古いスティックシュガーが出てきた!砂糖に賞味期限は無いというが、使って大丈夫?

この記事は約7分で読むことができます。

古いスティックシュガーが出てきた!砂糖に賞味期限は無いというが、使って大丈夫?

この記事では、古いスティックシュガーを使っても大丈夫かどうかについて、お話します。
古いスティックシュガーが出てきたけれど、使ってもいいものか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

未開封の場合、古くても大丈夫?

未開封の場合古くても大丈夫

未開封のスティックシュガーの場合、古くても使って大丈夫です。

砂糖は精製度が非常に高い食品で品質が変化しにくくバクテリアや菌が繁殖しにくいため、いつのものか分からないくらい古いスティックシュガーでも使用して問題はありませんので使ってみてくださいね。

ただし、人口甘味料のスティックシュガーは注意!

「グラニュー糖」のスティックシュガーに賞味期限はありません。
ですが、最近では糖質制限やカロリー制限に対応したスティックシュガーとして、人口甘味料で出来たものが多く出回っています。
この人工甘味料のスティックシュガーに関しては、賞味期限が定められていますのでよく確認しましょう。

そもそも砂糖に賞味期限はないの?

そもそも砂糖には賞味期限はありません。

これはJAS法(農林物資の規格化等に関する法律)の規定によって定められています。
極端に劣悪な環境で保存をしなければ、砂糖の品質の変化は極めて少なく、賞味期限の記載は不要とされているためです。
ですから、砂糖やスティックシュガーの包装にはどこにも賞味期限は記載されていません。

砂糖って古くなるとどうなるの?

全体が茶色っぽく変色

砂糖が古くなってくると、グラニュー糖全体が茶色く変色する場合があります。
これは砂糖に含まれる微量のアミノ酸がメイラード反応で褐色に変化していると考えられます。

茶色く変色すると、口にするのはちょっと気が引けてしまいますが、健康に被害はありませんので、口にしても問題ありません。

固まりになる

砂糖を未開封のまま長期間おいておくと、なぜか固くなっていることがありませんか?
これは砂糖が入っているビニール製の袋が空気を通し、砂糖が湿度の影響を受けやすくなるためです。

ちなみに砂糖が固まった状態というのは、乾燥による砂糖の結晶化が原因です。
ですから、固まってしまった砂糖に霧吹きで水を少量かけたり、濡らして硬く絞ったキッチンペーパーを固まった砂糖の上においたり、食パンを一緒に入れておいたりすると固まりがほぐれてサラサラになりますよ。
日のあたる場所において、少し温めてもほぐれたりするみたいです。

こんな時は使わない方が良いかも

部分的に変色している

スティックシュガーの個包装は、紙製で出来ている場合が多いです。
ですから、水にぬれてしまったことに気が付かずそのまま放置していると、部分的に変色してしまうことがあります。
この場合は劣化している可能性が高いので、使わない方がいいですよ。

虫がわいている

スティックシュガーの袋を食い破って虫が侵入したりする場合があります。
虫がわいている場合は使うのをやめましょう。

溶けだしている

未開封のスティックシュガーでも、高温多湿に置いて砂糖が溶けだしてしまっているものもありますので、その場合は使わずにすてることをおすすめします。

賞味期限のないものって、他にもあるの?

砂糖と同じように、塩も賞味期限がありません。
ですから、長期間保管していても保存状態に問題がなければ調理に使用しても問題ありませんよ。

氷に関しても賞味期限がありません。
ただし、マイナス18度以下での保存がマストとなっていますので注意が必要です。

梅干し

昔ながらの製法で作られた梅干しに限りですが、塩分濃度がとても高いため、長期保存が可能となっています。
ただし、市販の減塩タイプの梅干しや調味料で味付けされている梅干しに関しては、賞味期限が書かれていますのでその通りに食すようにしましょう。

はちみつ

はちみつは糖度が非常に高く、殺菌効果があるため常温で保存してもそのままの品質を保ちつつ長期保存が可能です。
カビが繁殖しないよう、清潔なスプーンですくったり、保存する瓶はあらかじめ煮沸消毒したりするようにしましょう。

ここで注意したいのが、市販のはちみつです。
安く売られている市販のはちみつの中には加熱処理をしていたり、水あめで薄められたりしているものがありますが、この場合は賞味期限が設定されていますので、よく確認してみてください。

ウイスキー

ウイスキーなどの蒸留酒は、アルコール度数がとても高いので、賞味期限はありません。
高温多湿を避けた場所で保存すれば、長期保存することができます。

砂糖の適切な保存方法は?

高温多湿は避ける

砂糖は腐りにくいので、常温で保存が基本となりますが、高温多湿は避け、冷暗所で保管をするといいですよ!

冷蔵庫はNG

一見冷蔵庫で保存をした方が長持ちしそうな気もしますが、冷蔵庫はドアの開閉によって温度が変化し、結露が発生しやすくなってしまいます。

いかに砂糖が長持ちするとは言っても、水分には弱くカビが発生したり腐ってしまったりすることもありますので、冷蔵庫での保管は控えましょう。
また、砂糖は臭いを吸着しやすいので、冷蔵庫に臭いの強い食材があればその臭いが砂糖に移ってしまいます。

密閉容器に入れ替えるのがおすすめ

砂糖は密閉容器に入れ替えて保存するのもおすすめです。
密閉容器に入れることで、湿気を防ぐことが出来ますし、虫が袋を食い破って侵入してくることも防げますよ。