ラタトゥイユの味付けが薄い、酸っぱい、甘みが足りない!こんな時どうする?

この記事は約7分で読むことができます。

ラタトゥイユの味付けが薄い、酸っぱい、甘みが足りない!こんな時どうする?

この記事では、ラタトゥイユの味付けが薄い・酸っぱい・甘みが足りない時にはどうしたらいいのかについてお話します。
ラタトゥイユの味付けで困っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

「ラタトゥイユを作ったけれど、家族からの評判がイマイチ」という食卓が、ちょっと変わるかもしれませんよ。

「なんか薄い!」ときの対処は?

①煮込む

味が薄い時は、とりあえずまずは煮込んでいきましょう。
水分が多くなんか薄いなと感じる場合は、しっかり煮込んで水分を飛ばすことで、濃厚で旨みと甘さがしっかり引き出されたラタトゥイユに仕上げることができます。

私は、よく煮物を作る時に味が薄いなと思ったら、煮崩れそうなものが入っている場合は、具と煮汁に分けて煮汁だけを煮詰めます。
味がしっかり好みの濃さになったら、具材を戻して少しなじませますが、これはラタトゥイユにも応用できるので、良かったら試してみてくださいね。
具材のナスが煮込み過ぎて溶けかかるというお悩みも一気に解決できますよ。

②調味料を加える

ラタトゥイユをそんなに煮込む時間がないという場合や、煮込んでもなんか薄いなと感じる場合は、調味料をプラスしてみてください。

基本のラタトゥイユは、トマトを基調としたオリーブオイル・お塩・でのシンプルな味付けになっています。
あとはオリジナルで、調味料を加えてラタトゥイユを作るという方も多いのではないでしょうか。

「なんか薄いな」と思ったら、コンソメを加えて塩分やうまみ成分を強く出すことで、薄さを軽減することができます。

また、野菜のうまみを凝縮したウスターソースを加えるのも一つの方法です。
トマトケチャップを加えることで、コクと旨みをプラスすることもできますが、酸味も加わるのでよく煮込む必要が出てきます。

いずれの調味料を加えるにしても、よく味を見ながら少しずつ加えるのがポイントになりますよ。

「いまいち味が引き締まらないとき」の対処は?

「いまいち味が引き締まらないな」と思った時は、調味料を加えてみてください。

①醤油

ラタトゥイユの味付けで、いまいち味が引き締まらないなと感じたら、仕上げに醤油を隠し味で少々加え、煮込んでみてください。

私はカレーを始めとする煮込み料理で味が引き締まらない時は、なんでも醤油を入れちゃいますが、これが不思議とビシっと引き締めてくれるんですよね。
良かったら試してみてくださいね。

ただし、塩分も多く含まれているので、入れ過ぎには注意してください。
少し加えて煮込んでみて味をみて、それでも足りなければまたちょっと足してみてください。

②お塩

ラタトゥイユの味付けに使われている調味料で味を引き締める場合は、しっかり煮込んでからお塩を足すことで味が引き締まります。
まずしっかり煮込むことで、しっかり甘みや旨みが引き出されて水分も飛び、味が濃くなるんです。

さらにお塩を加えることで、味がキュッと引き締まるので、お試しくださいね。

お醤油同様に入れすぎはしょっぱくなってしまうので、しっかり煮込んだ後に、味見をしてから少しずつ加えるのがおすすめです。

「甘みが足りない」ときの対処は?

ラタトゥイユの甘みが足りず、子供があまり食べてくれないという場合は、甘みを引き出すためによく煮込むか、砂糖や蜂蜜を加えることで甘みが加わります。

時間があれば煮込むことで、コクと旨み深まりますし、自然な甘みが引き出されますよ。

ただ、時間がない場合や煮込んでも子供が「甘みが足りない」という場合は、砂糖や蜂蜜を加えることで、甘さが増して食べやすくなります。
少しずつ加えて、甘くしすぎないようにしてみてくださいね。

「ちょっと酸っぱい」ときの対処は?

真っ赤なラタトゥイユは、トマトを入れるのが基本ですが、このトマトの酸味が強かったりすると、出来上がった時に「ちょっと酸っぱいな」と感じてしまいます。

また、トマトの代わりに手軽に手に入るホールトマトで代用する場合でも、ホールトマトの種類によっては酸味が強かったりするんですよね。

①煮込む

酸っぱさが際立つ時は、煮込むことで酸味が飛んでまろやかになってきます。
時間がある場合は、じっくり20分くらい弱火から中火で煮込むと酸味が和らいでくるので試してみてくださいね!
ラストに、塩を一つまみ入れることで、甘みを引き立てることができますよ。

②砂糖・蜂蜜を加える

煮込む時間がないという場合は、砂糖や蜂蜜で甘さを加えると、酸味がマイルドに変わります。

ケチャップに甘みがあるので、ケチャップを加えるといいかなと思われる方もいるかもしれませんが、そのままケチャップを加えてしまうと酸味が飛んでいないので、酸っぱさは変わりません。
ケチャップを加える時は加熱して酸味を飛ばしてから加えるのがおすすめですよ。

ラタトゥイユはじっくり食材を炒めるのがポイント!

ラタトゥイユは、始めに野菜をじっくり炒めると、野菜のうまみや甘みを引き出すことができます。
だから、オリーブオイルでじっくりと炒めてみてくださいね。

更に野菜を炒める時に、お塩を加えると野菜の水分が浸透圧の関係で外に出るため、甘みと旨みが引き立ちますよ。
ラタトゥイユ自体が、基本の味付けがとてもシンプルです。
そのシンプルな味付けの中でめいっぱいの甘みと旨みを引き出そうと思うと、じっくり炒めるというのは重要なポイントですよ。

また、同じトマトを使う場合でも、完熟した柔らかめのトマトを使うのがおすすめです。
甘さが際立ちます。

美味しいラタトゥイユが出来るといいですね!