赤ちゃんのいる部屋の換気で気を付けることは?

この記事は約6分で読むことができます。

赤ちゃんのいる部屋の換気で気を付けることは?

この記事では、赤ちゃんのいる部屋の換気で気を付けることについてお話します。部屋の換気をすることで赤ちゃんだけでなく家族みんなの健康を守ることができますので、良かったら参考にしてみてくださいね!

換気は必要?

赤ちゃんのいる部屋の換気は必要です。
換気をするメリットとして、次の4つが挙げられます。

  1. 新鮮な空気に入れ替えることができる
  2. 除湿効果が得られる
  3. 温度調節ができる
  4. 脱臭効果が期待できる

締め切った部屋では、二酸化酸素が多くなり空気も淀んでしまいます。
また密閉性の高い住宅では、湿度も高くなりやすいですし、臭いもこもりやすくなってしまうんです。

ですから換気をすることで、赤ちゃんに新鮮な空気を届けてあげることが出来ますし、湿度や温度を調節することで、赤ちゃんが快適に過ごすことができるようになります。

季節ごとの換気の注意点

春は花粉が舞う季節でもあります。
ですから換気をするのはちょっと気が引けるという方もいるかもしれません。

換気をした後は、窓際や壁際に花粉が溜まりやすいので、窓際や壁際の花粉を拭くか掃除機をかけたりするようにするのがおすすめです。

また、換気と併用して空気清浄機を稼働することによって、換気の際に室内に入ってきた花粉を除去することも出来ますので、良かったら空気清浄機の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

夏は日中の外気温がとても高いので、日中換気をするのであれば、エアコンを切らずにつけたままで換気をするようにしましょう。

特に赤ちゃんは体温調節が上手くできません。
近年は猛暑が続いていますし、できるだけ赤ちゃんの負担にならないような換気を心掛けるようにするといいですよ。

またエアコンの冷房機能を効率的にしておきたいのであれば、早朝と夜のエアコンを切るタイミングで換気をしてみてはいかがでしょうか。

夏は換気の際に虫も入ってきやすいので、窓辺に虫よけアイテムをつるして置いたりするといいかもしれませんね。

ただ、注意したいのが梅雨の時期です。梅雨は窓を開けてしまうと、湿気が一気に室内に広がってしまいます。
除湿機やエアコンの除湿機能を活用しながら、換気をするようにしましょう。
湿度60%を超えてしまうと、ベビー布団にカビが生えたりダニが発生しやすくなってしまいます。
ご注意くださいね。

秋は涼しい時期ですので、網戸にして日中過ごす方も多いのではないでしょうか。
我が家も涼しい秋はほとんど窓を開けて過ごすことが多かったです。

秋もダニや花粉が心配な時期なので、換気後は湿度の調節と花粉の掃除をするようにしましょう。

冬は寒いので換気をするのをためらってしまいがちですが、空気が乾燥した季節なので部屋の中にウイルスが舞いやすいです。特にインフルエンザやノロウイルス、コロナウイルスといった、ウイルスは乾燥している時期こそ蔓延しやすいため換気は必須ですよ。

エアコンやファンヒーターを使っていると、余計に空気は乾燥してしまいます。
よくエアコンをつけていれば換気になるのではないかと思われる方も多いのではないでしょうか。
ですが、エアコンでは換気は出来ません。

エアコンは室内の空気を取り込んで、冷たい・暖かい・除湿した空気を室内に戻しているだけです。
ですから、エアコン自体に空気を清浄する機能がなければ、換気にはなりません。エアコンで換気が出来ていると思って赤ちゃんのいる部屋の換気を怠ってしまうと、汚れた空気を循環させているだけなのでご注意くださいね。

ちなみに、冬に換気をすることで窓の結露を防止することも出来ます。
結露は放っておくとカビの発生につながるため、出来るだけこまめに拭き取りましょう。

上手な換気の方法

窓を対角線上に二つ開ける

窓を開けて換気をする際には、1つの窓を開けておくだけでは換気になりません。
対角線上の窓も開けて、空気の通りをよくする必要があります。

特に一階の換気を行う場合は、防犯に気を付けて、換気をするようにしてくださいね。
また、窓を開ける際には、エアコンから離れた窓を開けることで、エアコンから出たばかりの冷えた空気や暖かい空気を外に出さず、効率的に換気をすることができます。

窓が一つしかない場合は、部屋の入口にサーキュレーターや扇風機を置いて回すことで、空気を循環させて窓から出すことができますので、良かったら試してみてくださいね。
この場合は、赤ちゃんを別の部屋に移して行うといいですよ。

1時間に5分の換気を2回行う

換気をこまめに行うことは重要ですが、最低でも1時間に5分の換気を2回行うことを意識するようにしてみましょう。
「1時間に5分の換気をしなさい」は面倒くさく感じますが、「1時間に5分の換気を2回行う」なら、できそうな気がしますね。

24時間換気システムを活用

我が家にもついていますが、2003年以降の戸建てやマンションには、24時間換気システムが設けられています。
各部屋の隅にありますが、スイッチを入れておくだけで空気が循環されて換気してくれるという優れものです。
そういった機能がある場合は、ぜひ活用してみてくださいね。

赤ちゃんにとっても優しく換気が出来るのでおすすめです。