行者にんにくが売っていない!どこで買えるの?

この記事は約7分で読むことができます。

行者にんにくが売っていない!どこで買えるの?

この記事では、行者にんにくがどこで買えるのかについて、お話します。

昔山奥で修行中の行者が、滋養強壮に良くにんにくの香りがする山菜を食べていたことから名付けられた行者にんにくですが、とても栄養価が高い山菜です。

行者にんにくは収穫量が少ない希少価値の高い山菜なので、なかなか手に入れることができません。
行者にんにくを食べてみたいけれど、どこで買えるのか知りたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

スーパーでは売ってないの?

行者にんにくは、スーパーで売っていることがあります。
ただ、とても珍しい山菜なので、天然物がスーパーに出回ることはほとんどありません。

行者にんにくは、もともと北海道の涼しい環境や、東北など限られた場所に生息しています。
でも収穫まで5年近くかかる非常に成長の遅い山菜なので、大量に収穫出来ないことに加えて、長年にわたってたくさんの人に収穫されてしまったため自生しているものは非常に少ないと言われています。

一方で、ハウスや畑で栽培されている行者にんにくであれば、取り扱っているスーパーはあるかもしれません。
涼しい地域で栽培している行者にんにくは、3年程度で収穫されてスーパーに並ぶこともあるようです。

なかなか目にする機会はないかもしれませんが、じっくり近くのスーパーを探してみたり、北海道や東北を訪れる機会があれば、地元のスーパーをのぞいてみたりしてみてはいかがでしょうか。

どこで買えるの?

スーパーでもたまに売られることのある行者にんにくですが、道の駅や野菜の直売所でも売られることがあります。
特に道の駅や野菜の直売所は、地元の農家の方が作った珍しい野菜も多く店頭に並ぶため、チェックしてみるといいですよ。

行者にんにくも栽培している農家が近くにあれば、手に入ることがあります。
ですがハウスや畑での栽培でも、実のところ収穫まで3年~5年かかるとされている行者にんにくなので、珍しい山菜ではあります。
農協に問い合わせて、作っている農家はないか聞いてみるというのも一案です。

売ってる時期ってあるの?

一般的に行者にんにくは4月下旬~5月中旬頃収穫される山菜です。
ですから、店頭に並ぶとすれば5月頃となりますので、その時期を狙って行者にんにくを探されてみてはいかがでしょうか。

また、地域や天候によっては3月中旬から収穫が始まる地域もあるようです。

行者にんにくの醤油漬けに関しては、年中インターネットでも購入することが出来ますので、一度どんなものか食べてみたいという方は、良かったら購入を検討してみてください。
焼き肉に巻いて食べても美味しいですよ。

通販でも買えるの?

行者にんにくを食べたいのであれば、通販を利用するとかなりの高確率で購入することが可能です。
ですから、スーパーや道の駅を探すよりも、通販の方がより手軽に出会うことができるため、おすすめです。

ハウスや畑で栽培した行者にんにくも売られていますが、北海道産の天然の行者にんにくはシーズンになると販売されます。
特に天然の行者にんにくは、ハウスや畑で栽培したものよりも、風味も香りも全く違うと言われています。

また、5年~7年ものの幹が太く葉も大きな行者にんにくが手に入りますので、利用しないのはもったいないですね。
ただ、収穫できる量が少ないため、すぐに完売となってしまいます。
出来るだけ早めに問い合わせて予約をするといいですよ。
先行予約だけで販売が終了するというのも珍しくありません。

北海道産の天然の行者にんにくで、400g/2980円で売られている通販サイトを見つけましたが、天然ものですし希少価値の高い山菜ということでお高いのは仕方がないかもしれません。

楽天市場でも1㎏/6280円で、天然の行者にんにくを売り出しているお店があります。
信頼できるお店から購入するのが安心ですので、事前にレビューをチェックしてから購入することをおすすめします。

行者にんにくを育ててみよう!

行者にんにくがなかなか手に入らないという方は、自分で行者にんにくを育ててみてはいかがでしょうか。

インターネットで苗や種を購入することが出来るため、自宅でも手軽に育てることができます。
ただ、収穫までは3年以上かかるため、早く食べたいと意気込んで育てるよりは、気長に収穫できる時期まで待てる方の方が栽培はむいているかもしれませんね。

水はけのよい半日陰の場所で育てるのがおすすめですが、地植え・プランターどちらでも育てられます。
北海道や東北地方の涼しい地域で育つというだけあって、寒さには強いですが、暑さには弱い性質を持っているんです。
ですから、できるだけ涼しい場所で育てましょう。

行者にんにくは食べるもの良いですが、7年以上たった行者にんにくは丸くて小さな白い花をつけます。
とてもかわいらしいので、収穫せずに愛でるのもおすすめです。

blank
行者にんにくの花