妊娠中の体重管理で苦戦!ストレスをためないコツはこれ!

この記事は約8分で読むことができます。

妊娠中の体重管理で苦戦!ストレスをためないコツはこれ!

妊娠中に悩まれる人が多いのは、「体重増加」ではないでしょうか。

私も悩みました。

こればっかりは、お腹の子が求めているから…と自分に甘くなっちゃうと、一気に転がるように体重が増えちゃうんですよね。

特に妊娠後期の水を飲むだけで体重が増える…はあながち嘘ではありませんでした。

妊娠中の体重管理、大変ですが急激な体重の増えは赤ちゃんにもお母さんの体にも良くないので、ストレスを溜めないように管理できるといいですよね!




出産までの体重増加の理想は?

私は産婦人科で、1週間に500グラムまでの体重増加が望ましいといわれました。
私の体重の場合は標準体重だったので、出産までに8キロまでの体重増加で抑えてくださいねと言われましたね。
いっぱい食べちゃダメなんだなという意外な印象を受けました。

太っても赤ちゃんを育てるための脂肪や羊水の量、赤ちゃんの体重から言っても、8キロあれば十分なんだそうです。
赤ちゃん自体が2キロ後半から3キロ半ばで生まれてくるわけですから、確かに体重が増えても無駄な感じがしますね。
よく妊娠中は「赤ちゃんの分まで食べないと」という年配の方の声を耳にしていたので、妊婦さんはいっぱい食べて太らないといけないみたいなイメージがありました。

でも、太り過ぎると妊娠糖尿病とか、妊娠高血圧といった病気になりかねないことや、お産自体が大変になる、産後の体重も戻りにくいという話を聞き、これは頑張ろうと気を引き締めましたよ。

1週間に1キロ増えたなと言う時には、次の週に頑張って体重が増え過ぎないようにしようとか調節しましたね。

初期:食べ物・運動

妊娠初期は悪阻の始まる時期なので、体重増加を気にするというよりは、悪阻で食べられるものが限られてしまうことから体重の減少を気にする人が多いかと思います。

私もこの頃は全く食べられないわけではないのですが、気持ち悪くてあまり食べられず体重が減りましたね。ずっとポッカレモンを入れた炭酸水を飲んでいました。

あまり体重が激減したり食べたり飲めなかったりする場合には、病院へ行って点滴を打ってもらうなどの処置が必要となります。
なので、悪阻がある時期は食べられるものを食べて、運動も無理せずに辛い時は横になるのがおすすめです。

ただ、食べ悪阻の時にはお腹が減ったら気持ち悪いので、ガムやカムカム昆布、シュガーレスの飴、などカロリー控えめなものを口にするのがおすすめですよ!
おやつに春雨スープを食べたり、寒天ゼリーなんかもいいですね。

中期:食べ物・運動

妊娠中期は悪阻が治まる人も多く、沢山食べれるようになります。
ここで「赤ちゃんが食べたがっているから」という甘えを出すのは大間違いです。

これまで思うように食べられなかった分、栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょうね。
鉄分やカルシウムも多く摂取するようにしましょう。私は高野豆腐やホウレンソウを積極的に食べていましたね。

妊婦さんは便秘にもなりやすいです。
私も薬を処方してもらって飲まなければどうにもなりませんでした。
便秘解消のために食物繊維の多いものを食べるのも大事なことですよ!

また、安定期が一番運動もしやすい時期になります。
無理のし過ぎは良くありませんが、休憩しながら歩いたりヨガ、スイミングを楽しみながらやるのもいいですよ。その場合には事前に担当の先生に聞いてから運動をするようにしましょうね。

マタニティ専用の運動は沢山ありますので、近所で出来るものがあれば積極的に参加するのもおすすめですよ!

後期:食べ物・運動

妊娠後期は大きくなった子宮で胃が圧迫されてしまうため、思うように食べらなくなってきますが、出産が近づくとお腹が下がってくるので、胃が空いてまた食べちゃうんです。

でもこの時期は水を飲むだけで太ると言われる時期だけあって、ちょっと気を抜くとポーンと体重が増えちゃうので要注意です!というのも、むくみやすい時期なんですよね。だから妊娠高血圧症にもなりやすいです。塩分は極力控えましょう。

後期は私は3人とも夏だったので、畑でとったトマトやキュウリをお腹がすいたら食べていました。
食べ過ぎると身体を冷やしてしまいますが、おやつ程度に食べていたので問題なかったですよ。

すぐにお腹がいっぱいになる場合には、小分けにして食べるといいと言いますが、少量ずつに分けないと、結局食べ過ぎになるので脂っこいものや塩分を控えて、トータル的に一日に必要な摂取量になるよう、心がけましょうね。

運動も積極的に歩いたりするようにしましょう。
出産に備えて体力が必要なので、適度な運動はとても大事になります。
階段の上り下りなんかもいいっていいますよね。

ただし、お腹が張ったりする時には無理をし過ぎないようにしましょうね。
私も毎朝・夕方に一度ずつ、それぞれ2キロずつ実家の田舎道をテクテク歩きましたよ。

ストレスなく管理するためには?

妊娠中って不思議なことに「これが食べたい!!」っていうものがあるんですよね。
私は一人目の妊娠中はたこ焼きと冷やし中華が食べたくて仕方がありませんでした。

でも、これも食べ過ぎは良くないと思い、沢山食べたい場合には冷やし中華は麺を少なくして春雨をたっぷり混ぜたり、野菜を多くして食べていましたし、たこ焼きも作ると食べ過ぎてしまうので、出先で買って帰って、サラダを先に一杯食べてからたこ焼きを食べるようにしていましたね。

我慢しすぎるのは良くないと思うので、カロリーを摂取しすぎないように、食べたいものを食べるようにしていました。
また、1週間に1度は何のストレスも感じずに食べられる日を作るのもおすすめです。その日のために体重管理する努力をすることができます。

赤ちゃんのためにと頑張りすぎると、ストレスになりますし、一度緊張の糸が切れて食べてしまったら食べたいものを食べたいだけ食べてしまうという反動につながってしまいます。

適度に頑張るのが続けるコツになりますよ!

私も食べ過ぎたなと思った時には、主人やお友達と一緒に散歩したり、人と一緒に何かすることで頑張れたりもしました。一人で頑張りすぎず、周りの人と楽しく運動もできたらいいですよね!

気にし過ぎも良くない

体重管理に関してきっちりしている産婦人科は、実際に言われることもとても厳しいです。
それはやはり、妊娠高血圧や妊娠糖尿病といったことを心配されてのことなんですよね。
下手をすると命にも関わってもくるので、できるだけ体重を気にするというのは大事なことです。

でも、食べ過ぎたらどうしようと気にしすぎるのも良くありません。
お母さんのストレスは赤ちゃんにもつながりますし、お腹が張ったりします。
だから、自分なりにこれくらい食べたから明日は出来るだけ野菜を多く食べようとか、ちょっとした工夫を積み重ねるようにし