年賀状を上司に手渡しは失礼?やっちまった!にならないためのマナー

この記事は約6分で読むことができます。

年賀状を上司に手渡しは失礼?やっちまった!にならないためのマナー

新年のご挨拶である年賀状をうっかり出し忘れた!

または住所が間違っていて戻ってきてしまった!

お正月に届けられなかった上司への年賀状、手渡しするのは失礼にあたるの?

それでも手渡しする場合、どうやって渡すのがいいの?

職場の上司への年賀状となると、色々考えてしまいますよね。

へたな対応をして、やっちまった!となる前に、この記事でしっかり心構えをしてください。

年賀状の手渡しは失礼?


年賀状が何らかの理由でお正月に相手に届かなかった、そんな場合は職場で渡せばいいかなと思う人もいますよね。

ただ、年賀状の本来の意味としては、遠方の人または不在で会えない人に新年のご挨拶を書くものであるため、毎日会う人、しかも上司に手渡しというのは失礼に当たると感じる人も多いようです。

今は個人情報が守られているため、職場の人でもなかなか住所を教えてもらえないという状況もありますから、住所がわからず手渡しするしか方法がない場合は、ひと言そのように伝えることで、年賀状を出したかったという気持ちが伝わるでしょう。

誰でも自分宛てに手紙を出したかったと言われれば、嫌な気はしないと思いますよ。

住所を間違えて届かなかった、またはうっかり出し忘れてしまったなどのミスで手渡しを考えているなら、職場では新年の挨拶だけにして、改めて寒中見舞いを出すという方法もあります。

手渡しでも受け入れられるかどうかは、職場の雰囲気にも左右されると思いますから、身近に相談できる人がいるのであれば、素直に聞いてみるのがいいでしょう。



こんな渡し方はダメ!


いくら親しくしている上司だとしても、友達のように「いや~出し忘れちゃって~」なんて渡し方はいけませんよ!

ましてや、片手で年賀状をひらひらさせながら渡すのなんて、もってのほか!
絶対にやってはいけません。

気まずいからと黙って上司の机の上に置いておくのも、相手にしたら意味が分からないでしょう。

大勢いる前で渡すのも、自分のだらしなさが前面に出てしまいますし、もちろん上司も気まずくなってしまいます。

本来は郵送すべきものを手渡しするからには、きちんとした態度で直接渡したいものです。



逆に評価が上がる渡し方


仕事始めに職場に行ったら、まずは新年の挨拶をしましょう。

それから相手の年賀状を受け取っているのであればお礼を伝えつつ、手違いがあって年賀状を届けることができなかったことを伝え、お世話になっているから手渡しは失礼とわかっているが受け取ってもらいたいということを真剣に伝えれば、いらないと言う上司はいないのではないでしょうか。

また、そこまでして渡す年賀状なのですから、ただ印刷されたものではなく、手書きの文字は必ず入れましょう。

できれば一言より長い文面がいいですよね。

いつもお世話になっているお礼や、新年の仕事への抱負などを書けば、仕事に対する姿勢も伝わるのではないでしょうか。

お正月休みが長く、すでに年賀状のタイミングでない場合は、新年の挨拶だけにして寒中見舞いを送る方が良いかもしれません。

あまりに遅くに年賀状を手渡しだと、常識がないと思われても仕方がありません。

どちらにしてもタイミングを逃してしまったからと、何も伝えず年賀状も寒中見舞いも出さなかったとなれば、自分の中にいつまでもモヤモヤしたものが残ると思います。

出さなくて後悔するよりは、出したい気持ちがあったということを伝えたほうが、お互いにすっきりするのではないでしょうか。



来年は出し忘れのミスをしないために


もしも住所間違いだったのなら、この機会に正しい住所を聞きましょう。

うっかり出し忘れたのであれば、年賀状を出す人のリストをもう一度確認して、年賀状が出来上がってからも、もう一度確認するのが間違いないです。

仕事関係者にも多く出すのであれば、プライベートとは分けて先に用意しておくなど対策を考えるように。

また、今年こんなミスをしたということを年末に見返せるところに書いておくのもいいですね。

とにかく、年賀状を手渡しするという行為は決して良いものではありません。

二度目はない!と思って気を引き締めてくださいね。

今では新年の挨拶をメールで済ませてしまうこともありますが、やはり郵便で届く年賀状は誰にもらっても嬉しいものですよね。

しかし、ひとつ間違えれば新年早々失礼なことになりかねません。

社会人であればなおさら、年賀状のマナーを確認しておくことをおすすめします。