焼き芋の日持ちはどれくらい?温め直しはレンジとトースターどちらがいいの?

この記事は約6分で読むことができます。

焼き芋の日持ちはどれくらい?温め直しはレンジとトースターどちらがいいの?

焼き芋を作ったけれど、食べきれなかった場合、保管の仕方について迷ってしまいますよね。
いざおいておいても、どのくらいの期間置いておけるのか分からないと、次に食べる時ちょっと戸惑ってしまいます。
この記事では、焼き芋の日持ちについてお話しますので、気になる方は、温め直しと一緒にぜひ参考にしてみてくださいね!

常温の日持ちはどれくらい?

焼き芋を常温で保存する場合は、真夏でなければ2日ほどで食べきりましょう。
夏場は焼き芋が傷みやすいので、その日のうちに食べきるか、冷蔵庫に保管した方が美味しく安心して食べきることが出来ますよ。

夏場でなくても常温で保存する場合は、出来るだけ涼しい場所に保存するようにしましょうね。
またカットしてあったり、かじりかけの焼き芋は傷みやすいですので、その日のうち・もしくは翌日までに食べきるか、冷蔵庫に入れることをおすすめします。

冷蔵の日持ちはどれくらい?

冷蔵庫で焼き芋を保存する場合は、3日以内で食べきりましょう。

ただし丸ごと一本ではなくカットしてあったり、かじったりしたものの場合は、出来るだけ早めに食べきりましょう。傷みやすくなっているので、いくら冷蔵庫に入れていても、翌日以内には食べきった方が安心ですよ。

また冷蔵庫内は乾燥しているので、ラップをかけて保存するのがおすすめです。

冷凍で保存出来るの?

(1)冷凍保存出来る?

焼き芋は冷凍保存できます!
たくさん焼き芋を作って食べきれない時には、ぜひ冷凍しておくことをお勧めします。

(2)冷凍の方法

焼き芋を冷凍保存する場合、はじめから冷凍をするつもりであれば、熱々のままでラップをかけます。あとは、粗熱が取れるまで置いておきましょう。
粗熱がとれたら、ラップに包み直してジップロックに入れて、空気をしっかり抜いてから冷凍庫に保管してみてくださいね。

熱々のままラップをしておくと、水分が蒸発していくのを防ぐことが出来るので、解凍した時水分が抜けてパサパサになるのを防ぐことが出来ますよ。

また、冷まさず熱々の焼き芋のまま冷凍庫に入れると、冷凍庫内の温度が上がってしまうためよくありません。出来るだけしっかり冷ましてから、冷凍庫で保存するようにしましょう。

(3)日持ちは?

冷凍庫で保存した場合、1ヶ月以内に食べきるのがおすすめです。

いくら加熱をして、空気を抜いて冷凍していても、家庭用の冷凍庫での保存はドアの開閉も頻繁ですし、温度が変化しやすいですよ。
霜が降りやすくなってしまうため、味が落ちてしまいます。

また、冷凍のし過ぎは冷凍焼けになってしまい、劣化が激しくなってしまうため、出来るだけ早めに食べきってしまう方がいいですね。
冷凍して1ヶ月以内に食べきってしまいましょう。

温め直しはレンジとトースターどちらがいいの?

温め直しをする際、レンジの方がすぐに温かくなりますが、お勧めしたいのはトースターとの併用です。

まずレンジで30秒~40秒ほどラップを外して加熱した後、トースターで800W~1000Wで数分焼いて表面をパリっとさせると美味しく仕上がりますよ!
また時間があるのであれば、トースターの300W~600Wで10分~15分かけてじっくり温めるのもお勧めです。中からふっくらホクホクの焼き芋を再現することが出来ちゃいます。

冷凍していた焼き芋を解凍する場合も、そのまま冷蔵庫や常温で解凍して、レンジとトースターを使って温め直しましょう。
レンジの解凍機能を使ってもいいですが、始めからレンジで一気に加熱をすると、火の入り方にムラが出来ます。
水分の抜けたところとそうでないところの差が出てきてしまうため、おすすめではありません。

焼き芋に飽きたらこのメニュー!

以前冷凍していた焼き芋を、そのまま常温に置いていたら、半解凍になっていたんです。
半解凍の焼き芋を見た際、なんだかシャリシャリして美味しそうに見えたため、ちょっと口にしてみたらシャーベットみたいでした。

だから夏は焼き芋を食べる気分じゃないなと思っても、冷凍しておいて半解凍でシャーベットみたいにして食べると、とっても美味しいですよ!

更に解凍したけれど余ったという場合には、スイートポテトにするととっても甘いスイートポテトが出来るのでぜひお試しください。
解凍した焼き芋の皮を剥いて、バターと生クリームか牛乳を加えてよく混ぜます。
砂糖は十分に焼き芋の甘さがあるので、加えなくても大丈夫ですよ!カロリーも控え目ですし、上品なサツマイモそのものの甘さを味わえて、贅沢なスイートポテトを作ることが出来ちゃいます。

おかずの代わりに、天ぷらにするのもおすすめですよ。