もずくの三杯酢は捨てる?飲む?

この記事は約5分で読むことができます。

もずくの三杯酢は捨てる?飲む?

この記事では、もずくの三杯酢は捨てるべきか飲むべきかについてお話します。

市販のもずくを購入すると、三杯酢に漬けてあるものが多くありますが、なんとなく飲んでいいのか戸惑うという方は多いのではないでしょうか。
いつももずくの三杯酢をどうするか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

捨てた方がいい?

もずくの三杯酢は捨てる必要はありません。

というのも、もともと味のないもずくに三杯酢で味をつけているため、もずく自体はそのまま食べられますし、その調味液である三杯酢も一緒に口にすることが出来ます。

捨てなければならないような調味液につけてあるのであれば、そもそももずくも洗って食べなければなりませんし、ましてや「酢」は適量であれば体にいいので、捨てる必要はありません。

飲んだ方がいい?

もずくの三杯酢は苦手でないのであれば、飲んでも問題ないです。
ですが、わざわざ全部飲み干さなければならないかといえば、そうでもありません。

市販のもずくの三杯酢は、酢のほかに醤油や砂糖などの調味料が多く加えられているため、大量に飲んでしまうとカロリーや塩分を取りすぎてしまうということにもなりかねないためです。
そんなに甘ったるくもなく濃い味付けには感じませんが、それでもたくさんの量の三杯酢を飲んでしまうと、糖分や塩分の摂取量も自然と多くなってしまいますよね。

もずくの三杯酢が好きで飲み切りたいという場合は、原材料の欄や塩分やカロリーの表示をチェックして、塩分やカロリーの低いものを選択するようにするといいですよ。

健康上、問題ない?

もずくの三杯酢は健康上、問題はありません。

ただし、飲みすぎることによって塩分やカロリーを摂りすぎてしまったり、胃腸に弱い人は胃腸に負担がかかってしまったりすることが考えられますので、無理に飲みきる必要はないですよ。

1人分の分量の少量パックであれば、特に健康上問題になることはないのではないでしょうか。

もともと酢は健康によい食材ですが、どんな食材も摂りすぎはかえって体に毒ですので、無理のない範囲でもずくを食べるついでに飲んでみてくださいね。

飲む以外の活用法は無い?

もずくの三杯酢は、調味液として利用するのがおすすめです。

他の食材とのコラボレーション

• キュウリ
• 長いも
• オクラ
• 納豆
• タコ
• イカ
• トマト

我が家は、いつももずくにキュウリを薄切りにして塩もみしたものを加えています。
他にも長いもを千切りにして加えてもおいしいですよ。
おくらや納豆などのネバネバ食材と合わせても相性がいいです。

汁物に投入

また、酸味のある汁物を作るのもいいのではないでしょうか。
中華スープに加えれば酸辣湯風の汁物が手軽に作れます。

ドレッシング的な使い方

もずくの三杯酢は豆腐や野菜にかけてサラダ感覚で食べても美味しく食べられます。
お好みでごま油やオリーブオイルと垂らししても美味しいですよ。

もずく自体も栄養価が高いが食べすぎは良くない

もずくの三杯酢だけでなく、もずく自体も健康に良い食品ではありますが、摂取しすぎてしまうと逆に体によくありませんので注意が必要です。

もずくにはフコダインと呼ばれる食物繊維が多く含まれているため、腸内環境を整え美容効果も期待できますが、ヨウ素も多く含んでいます。
このヨウ素も適量であれば体にとてもいいですが、過剰に摂取しすぎてしまうと、甲状腺ホルモンが多く分泌されてしまい、逆に体によくありません。

ですから、もずくがいくら体にいいからといって、極端にたくさんの量を食べるというのはうやめましょう。
妊娠中も、赤ちゃんへヨウ素が移行しますので、バランスよく適量を守って食べるようにしましょう。