美容液ってほんとに必要?化粧水や乳液との違いがわからない!

この記事は約9分で読むことができます。

美容液ってほんとに必要?化粧水や乳液との違いがわからない!





スキンケアをする上で、「美容液」の扱いに困ったことがありませんか?
美容液って容量が少ない割に値段が高いし、どのタイミングで使ったらいいか分からない、そもそも美容液を使う必要ってあるの?と疑問に思われたことのある方、多いのではないでしょうか。

私も若い頃はよくわかっていなかったのですが、20代になってスキンケア商品をお店でカウンセリングを受けながら購入するようになり、初めて化粧品や乳液、美容液といったスキンケアの役割を知ることになりました。

だから、美容液が本当に必要なのか、美容液が化粧品や乳液とどう違うのかをまず知ることから始めましょう!
きっとこれまでのように何気なく美容液を使うよりも、肌に効果的なスキンケアをすることができますよ!



●美容液って必要?

年齢を重ねるごとに、肌のお悩みが増えてきた私にとって、美容液は必要不可欠です!!

基本のスキンケアというと、化粧水と乳液をセットで想像される方も多いのではないでしょうか?
シンプルなケアが良いという場合には、美容液を使用しなくても十分基本のスキンケアをすることができます。

でも、「肌のここが特に気になる」とか、「化粧水と乳液だけではなんだか物足りない」という場合には、美容液を使うと肌に良い効果を実感することができるかもしれませんよ!

●美容液の役割とは?

美容液の役割はズバリ肌の栄養剤です。

美容液は色んなメーカーから沢山の種類が販売されていますが、実はどれも同じ効果があるわけではないんです。

例えば、私は特に目尻のシワやほうれい線、目の下のシミが気になるので、「シミに効果がある成分が配合されている美容液」とか「しわやほうれい線に働きかける成分が配合されている美容液」といった美容液を選びます。
要は肌に今必要な栄養素を選んで、肌に与えて元気にするということを目的に美容液を選ぶと、肌が元気になりますよ!

肌トラブルは人によって違います。
肌のくすみや、目元のシワ、肌の乾燥、シミ、そばかす、吹き出物、ニキビ跡など実に様々です。
症状も違ってきますよね。
だから沢山の種類の中から自分にぴったりの美容液が見つけるようにしましょう。

●化粧水や乳液との違いは?

美容液が栄養素ならば、化粧水や乳液とどう違うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

まず化粧水は肌の内部に水分をしっかり与えて潤いのある肌を作るための水分補給と考えましょう。
種類によってはサラッとしていたり、トロッとしているものや、潤い成分にこだわって作られているものもあります。
これには理由があって、季節や温度、湿度によって肌の状態は変化するため、使い分ける必要があるためです。

次に乳液は肌に化粧水を注入して潤ったものを、蒸発しないようにする“ふた”と考えましょう。
「洗顔後に化粧水を塗っているから、私はちゃんと保湿ケアをしている」という方がよくいますが、化粧水だけだと水分は蒸発してしまいます。
乳液で“ふた”をして初めて、保湿ケアは成立するということをよく覚えておくといいですね!

化粧水と乳液は肌に必要最低限の保湿ケアをしてくれるわけですが、年齢を重ねるごとにどんどん肌細胞は衰えていき老化が進んでしまいます。
この肌の老化を防ぐために、少しでも肌を元気にするための栄養剤となるのが、美容液となります。
だから、化粧水と乳液と美容液は全く違う効果や役割があるというわけなんです。

●塗るタイミング・順番は?

美容液が肌の栄養剤の役割を担っていますが、塗るタイミングを間違ってしまうと、全く効果を発揮できないので、注意しましょうね!

まず洗顔をしますが、洗顔をすることで肌や毛穴の汚れを落とすことが出来ます。
ただ洗顔の後は水分も失われている状態です。
洗顔をしたら出来るだけ早く、化粧水を肌に塗って、肌の内部に水分を送りこむ必要があります。

化粧水を塗って、肌の内部に水分を入れたら、次は美容液を塗り込みます。
しわ、たるみ、シミなど気になる部分をケアするための美容液なので、部分的に使用したり、美白効果のある美容液を使いたい場合は顔全体に塗ったり、自分が必要とするものを選択して塗るようにしましょうね。

美容液をしっかり顔に塗ったら、最後に乳液を塗ってふたをします。
せっかく肌に水分や栄養剤を入れても、逃がさないようにふたをしなければ意味がありません。
乳液は忘れないようにしましょうね。

特に冬場は乾燥するので、私は更に就寝前にクリームを塗って寝るようにしています。
季節に合ったケアの方法をするのがおすすめですよ。

●おススメの美容液は?

(1)保湿

ハウス オブ ローゼ 「パワーサージジェルDX」
化粧水を使っても、イマイチ潤いを感じられない時期があったのですが、このパワーサージジェルを顔全体に塗るとしっとり潤いました。
特に肌と同じ成分で出来ているので、全く私はヒリヒリしたりすることなく、安心して使えて良かったですよ!

(2)美白・くすみ

ちふれ 「美白美容液W」
美白美容液はどうしても肌に刺激的なものが多いですが、このちふれの美白美容液Wは全くヒリヒリしたりすることなく、肌がモッチリ潤ってとても気に入っています。
日々のケアが重要なので、使い続けることが美白への近道となりますが、ちふれの美白美容液は他のメーカーの商品に比べるととても安いので、続けやすいのが良いですよ!

(3)しみ・ニキビ跡・そばかす

ポーラ 「ホワイトショットSXS」
3人目を出産した後から右頬の下に直径1cmほどのシミが出来てしまい、すごく悩んでいるのですが、部分的美白ケアに良いということで、昔勤めていた職場の同僚のおばさまが「ホワイトショットSXS」を勧めてくれました。
正直専業主婦の私にはすごくお高いのですが、部分的に右頬下のシミだけに使うことを徹底しています。かなり長持ちしますし、1年半塗り続けているとちょっとシミの端っこから薄くなってきましたよ!
エステに通ったりすることを考えると、ホワイトショットをつかった方がお安いと自分に言い聞かせて使っています。

●肌に合わない美容液もあるので、よく見極めて!

美容液は本当に沢山の種類があります。
肌の栄養剤の役割を果たすわけですから、肌にとって刺激が強い場合もよくあります。

私も美白効果のある美容液を購入して使ったけれど、肌に塗るとヒリヒリして赤くなってしまったという経験があります。
一時期吹き出物ができやすく、肌が敏感になっていた時期がありましたが、その時はどの美容液を肌に塗ってもヒリヒリするので、美容液を使うのを中止しました。

皮膚科でも美容液は成分の強いものが多いので、肌に刺激を感じるようなら使用は直ちにやめて治ってから、できるだけ刺激のないものを使うようにと指導を受けました。

肌に栄養を与えてくれる美容液ですが、使用の際にはまず自分の肌の状態とよく相談をして、使っても大丈夫か試供品を使ってみて大丈夫そうなら購入するといいですよ!

沢山使えば効果が更にアップするというものでもないので、使用の際には必ず用量を守って使用するようにしましょうね!
美容液を上手に利用して、ワンランクアップの元気な肌を手に入れましょう!