食洗機の下洗いは必要?どの程度まですればいいの?

この記事は約6分で読むことができます。

食洗機の下洗いは必要?どの程度まですればいいの?

この記事では、食洗機の下洗いは必要かどうかについてお話します。

食洗機でうまく汚れが落ちず困っている方や、下洗いをどうしたらいいのか分からないという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

食洗機って下洗いが必要なの?

食洗機を日々使っている方はお分かりかと思いますが、食洗機って下洗いをした方が綺麗に食器の汚れが落ちるなと感じることはありませんか?

もちろん、場合によっては下洗いをしなくても綺麗に汚れが落ちることもありますが、結構洗い終わった食器を見て、洗い上がりが気に入らなかったり、もう一度洗いなおしたりしなければならないことがよくあります。

ですから食洗機を利用する際、場合によっては下洗いをした方が綺麗に落ちます。

下洗いをしないとどうなる?

下洗いをしないまま食洗機で洗ったら、洗い終わった食洗機の中の食器に汚れが残っていることがとても多いです。

私は初めて食洗機を目にした時、これがボタン一つで食器をピカピカにしてくれるのかとワクワクしましたが、食洗機洗い終わった後の食器を見て「こんなに汚れが残るんだ」とちょっとショックでしたね。

ですから、下洗いが必要な食器は下洗いをしてから洗った方が、綺麗な洗い上がりになりますよ。

どの程度まで下洗いをすればいいの?

食洗機を洗う際、どこまで下洗いすればいいのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。
私も以前勤めていた職場で食洗機を使っていた時は、下洗いが面倒でしたし、どれくらいしたらいいのか分かりづらかったです。

まず、「下洗い」なので、しっかり洗剤をスポンジにつけて汚れを落とす必要はありません。
水洗いで、サッと汚れを落とす程度で十分です。

ですが、次の2つの汚れに関してはひと手間かけて落としましょう。

こびりつき汚れ

食事をし終えた食器に、チーズやご飯粒、カレーのルウなどがこびりついて取れにくくなっている場合、洗剤をつけなくてもその汚れだけは落としましょう。
お茶碗は毎回食べ終わったらシンクで水をはっておくと、すぐにとれますよ。

ひどい油汚れ

揚げ物が乗っていたお皿など、ひどい油汚れの食器は、新聞紙やキッチンペーパー、使い古しの布で油汚れを拭き取りましょう。

手洗いのほうが早くない?食洗機を使うメリットは?

私は現在、食洗機を使っていないですが、以前勤めていた職場では食洗機を使っていました。
食洗機を使うメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

家事の時短

食洗機であれば下洗いをして入れておけば、あとは食洗機が洗って洗剤を洗い流して、乾燥までしてくれるので、その時間を使って別のことが出来ます。
だからすごく便利ですよ。

私は毎日夕食の洗い物で、調理器や5人分の食器を洗っていますが、洗って洗剤を流すだけで15分~20分はかかります。
ですが、食洗機であれば、サッと洗い流して食洗機にセットするだけなので、かなり時短につながるのではないでしょうか。

節水

食洗機は少ない水で食器洗いが出来るという点が大きなメリットです。

私も以前勤めていた職場で食洗機を使っていた時は、手で洗った方が早いなと思っていましたが、食洗機の導入を決めた上司が圧倒的に節水なのは食洗機と言っていました。
少ない水を循環させて洗うため、水をたくさん必要としないみたいですね。

たくさんの食器を洗う時は効率的

1人~3人程度の食器を洗うくらいならば、食洗機を使う方が面倒に感じますが、たくさんの食器を洗う時にはいっぺんに洗って乾燥までしてくれて非常に便利です。

手荒れしにくい

洗い物はお湯や食器用洗剤を使うので、手荒れしやすいですが、食洗機を利用すれば手荒れをしにくくなります。ですから、手荒れをすることにお悩みの方にとっては、とても便利なアイテムではないでしょうか。

殺菌効果が期待できる

食洗機は高温のお湯で洗い、高温の熱風で食器を乾燥させますので、しっかり殺菌をすることが出来て安心です。

食洗機を上手につかうためには

必要に応じた下洗い

食べ終わった食器の食べかすを取り除いたり、油汚れを拭き取ったり、取れにくい食べかすがこびりついている時は水でふやかすなどひと手間かけましょう。

高性能な洗剤の活用

10年くらい前の食洗機に使われる洗剤は、洗ってもなかなか汚れが落ちにくく、私もそのイメージが非常に強いです。

ですが、近年では頑固な油汚れやこびりつき汚れもしっかり落とすという高性能な洗剤も多く販売されています。
ですから、そういった洗剤を活用すると、下洗いも必要なく、より節水で手間がかからず使うことが出来るかもしれませんよ。

そして重要なのが、必ず食洗機用の洗剤を使うようにしなければ、故障の原因になりますのでご注意ください。

食器の入れ方にも工夫を

食洗機の取扱説明書を見ながら、食器の配置をどう入れたら効率的にしっかり洗えるのか把握しましょう。
水が噴射されるところをふさいでしまっては綺麗に洗うことが出来ませんし、汚れのひどい食器を重ねていると汚れは落ち切りません。

フィルターの掃除をする

毎回食洗機を使ったら、フィルターの掃除をしましょう。
食べかすやゴミが溜まってしまうと、不衛生ですし水がうまく循環せず汚れが落としきれなくなる原因になりかねません。