チャイルドシートって自治体や警察でレンタルできるって本当?

この記事は約6分で読むことができます。

チャイルドシートって自治体や警察でレンタルできるって本当?

この記事では、チャイルドシートが自治体や警察でレンタルできるのかどうかについて、お話します。自治体や警察でレンタルできるなら利用してみたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

自治体や警察でレンタルできるの?

チャイルドシートは自治体や警察でレンタルできる場合があります。
ただし、地域によってはレンタルしていないところもあるので、事前に住んでいる自治体に確認をするようにしてみてください。

特に警察の場合は、警察署内にある“交通安全協会”で借りることが出来ますが、あらかじめ全国交通安全協会に加入している必要があります。
よく運転免許証の更新に行った際、全国交通安全協会への加入を勧められることがあるのではないでしょうか。
この時会員に加入しておくことで、いざチャイルドシートが必要となった時、ベビーレンタルを利用するよりもお得に借りることができるメリットがありますよ。

会員になっていない場合でも、いつでも会員に加入することが出来るので安心してください。
警察署内にある交通安全協会の窓口で手続きはできますし、免許更新センターにも交通安全協会が設置されているので、そちらに問い合わせてみてみるのも一つの方法です。
ちなみに私の住まいでは、残念ながら自治体や警察でのチャイルドシートのレンタルは実施していないようです。

申し込み方は?

自治体・警察(全国交通安全協会)へチャイルドシート利用の申し込みは、事前に電話でチャイルドシートをレンタルできるかどうか確認を取りましょう。
もともと取り扱っていない自治体や警察(全国交通安全協会)もありますし、すでに貸し出されてしまって、あまっていない場合もあります。
ですから、事前に聞いてから申し込むのがおすすめです。

とりあえず電話で確認をして、利用可能なようであれば持参するものを聞き、申請しに行きましょう。
予約が3か月前からできるところもあるようなので、あんまり直前になって申し込みをしても予約が入ってしまっているということにもなりかねません。
利用したい期間が決まっているのであれば、出来るだけ早めに申し込みをしておくことをおすすめします。

費用は掛かるの?

自治体や警察(全国交通安全協会)によって、費用が掛かるかどうかは違いがあります。
レンタル費用は無料なところも多いですが、クリーニング代金を請求されたり、クリーニングしてから返却するように言われるところもあるようですね。
事前に確認をしてから利用するようにしましょう。

群馬県高崎市では、無料で貸し出ししてくれますが、返却の際にクリーニング費用として3300円を支払うようになっています。
でも3300円でチャイルドシートが必要な時期を乗り切れるのはありがたいですね。

特に子どもが里帰り出産で2か月自宅にいるという方にとって、その時期だけ必要だけれど購入するのは高すぎるという場合、非常にありがたいです。

いつまでレンタルできるの?

自治体や警察(全国交通安全協会)によって、レンタル期間は異なります。
2カ月間とか、生後6か月までとしているところもありますし、生後1年としているところもあるので、事前に問い合わせて納得いくようであれば市役所や警察(全国交通安全協会)でレンタルをしてみてはいかがでしょうか。

レンタル中の注意点

取扱説明書をよく読む

レンタル中は、まずは取扱説明書をよく読んで、正しく車に取り付けるようにしましょう。
なんとなくでつけて、移動中に外れるようなことがあっては、赤ちゃんの命に関わることにもなりかねません。

他の人が次に使うことを考える

次に他の人が使うことを考えて、大事に使用しましょう。
自治体や警察(全国交通安全協会)によっては、無料でクリーニングの費用やクリーニングせずに返却をしてもいいというところもあります。
それでももしも汚してしまった場合は申告して、何か対処が必要かどうか相談をした方が、気持ちよく借りることができますよ。

自分のライフスタイルに合っているかで、利用を検討するのがおすすめ

チャイルドシートのなかでも、赤ちゃんの時期から使えるタイプのものは3万円~8万円くらいするので高額です。
ちょっと購入をするにも迷ってしまいますよね。

ですが、ジュニアシートになると1万円以内で購入することができるようになるので、ちょっとお手軽になります。
もしも自治体や警察(全国交通安全協会)でレンタルのチャイルドシートを扱っていないのであれば、フリマアプリを利用して安く購入することも出来ますし、リサイクルショップや赤ちゃん用品のレンタルショップを利用するという方法もあります。

自分の使いたいメーカーやこだわりがあるのであれば、早い時期から探し始めるといいですよ。

市役所や警察でチャイルドシートが利用できると、どんなものが使って試してみたいとか、田舎に帰った時だけしか使わないという時などは、とても便利なレンタルではないでしょうか。

参考資料:高崎市 チャイルドシート貸し出しについて
    :チャイルドシートの無料貸出し|一般財団法人岡山県交通安全協会 (oka-ankyo.or.jp)