ニラを使うときは、洗う?洗わない?

この記事は約6分で読むことができます。

ニラを使うときは、洗う?洗わない?

この記事では、ニラを使う時に洗うのか、洗わないのかについてお話します。
ニラを洗うか洗わないかで迷っている方は、洗い方の裏技も併せてお話しますので、良かったら参考にしてみてくださいね!

洗った方がいいの?

ニラを使う時、私は洗っています。

無農薬で栽培されているニラの場合はいいですが、農薬を使って栽培されていることもありますし、根元には土がついていたりするためです。また、虫だってついている可能性がありますよ!だから、基本的にニラを使う場合は洗っています。

ただ、カット野菜として他の野菜と一緒にカットされて密閉して売られているニラに関しては、「洗う必要なし」と書かれていたらそのまま使っていますね。

ニラ自体は香りがとても強いので、害虫が付きにくいです。実家でもニラは一切農薬をしないで育てていますが、虫に食われることなくとってもきれいですよ。

だから、ニラは洗わなくても食べられるし、逆にニラを洗うことによって風味や香りが落ちたり、食感が悪くなったり栄養素が溶け出てしまうということから、洗わないという人も多いかと思います。

でも、やっぱりほこりや土、虫がついているかもしれないことを考えると、サッとでも洗った方が良いのではないでしょうか。
そこでニラを洗う際には、香りや風味を落とさず、食感を損なわないような洗い方を考えてみましょう。

洗ってから切る?切ってから洗う?

ニラを洗う場合、洗ってから切るのか、切ってから洗うのかで迷われる方も多いかと思います。

私は先に洗ってから、切っていますよ。

ニラを切ってから洗うと、切り口からビタミンCなど水溶性の栄養素が溶け出てしまう感じがするので、もったいない気がしてしまいます。

あと、根元をしっかり洗って土を落としたいのですが、その場合長さがある方が洗いやすいですよ。
だから、先にニラを洗ってから切るのがおすすめです。

洗い方は?

ニラを洗う際には、ボウルに水をためて根元を洗うのがおすすめです。
根元の葉が重なっているところに土やほこりがついていることが多いので、しっかり根元を洗いましょうね。

ボウルに水をためて、その中で軽くこするようにして洗うと、綺麗に落とすことができますし、仕上げにしっかり流水で洗い流すことによって、汚れが再び根元に入り込むのを防ぐことができますよ。

葉の部分はサッと流水で洗うだけで大丈夫です。
葉の部分をゴシゴシ洗ってしまうと、傷ついて食感が悪くなったり風味がとんでしまうので、優しく洗うようにしてみてくださいね。

注意することは?

①使う分だけ洗う

ニラを洗う場合は、その時使う分だけを洗うようにしましょう。
ニラを洗って冷蔵庫で保存する場合、しっかり水分を取っておかなければ傷みやすくなってしまいますし、風味もとんでしまいがちです。だから、料理の際に使う分だけ洗う方がいいですよ。

②ニラの葉を折らないように

ニラの葉が折れてしまうと、折れたところから風味がとんでしまったり、味が落ちてしまったりするので、出来るだけ優しくニラの葉の部分を洗うようにしましょう。
ニラの葉の部分はサッと洗い流すだけでも十分です。

③洗った後はしっかり水気を拭き取る

ニラを洗った後は、しっかり水気を拭き取りましょう。調理の際に水っぽくなってしまいますし、食感も悪くなってしまいますよ。

裏技!50度洗い

ニラは細く薄い葉の野菜なので、どうしても水気が抜けて鮮度が落ちやすいです。

ニラを調理しようと思って冷蔵庫から出したら、シナっとして美味しそうな状態ではないという場合は、50度洗いを試してみてはいかがでしょうか。

数年前からテレビの料理番組で取り上げられるようになった、この50度洗いのやり方はとっても簡単です。

  1. お湯を沸騰させてボウルに入れ、お湯と同じ量の水を加えて約50度にする

    温度計がある方は、もちろん50度のお湯を作ってもらったらいいのですが、我が家はそんな温度計がないので、テレビで見たこの沸騰したお湯と同量の水で割るという方法を取っています。

  2. 50度のお湯でニラを洗う

    50度のお湯を入れたボウルで、ニラを優しく20秒くらい洗います。

  3. 水分を拭き取る
    お湯からニラを出したら、しっかりニラについた水分を拭き取ります。

たったこれだけですが、シャキッと戻るので不思議です。

私はほうれん草や小松菜、レタスはこの方法でシャキッとさせることが多いですが、シナっとしたニラを見つけたら、良かったら試してみてくださいね!

ちなみに60度以上のお湯だと煮えてしまうので、気を付けてください。