マンション、アパートの水道の元栓、勝手に開けていいの?そもそもどこにあるの?

この記事は約6分で読むことができます。

マンション、アパートの水道の元栓、勝手に開けていいの?そもそもどこにあるの?

新生活に心躍らせて引越しをしてみたけれど、水道から水が出ないなんて経験をされた方、いらっしゃるのではないでしょうか。

水が出ないと「あれ??」って、いっぺんに不安になってしまいますよね。

水道の元栓が開いていない場合、勝手に開けてもいいものか迷いますが、実際のところどうなんでしょうか。

しかも、元栓を開こうにも元栓の場所が分からない、どこを探したらいいんでしょうか。

気になりますよね!!




自分で勝手に開けていいの?

水道の元栓が開いていない場合、水道の利用開始手続きをしているのであれば、勝手に元栓を開いて使って大丈夫ですよ!
水道の元栓が開いてないっていうのは、実は珍しいケースになります。
私もそうでしたが、だいたい新居に引っ越してきて、蛇口をひねったら水が出るようになっています。
だから水がでないとなると、「あれ?なんで?」ってなりますよね。
水道の水がでない原因はつ、考えられます。
まず一つは、水道の利用開始の手続きが出来ていない場合。
もう一つは、水道の元栓が開いてないことが挙げられます。
マンションなどの集合住宅は、管理人さんが立ち合いで開栓をするところもあるようなので、その場合には管理人さんにお願いしましょう。
水道の利用開始の手続きをしていない場合は、速やかに手続きをしてから利用するようにしましょうね。

使う時にどこに連絡すればいいの?

引越し先のマンションやアパートで水道を使う場合には、引っ越し前に管轄の水道局や役場の水道課に連絡をしましょう。
大抵の場合、不動産会社と賃貸契約をする時に不動産屋さんから管轄の水道局を教えてくれたりします。私もそうでしたよ。
どうしても分からない場合には、市町村役場の水道課に電話するのが一番早いですよ。
また、管理費に水道代が含まれるマンションやアパートによっては大家さんが、立ち合いの元で水道の元栓を開栓してくれるというところもあるようです。その場合は大家さんに確認をするのがおすすめです。
事前に水道局にいつから使用しますという連絡をしておくといいですが、当日引越してから水道局に電話をしてから水道を使用することもできます。
私の場合は、引っ越し前にいつから使いますという連絡をしておいたら、引っ越しした時ポストに水道料金引き落としの手続きの紙が入っていて、記入してそれを水道局にもっていくというシステムでしたね。

事後報告でも大丈夫?

基本的に事後報告でも大丈夫です。
地域によっては土日に引っ越しをして水道の元栓が開いていないけれど、土日なので水道局は対応できないといった場合もよくあるみたいです。
水道はライフラインなので、引っ越して使えないのでは困ります。だから水道の元栓をあけさせてもらって、その後事情を説明していつから使っているということを伝えるようにしましょう。
本来ならば、先に水道の使用手続きをしてから使い始めるというのが正しい使い方なので、できれば引越しする前に余裕を持って電話するなど手続きをするのが望ましいので覚えておきましょうね!
ただ、引っ越し先の地域によっては、確実に先に連絡をしなければ水道の元栓を開けることができないというところもあるので注意してくださいね。

管理人に連絡は不要?

管理人さんには、水道の元栓を利用する際の連絡は不要です。
基本的には個人と水道局との契約なので、管理人さんは関係ないです。
でも、マンションなどは管理費に水道代が含まれているところがあります。それならば管理人さんに使用の連絡をする必要があります。
その場合には、契約の際にあらかじめ水道代についての話があると思いますので、それに従って管理人さんに事前に連絡をするようにしましょうね。
水道の開栓についての連絡は不要ですが、住み始めてからの水漏れを始めとする水のトラブルは管理人さんに連絡が必要なので覚えておいてくださいね!

そもそも元栓はどこにあるの?

水道の元栓は、マンションやアパートによって配置場所が違ってきますが、だいたいマンションやアパートの外側の玄関扉横付近に、鉄の扉がついていませんか?
その扉の中に、水道メーターと水道の元栓があります。
管理費に水道代が入っているマンションやアパートは、水道代を一律で支払っていると思うので、個別メーターはないです。
もしも元栓がどこにあるか分からない場合には、管理人さんに連絡して教えてもらってくださいね!

立ち合いが不要なのでつい忘れがちになりますが…

引越しをしても蛇口をひねれば普通に水がでてくるので、手続きをしていなくてもそのまま水が使えちゃいます。。
また、ガスがガス会社の立ち合いのもとで使えるようになるのに対して、水道は基本的に立ち合いは不要で、電話一本で使えます。
だからつい、水道局への連絡を忘れがちになっちゃいますが、ちゃんと水道局に連絡して使うようにしましょうね!
新生活がスムーズに楽しく始められますように!