大掃除でくしゃみや喉の痛みが。対処法を教えて!

この記事は約12分で読むことができます。

大掃除でくしゃみや喉の痛みが。対処法を教えて!

12月も半ばを過ぎると、そろそろ大掃除の時期です。

ところが、その大掃除によって、鼻や喉に不調を来たしてしまっては、体調不良で新年を迎えることにもなりかねません。

そうならないように、大掃除が原因で起こる喉の痛みやくしゃみを、予防しましょう。

喉が痛くなったり、くしゃみが出たりしてしまった時の対策も、併せて解説していきます。

くしゃみを防ぐには

大掃除時のくしゃみの原因の一つは、ホコリです。

1年間たまりにたまったホコリが舞い上がり、それを吸い込むと、異物の侵入を防ぐために鼻の粘膜が反応してくしゃみが出ます。

また、寒暖差による刺激も、くしゃみの原因になります。

大掃除では、家を出たり入ったりし、体が気温による影響を受けやすい状況になります。

くしゃみを予防するためには、マスクが効果的です。

マスクによって、ホコリの吸い込みを予防し、寒暖差の刺激も防ぐことができます。

使い捨ての不織布マスクは、ウィルスへの効果は期待小ですが、ホコリや花粉への効果は期待できます。

ところが、使い方を間違うと、効果が半分以下になってしまいます。

今一度、マスクの装着方法を確認しましょう。

効果的なマスクの使い方

顔の大きさに合ったマスクを購入します。
最近は、S、M、Lや、成人用、女性用、子ども用など、細かくサイズ展開されています
最も自分に近いものを選びましょう。

表裏を確認しましょう。パッケージに表示されています。

耳にかけるゴムが長い場合は、結ぶなどで調節し、顔にぴったりフィットさせます。

上部にワイヤーが入ったものの場合、鼻の形に合わせてしっかり押さえます。眼鏡の鼻あ
ての位置に合わせるのがベスト。

プリーツが入ったものの場合、しっかり広げて顎まで覆います。

眼鏡をかけている方は、眼鏡が曇るのでマスクができないという場合もあるでしょう。

これは、マスクの上部を折ることで解決できます。

ワイヤーの入った部分を1センチほど折りますが、外側に折る説と内側に折る説があります。

どちらも曇りにくくなりますが、個人的には、内側折りがお気に入りです。

マスクの不織布で肌が荒れるという方は、ガーゼマスクとの2枚使いをしましょう。

ホコリや花粉を防ぐ効果は、不織布マスクの方が高いので、大掃除の際の使用という意味では、ガーゼマスクはおすすめできません。

ですが、肌触りや保湿の点では、ガーゼの方が上回ります。

そこで、両方の良いとこ取りをします。

肌に当たる内側にガーゼマスクをし、その上から不織布マスクをかけます。

2重マスクですが、呼吸のしにくさは変わりません。

個人差があると思いますので、苦しく感じる場合、この方法は避けてください。

ホコリが舞うことがくしゃみの原因となりますので、掃除の手順も気をつけたいところです。

掃除機でホコリやゴミを吸ってから拭き掃除、という手順が普通のように思いますが、掃除機をかけると、掃除機後部からの排気によりホコリが舞います。

そこで、まずは、フローリングワイパーやフロアモップ、かたく絞った雑巾などで、ホコリを静か拭き取ります。

その後、掃除機をかけ、そして水拭きをします。

一手間ですが、ホコリの舞い上がりが少なくすみます。

掃除時には、換気も重要です。

窓を開ける、換気扇を回すなど、よく換気をしましょう。

ただし、掃除前に窓を開けると、空気の流れにより、かえってホコリを舞いあがらせてしまいます。

掃除機まで済ませてから、換気をしましょう。



喉の痛みを防ぐには

掃除の後、喉が痛くなってしまう原因は、ホコリなどのほか、乾燥や薬液の成分の刺激、寒い場所に長くいることなどが挙げられます。

予防には、くしゃみと同様、マスクが効果的です。

ホコリや乾燥、薬液の匂いや冷たい空気も防ぐことができます。

保湿には、不織布マスクよりガーゼマスクが効果的ですが、大掃除の際には、ホコリも防ぐことが出来る、不織布とガーゼの2枚使いがおすすめです。

喉の痛みには、乾燥が大敵です。喉粘膜の乾いた感じが、風邪につながることもあります。

そんなときは、飴、とくに喉をいたわる成分が入った、のど飴を舐めていると、喉の乾燥を防ぐことができます。

しかし、リスクもあります。

喉を守るためには、常に唾液を出している状況にしておきたいのですが、飴を舐め続けるということは、糖分を取り続けるということになります。

いくら、カロリーオフだと言っても、ゼロではありません。
もちろん、歯にもよくありません。

糖分やカロリー、虫歯が気になる場合は、ガムがおすすめです。

ノンシュガーの、歯を強くする成分が入ったものなら一石二鳥です。

ガムを噛むと、唾液が出ます。

唾液が喉を湿らせ続けてくれるため、乾燥を防ぐことができ、風邪の予防にもなります。

大掃除の際、寒い場所で掃除をし続けることも多いでしょう。

冷たい空気は、喉を刺激します。マスクだけでなく、マフラーやネックウォーマーで首元を覆うのも効果的です。

掃除時の喉の痛みで気をつけなければいけないのは、薬液の成分による刺激です。

マスクで、匂いなどは、多少軽減できますが、化学反応による有毒ガスなどは、マスクで防ぐことができません。

洗剤などで「まぜるな危険」と表示のあるものは、他の洗剤や薬剤との併用は厳禁です。

表示がなくても、自己判断で混ぜるようなことは避け、併用にも注意します。

単体でも刺激臭のあるような薬剤は、マスクと換気を忘れないようにしましょう。



くしゃみや喉の痛みが止まらないとき

くしゃみや喉の痛みが起こってしまった場合、以下の方法を試して、早く楽になりましょう。

まずは、ツボ療法を紹介します。不調に関連するツボを押して、症状を軽減させましょう。

くしゃみのツボ

  • 人中:鼻の下の溝のところ。くしゃみがでそうな時、人差し指でぐっと押さえます。
  • 迎香:小鼻の両側。左右同時に人差し指でぐっと押し込みます。痛みを感じます。

喉のツボ

  • 天突:左右の鎖骨の間の凹み。顎からまっすぐに下がった位置。優しく刺激します。絶対に強く押さないこと。
  • 気舎:左右共に、天突から指二本分外側へ鎖骨をたどり、その上端。ゆっくり押し込みます。

アロマテラピーもおすすめです。

体に優しい、芳香浴・吸入法で、リラックスしながら症状を軽くしましょう。

芳香浴は、オイルウォーマーやアロマライトで室内を穏やかに香らせます。

吸入法は、ティッシュやコットンに精油を1、2滴含ませ、香りを嗅ぎ、成分を吸い込みます。

湯を張ったマグカップ等の容器に数滴垂らし、立ち上る湯気を吸入する方法もあります。
刺激の強いオイルもありますので、勢いよく吸い込まず、ゆっくりと様子をみながら吸入します。

  • くしゃみ、鼻水など、鼻の不調におすすめの精油:ユーカリやペパーミント、ジャーマン・カモミール
  • 喉の痛みにおすすめの精油:ティートリー、ユーカリ、ラベンダー、サンダルウッド

精油は、必ず天然成分100パーセントのものを使いましょう。

そして、原液に直接触れないこと、目・口には決していれないこと、火気厳禁など、取り扱いには注意が必要です。

説明書をよく読みましょう。

また、不快に感じる場合は、すぐに使用を止めてください。

喉の痛みには、うがいも効果的です。

冷たい水は刺激が強いので、ぬるま湯で行います。

また、市販のうがい薬や、医師に処方されたうがい薬もよく効きます。そして、おすすめなのは、塩水でのうがい。

コップ1杯のぬるま湯に、塩をひとつまみいれ、よく混ぜて溶かします。

まずは、これを口に含んで、グチュグチュとゆすぎ、吐き出します。

次に、上を向いてガラガラと喉で転がすようにうがい。

最後にもう一度、ガラガラうがいをします。

口の中が荒れている場合は、最後に真水でゆすぎます。

塩水うがいは、口臭や口内炎などにも効果があります。

ここまで、くしゃみ、喉の痛みを軽減する方法をいくつか紹介してきましたが、症状がひどい場合は、薬を使いましょう。

できるだけ薬を使いたくないという考えもありますが、体の不調に耐えるストレスの方がずっと体に悪いとも言います。

薬に頼って、ぐっすり眠った方が良い場合もあるのです。

最後に、最も大切なことは、何をしても改善が見られない場合や、症状が悪化する場合は、すみやかに医師の診察を受けましょう。

清々しい新年を迎えるための、あの手、この手

2重マスクについて書きましたが、これはおすすめです。

私の場合、ガーゼマスクをかわいい柄で手作りし、不織布マスクとの2枚使いをするようにしました。

外から見ると、白い不織布に柄がうっすら透けるのがかわいくてお気に入り。

ガーゼが汗や呼吸時の水分を吸収してくれるので、マスク内がベタベタしません。

また、喉を潤すために、ガムを噛むことについては、実は、常々、味も成分もまったくない、ガラス玉のような飴があればいいのに、と思ってきました。

ただ、喉を潤し続けたいだけなのですから。

しかし、どんなに調べても難しそうなので、ガムへシフトしたのです。

ガムは味がなくなっても、噛み続けられます。

ところが、今度は、顎が痛くなったりして。
過ぎたるは及ばざるがごとしです。
良い方法ですが、噛みすぎには注意。

以前、風邪の名残で、ひどい喉の痛みが1ヶ月も続いたことがありました。

今回紹介した、ツボもアロマもハーブも使いつつ、内科にかかり、処方箋をもらいました。

それでも、眠れないほどの痛みがあり、やむを得ず鎮痛剤を用いることに。

すると、痛みがなくなり、ストレスもなくなり、よく眠ることが出来たのです!

薬も上手に取り入れるべきだなあ、とつくづく感じました。

年末、大掃除で体調不良なんて、残念なことにならないよう、清々しい家と体で、新しい年を迎えましょう。