キーノ和歌山 グランドオープン初日に行ってきた!

この記事は約5分で読むことができます。

キーノ和歌山 グランドオープン初日に行ってきた!

南海本線和歌山市駅の駅ビルがリニューアルされて「和歌山キーノ」として生まれ変わったので、さっそく行ってきました!

2014年に高島屋が閉店して以来ですから約6年目にして、生まれ変わった南海和歌山市駅にワクワクです。
本来4月24日にオープンの予定だったのが、今回の騒動で約2か月、首を長くしてこの日を待っていた人も多いはず。

本日6月5日(金)は天気も良く、気温もそれほど高くなかったので、グランドオープンには最高の日でしたね。

南海和歌山市駅直結が超便利

なんといっても駅直結がうれしい!
改札を出たら即、「和歌山キーノ」へアクセスできます。

blank

blank

和歌山市民図書館も直結!

筆者が一番うれしいのがこれ。
蔵書数48万冊の和歌山市民図書館も併設。

しかも、図書館の1階には「蔦屋書店」と「スターバックスコーヒー」が入っています。

入口で検温があります。

blank

1Fのスタバです。
くつろげるスペースもたっぷりあって、ゆったり過ごせそう!

blank

奥には、ゆったり座れるスペースが。
blank

上の方にずらっと並んでいるのは図書館蔵書の全集とか、あとは飾りの洋書のようです。
このスペースには立ち入れない感じでした。

blank

文房具とか雑貨類も置いてあります。
blank

こちらは2Fの市民図書館です。
和歌山キーノの2階からも直接入館できます。
こちらも入口で検温があります。

とにかく、出来たばかりということもあって、めっちゃきれい!そして広々!

blank

雑誌も結構充実している模様
blank

2Fからエスカレーターで降りると、蔦屋書店とスタバのフロアへ。

blank

blank

PRONTOで食事

「麺屋 丈六」に行きたかったんですが、このように長蛇の列だったので、
(開店前から、この様子です。時間をおいて観察しましたが、1日中、行列が途切れることはなかったです・・・)

blank

断念して「PRONTO」へ。
blank

blank

「とろ~りモッツァレラのトマトソース」とアイスコーヒーを注文。

パスタは平たい麺で、うどん?っぽいモチモチ感がおいしい。

blank

パスタがもちもちして、おいしかったので、家でも食べたいなと、購入。
しかし、「とろ~りモッツァレラのトマトソース」の平たい麺じゃなくて、丸っこい麺でした。
ちょっと残念。

blank

玉林園で一服

PRONTOで昼食の後は、2Fのレストランフロアにある「玉林園」へ。
blank

「抹茶ソフト」と「ほうじ茶ゼリー」を注文。
「ほうじ茶ゼリー」には水出し玉露が付いてきます。
この「水出し玉露」が、かなり濃厚で美味しい!
いままで飲んだことのないコクのあるお茶です。

「抹茶ソフト」は甘すぎず、すっきりした味わいですが、個人的には、もう少し抹茶が効いているほうが好みです。

blank

blank

blank

暖簾越しに見えるのは焼き肉店「きた川 牛侍」に並ぶ人の列。
やはり平日とは言え、オープン初日の昼時なのでかなり混んでいる模様でした。

blank

このレストランフロアには他に、

  • そば うどん 信濃路(そば・うどん)
  • 海鮮れすとらん 勘八屋(海鮮料理・寿司)
  • 蒸しダイニング MusuMusu(せいろ蒸し料理・和食)
  • きた川 牛侍(焼肉)
  • セントラルパーク(イタリアン・ピザ)
  • 厚切りとんかつ よし平(とんかつ)
  • ギャートル(カフェ・レストランバル)
  • 太平洋酒場(海鮮居酒屋)
  • 平和酒店(平和酒造のコンセプトショップ)

が、あります。
オープンしたばかりということもあるでしょうか、平日なのにかなりにぎわっていました。

キーノ和歌山の2階には、かなり広々としたテラスがありますので、買ってきたスイーツをここでのんびり食べるのもいいかも。

blank

blank

アクセス

*南海本線「和歌山市駅」直結です。
*JRの場合は「和歌山」駅から紀勢本線に乗るか、駅前のバスを利用するか、どちらかです。