島根で夕日を見るならここ!おすすめスポットが知りたい!

この記事は約8分で読むことができます。

島根で夕日を見るならここ!おすすめスポットが知りたい!

この記事では、島根で夕日を見るなら押さえておきたいスポットについてお話します。
日本海沿いに位置する島根県は、実は夕日の絶景スポットがたくさんあるんです。
だからぜひ、特に美しいロケーションを押さえて、夕日鑑賞巡りはいかがでしょうか?
幻想的な夕日に心が揺さぶられますよ!

おすすめのスポットは?

島根で夕日を見るなら、1番におすすめしたいのが「宍道湖」です。

宍道湖は島根県の出雲市から松江市にかけて広がるとても大きな湖ですが、夕日が沈む風景がとても美しいことでも有名なんですよ!
特に、宍道湖と夕日のコラボレーションが美しいと人気が高いスポットが次の3つです。

①島根県立美術館

島根県立美術館の1階ロビーから眺める夕日は格別美しいです。
夕日の時間まで素晴らしい国内外の絵画や写真・彫刻が数多く展示されている美術館で過ごすことが出来ますよ。
夕日の時間になると、そのまま室内からでも眺望することが出来ますが、島根県立美術館の正面に広がる“岸公園”まで出て夕日を見るのもおすすめです。

②白潟公園

宍道湖大橋の南側に位置する、宍道湖湖畔にある白潟公園眺める夕日もまた、とても風情があります。

③宍道湖夕日スポット"とるぱ"

宍道湖夕日スポット"とるぱ"は宍道湖沿いを歩くことが出来る歩道や、夕日を座って楽しむことが出来るテラスが整備されている、まさに宍道湖の夕日を楽しむために作られたスポットなんです。
地元の人の間では、夕日だけでなく夜景を楽しむことが出来るスポットとしても人気ですね。
ちなみに「とるぱ」は“(写真を)撮るパ(ーキング)”が由来で、全国に国土交通局の認定を受けた「とるぱ」があります。

場所・アクセス

①島根県立美術館

住所:島根県松江市袖師町1-5
アクセス:
①車
・山陰自動車道を利用する場合、山陰道「松江西ランプ」から5分で到着します。
・国道9号線を利用する場合
       (米子方面から)国道9号「袖師交差点」を左折して、180mほど進み左折すると到着です。
       (出雲方面から)国道9号から「嫁島町信号機」を右折し進むと、一つ目の信号を左折します。1キロほど北上して左折すると到着です。
     
③公共交通機関
飛行機(出雲縁結び空港・米子鬼太郎空港)、高速バス、JRそれぞれからJR松江駅を目指します。
あとは松江市営バスに乗って県立美術館前バス停で降りると到着です。

②白潟公園

住所:松江市灘町
アクセス:
①電車
・松江宍道湖温泉駅から徒歩16分
・松江駅北口から徒歩約12分
②車
「宍道湖大橋南詰」のすぐ隣です。

③宍道湖夕日スポット(とるぱ)

住所:島根県松江市袖師町
アクセス:
①車
・米子方面から出雲方面への9号線を車で走らせる場合は、松江市街地を抜けて宍道湖が見えてきたらすぐにあります。
・出雲方面から米子方面への9号線を車で走らせる場合は、松江警察署のすぐ近くにありますよ!
②バス
バスを利用するなら、“ぐるっと松江レイクライン”という観光周遊バスを利用がおすすめです。なんと「夕日鑑賞コース」という夕日がとびきり綺麗に見えるスポットへ、ぴったりの時刻につくよう案内してくれるコースがあるんです!
嫁が島夕日公園の停留所で降りるといいですよ!
      

駐車場はある?

いずれの場所も、駐車場があるので車で移動することが出来ますよ!
島根県は車が電車・バスなど公共交通機関の本数が少ないため、車での移動がとても便利です。
駐車場も無料で停められるよう確保されているので、安心して夕日を見に行くことが出来ますよ!

①島根県立美術館

180台駐車可能ですが、3時間までが無料となっているので注意してくださいね!
ちなみに、島根県立美術館の前にある岸公園にも、車を6台駐車するスペースがありますよ。

②白潟公園

10台の車を駐車するスペースがあります。

③宍道湖夕日スポット(とるぱ)

大型2台・身体障害者用1台・普通車21台が駐車することが出来ます。

時期と時間帯

島根県で夕日を綺麗に見ることが出来る時期と時間帯に関しては、松江市の「ぐるっと松江レイクライン 夕日鑑賞コース 運航時刻表」を活用することをお勧めします。
12ヶ月分のそれぞれの夕日がきれいに見える時間帯が書かれているので、バスに乗って移動するのもおすすめですし、その時間にスポットへ足を運ばれるのもいいのではないでしょうか。
松江市交通局 ぐるっと松江レイクライン 

特に宍道湖夕日スポット(とるぱ)は、9月頃を狙うと嫁が島と夕日がきれいに重なる位置になるという情報もありますよ!
夕日の一番美しい時間としては、日没前30分が美しいと言われているので、その辺りも踏まえてみてくださいね。

また、松江市のインターネットサイトでは夕日指数をチェックすることが出来るんです!7日分のチェックが出来るので、旅先に見れるか確認するといいですよ!
松江めぐり 宍道湖夕日情報 夕日指数 松江観光協会

見どころ

島根県立美術館

島根県立美術館は、実は1階ロビーが無料なんです。
ガラス張りなので、光の入り方が全く違って、夕日がとても美しく見えますよ!

白潟公園

白潟公園には高さ6メートルの石製の灯篭があるのですが、日が暮れ始めると明かりが灯り、夕焼けとのコラボレーションが人気を呼んでいます。

宍道湖夕日スポット(とるぱ)

宍道湖夕日スポット(とるぱ)から見る夕日の見どころは、なんと言っても宍道湖に浮かぶ“嫁ヶ島”と夕日のコラボです。
よく島根県のPR写真の中に夕日の中の宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島を映した写真があるのですが、それくらい有名です。
宍道湖夕日スポット(とるぱ)からはまさに、その写真を撮ることが出来ますよ!
また、湖畔に袖師地蔵というお地蔵さまがあるのですが、このお地蔵様も一緒に入るとまた味があります。

ここもおすすめ!

私のイチオシスポットはもう4か所あります。

まずは「ゆうひパーク浜田」と「キララ多伎」です。
どちらも海沿いの道の駅なのですが、夕日がとても綺麗に見える場所として有名なんですよ!
道の駅なので、駐車場はもちろんありますし、飲食店も充実しています。
休日になると石見神楽を楽しむこともできるので、夕日までの時間を楽しむことが出来ますよ!

次におすすめしたいのは、隠岐の島から見える夕日スポット、「ローソク島」です。
ローソク島は海面上に高さ20mほど突き出した無人島なのですが、夕日が沈むときに重なるとまるでローソクに火が灯ったように見えるんです。
とても幻想的で、見る人の心を奪う光景ですよ!

最後におすすめするのは、この記事で「とるぱ」をご紹介しましたが、「とるぱ」で全国一位に認定された場所が島根県にあります。
それは島根県大田市にある国道9号線沿いに位置する「和田珍味」です。
私はこの和田珍味のフグのみりん干しが大好きなのですが、和田珍味の駐車場から眺める日本海の景色は本当に素晴らしいです。
日中も綺麗ですが、夕暮れは幻想的でとても美しいですよ!

島根県は日本海沿いにあるため、どこから見る夕日もとっても美しいので、機会があればぜひ足を運んでみてくださいね!