「芋がら」ってどこで買えるの?売ってる場所を教えて!

この記事は約6分で読むことができます。

「芋がら」ってどこで買えるの?売ってる場所を教えて!

この記事では、「芋がら」がどこに売っているのかについて、お話します。
芋がらを買って食べてみたいけれど、なかなか見つからないという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

芋がらはスーパーで買える?

芋がらはスーパーでも買えます。
ただし、どこのスーパーでも置いているというわけではないですので、一度近所のスーパーで聞いてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、私の近所のスーパーには置いていなかったです。

芋がらは里芋の葉と茎の間である葉柄(ずいき)を、乾燥させたものですので、スーパーに置いてあるとすれば、高野豆腐やかんぴょうなどと一緒に乾物コーナーにあることが多いです。

スーパー以外ではどこで売ってるの?

百貨店

スーパーで見かけなくても、珍しいものが置いてある百貨店で見つけることが出来たりします。

道の駅

道の駅では、よく芋がらを見かけます。
私のよく行く道の駅でもよく目にしますよ。

近くで里芋やはす芋を栽培している農家があれば、ずいきを乾燥させた芋がらが店頭に並ぶことは珍しくありません。
ですから、道の駅に行ってチェックしてみるのも一案です。

農協の直売所や野菜の直売所

我が家の近所にある農協の直売所にも、芋がらがおいてあります。
農家で作っている珍しい商品や野菜が陳列されているので、見ていて面白いですし買ってみようかなという気持ちになりますよね。
近くに農協の直売所や野菜の直売所があるという方は、のぞいてみてください。

ネット通販でも買える?

芋がらはネット通販でも購入することが可能です。
楽天市場などショッピングサイトを利用して購入することも出来ますし、農家のサイトから直接購入することも出来ますよ。

ネット通販の場合、芋がらの説明が丁寧に書かれていたりするので、どんなものなのか、どういった調理をすればいいのかということを理解した上で購入でき、安心感があります。

ショッピングサイトでは、色んな芋がらを比較して購入することが出来ますが、国産のものにこだわるという方は、産地をよく確認してから購入するようにしましょう。
また、ネット通販の場合は送料もかかります。

売ってる時期はある?

芋がらは、古くから保存食として食べるものがない時など、重宝されてきましたので、先人の知恵が詰まった食材といえます。

生のずいきに関しては、売られている時期は限られます。
ですが、芋がらは干してありますので、売っている時期はあまり関係ありません。
ただし国産の芋がらに関しては、希少なのですぐに売り切れてしまうという場合もあるようです。

芋がらは手間がかかりますので、作り手も減っています。
ネット通販の場合だと、国産の芋がらに関しては10月頃から予約を受け付けて、完売したらその年の芋がらは販売されません。
そういった面から、ネットで国産のこだわりの手作り芋がらを購入する場合は、事前に予約受付を確認して早めに予約をした方が確実に手に入りますよ。

芋がらを作るのは、地域や農家にもよりますが、大体8月頃~12月頃とされています。
その時期になったら、ネットをチェックして農家の予約受付を見逃さないようにしてみてくださいね。

また、道の駅など直売所で売られる芋がらに関しても、作られる量や時期は限られているので、出来るだけ8月頃~12月頃に行った方が手に入りやすいかもしれませんよ。
ちなみに、外国産の芋がらに関しては、年中手に入りやすいです。

値段の相場はどれくらい?

ネット通販の芋がら

芋がらの値段の相場は、ネット通販だと国産の芋がらの場合は、20g~30gで、400円~500円くらいです。

インターネットで徳島県産の芋がらが30g498円、山形県産の芋がらは20g400円で売られているのを、それぞれ見つけました。
その他にも楽天市場にて、茨城県産の芋がらは30g486円で売られているのも見つけました
よ。

ちなみに、外国産の芋がらは楽天市場にて、タイ産の芋がらが30g198円で売られています。

道の駅の芋がら

道の駅で売られている芋がらは、ネット通販に比べるとお安く手に入ります。
大体相場が30gで200円~300円くらいで購入することができますよ。

スーパーやデパートでどのくらいの値段で売られているのかは分かりませんが、通販や道の駅の芋がらからみても、30g300円~600円くらいで購入することが出来ると考えていいのではないでしょうか。

芋がらの食べ方は?

下準備

芋がらは下準備をして美味しく食べましょう。

まずはたっぷりのぬるま湯に、芋がらを1時間ほど漬けてもどします。

次によくもみ洗いをしましょう。
お鍋に水と酢、芋がらを入れて火にかけ、沸騰して1分~2分経ったらざるにあげて茹で汁を捨てます。

あとは水につけて、茶色い汁が出なくなるまで水を2回~3回替えたら出来上がりです。
適当な長さに切って、しっかり水気を切ってから料理に使います。

おすすめの調理方法

芋がらはシンプルに、油で炒めてから醤油・砂糖・酒で甘辛く味付けすると、味がしみ込んでとっても美味しいです。
油揚げと一緒に炊いたり、酢のものにしたりするのもいいですね。
味噌汁など汁物との相性も非常にいいので、良かったら試してみてください。