全自動洗濯機の柔軟剤を入れるタイミングと、投入口が壊れたときの対処法。

この記事は約6分で読むことができます。

全自動洗濯機の柔軟剤を入れるタイミングと、投入口が壊れたときの対処法。

お洗濯の際に使われる柔軟剤。

今は衣類を柔らかくするだけでなく、香りがとても良く防臭効果があるものも多く出ていますよね。

だけど、使っている割にいまいち香りがしなかったり、何となく衣類がごわつくなんてこと、ありませんか?

そんなときは使い方で損をしてるかもしれません。

柔軟剤を最大限にいかせるタイミングはお洗濯中のいつなのか気になるところ。

毎日のお洗濯がふんわりいい匂いに包まれるよう、もう一度使い方をおさらいしてみましょう。

最初から入れちゃうとだめ?


全自動洗濯機は、洗いから脱水までをその名のとおり全自動で行ってくれるものです。

全自動洗濯機には洗剤と柔軟剤の投入口がついていて、最初にすべて入れておくことができ、洗いの時には洗剤を、そしてすすぎの時には柔軟剤を自動で投入してくれるのです。

今や当たり前となっていますが、とても便利ですよね。

縦型の洗濯機、ドラム式洗濯機のどちらも洗剤と柔軟剤の投入口があります。

間違って入れてしまうと洗濯物がきちんと洗われなくなってしまうので、注意してくださいね。

また、洗剤にはじめから柔軟剤が入っていて、これ1本でOKといった商品もあります。
この場合は洗剤の投入口に入れます。

洗濯物をしっかり洗浄しつつ、ふんわり仕上げてくれて香りまでつけてくれるので便利です。

柔軟剤を別で用意しなくてもいい分、 節約にもなりますね。

じゃあ洗剤と柔軟剤を一緒に投入口に入れてもいいのでは、と思う人もいるかもしれません。

柔軟剤入り洗剤はどちらの効果も発揮できるように作られていますが、普通の洗剤と柔軟剤を一緒に入れてしまうと、お互いがケンカしてしまいどちらの効果も薄れてしまいますので、必ず別々に入れましょう。



どのタイミングで入れたら良い?


入れるタイミングとしては、すすぎの時なのですが、先ほども書いたように全自動洗濯機だと、はじめに入れておけばすすぎ時に自動で投入してくれます。

投入口が壊れたなど何らかの理由で、タイミングを見て自分で投入しなければならない時は、すすぎが1回の洗濯であれば1回目に、またすすぎが2回の洗濯であれば2回目の時に入れるようにします。

柔軟剤を入れる量ですが、ボトルに書いてあるとおりの量を入れましょう。

少なすぎても効果を発揮できないし、多すぎても衣類の吸水性を悪くしてしまうことがあります。

防臭効果が欲しいときなどは、少し多めにと書かれているものもありますので、用途によって調節します。

香りをちゃんと残すためのすすぎ回数は?


柔軟剤の効果をしっかり発揮させるためには、まず洗濯物をしっかりすすいで洗浄成分を流すことが大事です。

できればすすぎは2回の方がいいでしょう。

今はすすぎが1回で済む洗濯洗剤も出ていますよね。

これは泡切れが良く、洗浄成分が残りにくいと言われていますが、あくまで残りにくいと いうだけです。

残りませんとは言えないんですよね。

こういうのは気になる人と気にならない人で別れると思いますので、気になるのであればやはりすすぎは2回にするのがおすすめです。

すすぎの回数に関わらず、香りを残すためには柔軟剤を洗濯物にまんべんなく行き渡らせることが大切。

洗濯物をぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、柔軟剤が行き渡らず香りが残りにくくなってしまうので、1回の洗濯物は少なめにして洗うように気をつけましょう。



投入口だけ修理してもらえるの?


投入口が壊れてしまった場合、部品だけを取り寄せることもできますし、メーカーに修理や点検をしてもらうこともできます。

状態によって自分で修理できるものと、できないものとがありますので、まずは販売店やメーカーに問い合わせてみてください。

投入口の掃除方法


長く使っていると、投入口に洗剤や柔軟剤がこびりついてきますよね。

これを放っておくと詰まりの原因になってしまうので、時々は掃除するようにしましょう。

掃除方法は取り扱い説明書にも載っていると思いますが、まず投入口は簡単に外せるものがほとんどです。

取り外して丁寧に洗えばきれいになります。

問題は取り外した場所の方。

こちらはブラシや細いものを使って汚れをかき出さなければなりません。

洗剤や柔軟剤の固まったものは、お湯をかけて柔らかくしながら掃除するととれやすくなります。

手の届かないずっと奥の方までこびりついている場合は、時々お湯を入れてあげると徐々にとけていきます。

熱湯は洗濯機を痛めてしまいますので、ちょっと熱めくらいのお湯にしてくださいね。

最後に

何気なく使っている柔軟剤ですが、正しく使うことが大事だったんですね。

また、洗濯機も頻繁に使うものなので、きれいに保つことでより良い効果を発揮してくれます。

明日からちょっとだけお洗濯が楽しくなればいいですね。