島根の砂時計カウントダウン。時期と見所は?

この記事は約7分で読むことができます。

島根の砂時計カウントダウン。時期と見所は?

島根県にある、世界一大きな砂時計の存在はご存知でしょうか?

マンガやドラマ、映画の舞台となり、知る人ぞ知る砂時計として一時期話題となりました。
ちなみに私もリアルタイムで漫画とドラマを見ていましたよ!

そしてこの砂時計、毎年カウントダウンイベントが開かれているんです。
結構大きなイベントとして行われているので、今年はどんな年越しを過ごそうかなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは1つずつみていきましょう。

カウントダウンはいつ?

砂時計カウントダウンは、毎年12月31日の大みそかに“年越しイベント”として行われています。
21時30分からイベントが始まるので、それまでに会場に着いているようにしたいところです。

場所と行き方は?

(1)場所

〒699-2305
島根県大田市邇摩郡天河内975
仁摩サンドミュージアム隣の、“仁摩健康公園”にて開催されます。

(2)行き方

列車→JR山陰本線「仁万駅」で下車して、徒歩10分
注意したいのが、JR山陰本線は列車の本数がとても少ないです。
だから事前に時間を調べておかなければ、駅でかなり待たなければなりません。

飛行機→東京・大阪(伊丹)・福岡・札幌・隠岐便が、「出雲空港」に就航します。
出雲空港からは、タクシー・もしくはシャトルバスで「出雲市駅」まで行き、JR山陰本線に乗って「仁万駅」で下車すると、徒歩10分で会場に着きますよ!

→大朝ICから80分
三次ICから120分(細い道が続くので注意が必要です。)
  出雲ICから50分
  江津ICから40分
  仁摩・石見銀山IC降りてすぐ (※注)

島根県は横に長細い形をしていて、仁摩サンドミュージアムがある大田市はちょうど島根県の真ん中に位置します。
国道9号線を通って行けば、カウントダウン会場は道沿いにあるのですが、島根県西部から東部へと続く主な道が国道9号線なので、混みやすいです。
特に、大みそかは出雲大社へ行こうとする人の混雑も予想されるので、島根県西部から東部を目指していこうとする方は、早めの行動がおすすめですよ!

(※注)
高速道路でカウントダウン会場を目指す場合は、仁摩・石見銀山ICを降りたらすぐなのですが、島根県はまだ高速道路が整備されている途中のところが多いんです。

島根県の西部からも東部からも、高速道路に乗っては一旦国道9号線に降りて、また乗ってというのを繰り返さなければならないのが現状です。

私も今年のGWに、西部から東部に行く際には国道9号線をしばらく走ってから、石見福光ICというところから高速に乗って、仁摩・石見銀山ICで降りるというルートを使ってみました。
この区間が無料でお得だからです。

でも何度も高速に乗ったり降りたりしていては、結局そんなに時間は変わらないという人も多いですよ。
国道9号線をずっと通って、西部から東部へ移動するという人が多いのも確かです。

もう少し高速道路の整備が進むと、より便利にカウントダウン会場へ行くことが出来るかもしれませんね!

駐車場はあるの?

(1)通常の駐車場

砂時計カウントダウンでは、無料の駐車場がありますよ。
普通車が170台・バスが10台ほど停められます。
仁摩サンドミュージアムの第一駐車場と第二駐車場に加えて、仁摩健康公園駐車場にも車を駐車することが出来ますよ!

(2)障がいを持った方の駐車場

車いすを利用したり、体の不自由な方は、仁摩サンドミュージアムの玄関近くにある、専用駐車場を利用することが出来ます。
事前に電話で連絡をしておくと、当日スムーズに利用することが出来るかもしれませんね!

見所は?

(1)巨大砂時計をひっくり返す

仁摩サンドミュージアムと言えば、世界一の大きさを誇る砂時計“砂暦”です。
この砂時計は直径1m、全長5.2mの大きさに、1tの砂が入れられているのですが、1年をかけて時を刻んでいきます。
そして1年が終わると、ひっくり返してまた時を刻むのです。

この仁摩サンドミュージアムのカウントダウンでは、事前に募集をかけて集まった翌年の年男・年女108名で、23時55分から5分間かけて、紅白の大綱を引き巨大砂時計をひっくり返すんです。
これこそ最大の見所ですよ!

年男・年女は、毎年11月1日の午後9時からホームページの専用申し込みフォームや電話、FAXで申し込むことが出来ます。
翌年年男・年女にあたる方はぜひ申し込んでみてくださいね!

(2)打ち上げ花火

仁摩サンドミュージアムのカウントダウンでは、0時を迎えると同時に、1000発もの打ち上げ花火が始まります。
冬の澄んだ夜空に打ち上がる花火はとても美しいですし、新たな年明けを特別なものにしてくれますよ。

(3)催し物

仁摩サンドミュージアムのカウントダウンイベント“時の祭典”は、21時30分から始まりますが、巨大砂時計をひっくり返すまでの時間、ステージではライブやダンス・ビンゴゲームを楽しむことが出来ます。

また過去のカウントダウンでは、ぜんざいやそば、豚汁が無料で振舞われてきていますよ!

仁摩サンドミュージアムの近辺も見どころ沢山

仁摩サンドミュージアム近くには、世界遺産の「石見銀山」や国立公園「三瓶山」、また国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された「温泉津温泉街」もあるので、昼間の観光や宿泊の際にはぜひ利用をお勧めしたいですね。

仁摩健康公園内の遊具も充実しているため、お子さんも楽しむことが出来ますし、大田市が島根県の真ん中に位置することから、東部の出雲市や松江市方面・西部の浜田市や津和野町方面へのアクセスも便利です。

カウントダウン後に、出雲市の出雲大社や津和野町の太鼓谷稲荷神社にお参りするのもいいのではないでしょうか?!
色んな旅のプランを立ててみてくださいね!