっかり乾かして保存をするようにしましょう。

自分で撥水スプレーを使う

汗を防ぐ方法として、自分で撥水スプレーを使用するという方法もあります。

ただし、帽子の素材によっては撥水スプレーのシミが出来てしまうことがありますので、使用前には素材の確認をしてから使用するようにした方がいいですよ。

クリーニング

自分で帽子をホームクリーニングするとお金はかかりませんが、型崩れしたり、十分に汚れを落とすことが出来なかったりします。

その場合、翌年も使おうと思ったら繊維に残っていた汚れが浮き出てきたり、帽子の形が崩れてしまったりするケースがあります。

ですから、クリーニングで専門の業者にしっかり汚れを落としてもらった方が、お気に入りの帽子を長く使うことが出来ますよ。

帽子はデリケート

帽子はデリケートですので、手洗いが出来るのかや、型崩れしないかなど色々考えなければなりません。

子供用の帽子であれば、遠慮なく洗えるものも多いですが、なかなか大人用となるとデリケートなものが多いので、自分で洗うとなると躊躇してしまいますよね。

ホームケアできるのかどうか確認しつつ、お気に入りの帽子であればプロであるクリーニングの利用を検討するというのも一案ではないでしょうか。

大切な帽子を、少しでも長く愛用できるといいですね!