コリンキーが売っていない!どこで買えるの?

この記事は約6分で読むことができます。

コリンキーが売っていない!どこで買えるの?

この記事では、コリンキーをどこで買えるかについてお話します。
コリンキーを食べてみたいけれど、どこに売っているのか分からない、どこで買えるのか知りたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。
コリンキー自体、珍しい野菜なので、食卓でもコリンキーで盛り上がるかもしれませんよ!

 

 

普通のスーパーで売っているの?

かぼちゃの親戚みたいな姿をしているコリンキーですが、なかなか普通のスーパーで見かけることはないのではないでしょうか。

ただ、普通のスーパーでも地産地消のコーナーがあれば、近所の農家でコリンキーを栽培していたりすると、店頭に並ぶことがありますよ。

実際、私の家から車で15分の所にあるスーパーには、地産地消コーナーがあり、コリンキーが売られていました。
だから、普通のスーパーにないと諦める前に捜してみてはいかがでしょうか。

売っていないのは時期的なもの?

コリンキーが店頭にないのは、時期的なものかなと思われる方もいるかもしれません。
コリンキー自体が珍しい野菜で、旬の時期は5月~7月とされているので、確かにお店に売っていないのは時期的なものかもしれません。

ただ、まだまだコリンキーの知名度が低いため、お店によって需要があるか分からないということで、取り扱っていないだけかもしれませんね。

念のために、一度スーパーの店員さんにコリンキーはないか聞いてみるといいですよ。

コリンキーは名前がカタカナなので、海外の野菜かなと思われるかもしれませんが、コリンキー自体はオーストラリアのかぼちゃと、日本のかぼちゃを掛け合わせて出来た品種です。

だから今のところは海外から輸入して、年中手に入るというわけでもないみたいですよ。

スーパー以外でも売ってる?

コリンキーは、スーパー以外の方が私はよく見る気がします。

普通のスーパーよりも品ぞろえが豊富でちょっと珍しいものが沢山置いてある高級スーパーや、百貨店の中にある食品売り場の方がコリンキーを目にする機会は増えますね。

でも、もっと身近な道の駅や野菜の直売所でも売られていたりするので、のぞいてみる価値はありますよ。
私は時間がある時によく道の駅巡りをしますが、その際にもコリンキーは目にしたことがよくあります。

通販で取り寄せもできるの?

コリンキーが近所に売っていなくても、通販でお取り寄せすることができますよ!
だから、コリンキーが食べたいけれど食べられないと諦める必要はありません。

楽天市場やAmazon、yahooショッピングといった大手の通販サイトを利用することも出来ますが、農家によっては通販サイトを立ち上げているところもあるので、直接やり取りして通販で購入をすることも出来ますよ。

値段はお店に寄って違いがありますが、1個300円~売っているところもあれば、他の新鮮な野菜とまとめて3000円前後で売られているところもあります。自分に合ったものを見つけられるといいですね!

コリンキーってどうやって食べるの?

そもそもコリンキーって何だろうと思われる方もいるかもしれません。
まだまだ市場に出回っていないコリンキーの大きな特徴は、生食用のかぼちゃであることに加えて、皮が柔らかいので皮ごと食べられるかぼちゃというところです。

生のままだと、あの硬い皮が曲者のかぼちゃですが、包丁も入りやすくカットしやすいうえに皮まで美味しく生で食べられるなんて、ちょっと想像ができませんよね。

食感もホクホクしているというよりは、水分が多くサクサク・シャリシャリしているような感じが癖になりますよ。

私も実はコリンキーを食べたことがありませんでしたが、1か月前に市内にあるイタリアンレストランでランチを食べた際に、前菜の中にコリンキーがありました。

お店の人が、「このかぼちゃは生で食べられる珍しいかぼちゃです」と教えてくれましたよ。
「皮まで食べられますが、ちょっと硬いと感じるようであれば残していただいて結構ですよ」と言われましたが、確かにちょっと硬めの皮ではあるものの、食べられました。

私がいただいたコリンキーは、ワインビネガーに漬けたものでしたが、さっぱりしてとっても美味しかったです。
そのままサラダに使っても美味しいですが、酢の物にしても楽しめるので、意外に色んな調理をして食卓に並べることが出来るんですね。

もちろん、生で食べられるかぼちゃと言っても、炒めても美味しいようで、クックパットにもたくさんのレシピがのっています。

サッと炒めて、シャキシャキッとした食感を味わうのもいいかもしれませんね!
良かったら試してみてください。