赤ちゃんのガーゼにカビが!臭いもひどい!対処法を教えて

この記事は約7分で読むことができます。

赤ちゃんのガーゼにカビが!臭いもひどい!対処法を教えて




この記事では、赤ちゃんのガーゼにカビが生えて臭いがひどいとき、どうしたらいいのかその対処法をお話したいと思います。

赤ちゃんのガーゼは直接赤ちゃんの肌に触れるものですし、清潔な状態で使いたいとこですよね。
気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ガーゼにカビが生えるのはなぜ?

赤ちゃんのガーゼはカビが生えやすいんです。
私も娘たちが赤ちゃんの頃、使っていたガーゼにカビが生えてたことが何度もあります。

ではガーゼにカビが生えるのはどうしてでしょうか?
それには、おもに2つの理由があります。

  1. そもそも汚れやすい
  2. 赤ちゃんはヨダレやミルク、汗などとにかくすぐに汚れてしまうので、それを拭くためのガーゼは大活躍です。とにかく、ガーゼはあっという間に汚れてしまうので、一日に何度も交換しなければなりません。

  3. 汚れたガーゼを放置してしまう
  4. 赤ちゃんの汚れを拭いたガーゼは、一日に何枚も出ます。
    その汚れたガーゼをそのまま翌日の洗濯まで放置していると、湿度が高くなりカビが繁殖しやすくなってしまいますよ。
    汚れたガーゼには、カビ菌の餌となるヨダレやミルク・汗といった汚れがたっぷりあるので、湿度が高ければそれを餌にしてどんどん繁殖します。そして温度が高いと、その繁殖力は更にアップするんです。

カビの生えたガーゼは捨てた方がいいの?

ガーゼにカビが生えてしまった場合、赤ちゃんの肌に使うものなので捨てたくなってしまいますが、洗濯方法を工夫すれば綺麗に落とし、除菌することができます。

だから綺麗にカビが落ちなかった場合は捨てて、綺麗にカビが落ちたら使うでもいいのではないでしょうか?

カビ種類による対処法をお伝えしますね。

①赤カビ

赤いカビがガーゼに生えてしまった場合は、漂白剤で落すことができます。

まず赤カビが生えてしまった時は、先に一度洗濯しましょう。
次に50度のお湯に塩素系漂白剤若しくは、粉末の酸素系漂白剤を溶かしておき、そこに一度洗濯したガーゼを入れて1時間~2時間漬けておきます。
あとは、しっかりよくすすいで、干したら綺麗に赤カビが取れて殺菌できますよ!

②黒カビ

黒いカビはガーゼに限らず落ちにくいですが、黒カビも赤カビ同様に、熱湯と漂白剤を使って綺麗に落とすことができます。

ステンレスかホーロー製の鍋にお水を入れて50度℃~60度まで熱します。
洗濯用粉石けんと粉末の酸素系漂白剤入れて、黒カビの生えたガーゼを投入し、沸騰させず弱火でコトコト煮ましょう。
あとは2時間ほど放置しておき、普通に洗濯して干すだけです。

ガーゼは煮沸消毒すべき? 

ガーゼは煮沸消毒することで、殺菌効果を得ることができます。
80度のお湯で10分間コトコト煮るだけでいいので、簡単ですね!

ここで注意したいのが、ガーゼをただのお湯で煮沸消毒をするだけでは、汚れを落とすことはできません。煮沸消毒は、あくまでカビの予防として考える方がいいですよ。

ちなみに私は煮沸消毒は面倒なので、しませんでした。
でも毎日でなくても、ガーゼを煮沸消毒することで、ガーゼの殺菌となるので、カビが付きにくくなります。

カビの臭いがひどい時は?

ガーゼの臭いがひどい時には、煮洗いでスッキリ臭いを落とすことができます。

ポツポツ黒い斑点のようなカビが生えてしまった場合、普通に洗ってもその黒い斑点のようなカビは落ちきらないですし、臭いもとれません。

特に、洗濯した後ポツポツが残っていた場合、そこにまた汚れがついて放置すると、臭いはかなりひどくなってしまいます。
でも、煮洗いは根本のカビを根絶することができるので、効果的ですよ!

煮洗いの方法は簡単です。
ステンレスかホーロー製の鍋にお水を入れて50度℃~60度まで熱したら、洗濯用粉石けんと粉末の酸素系漂白剤入れます。
あとは黒カビの生えたガーゼを投入し、沸騰させず弱火でコトコト煮ましょう。数分煮たら、2時間ほど放置しておき、普通に洗濯して干して完了です。
ちなみに先にガーゼを洗濯して汚れを落としてから、煮洗いしてもいいですよ。

ガーゼにカビが付かないようにするには?

赤ちゃんのガーゼにカビが付かないようにするには、日々の工夫で十分対応することができます。

①漬け置き

ガーゼが汚れたら、まずすすいで汚れを落とします。
あとは洗濯するまで、酸素系漂白剤を溶かした水の入ったバケツに入れて、水からガーゼが出ない状態にして漬け置きしましょう。
水からガーゼが出てしまうと、逆に湿度が高い状態となってしまうため、カビが繁殖してしまいますよ。

②煮沸消毒

ガーゼを洗濯してしっかり汚れを落とした後、80度のお湯を入れた鍋で10分間グツグツガーゼを煮ましょう。
あとは、しっかり天日干しすると、カビが生えにくいですよ。

赤ちゃんのガーゼは何枚必要?

赤ちゃんのガーゼは、汚れる度に換えることを考えると、乳児の時は沢山必要となります。
特に汚れたガーゼを一日中使い続けると、放置している間に雑菌はどんどん繁殖してしまいます。

そう考えると、理想はガーゼを使う度に交換するのが望ましいのではないでしょうか。

ガーゼは1枚から購入もできますが、5枚セットや10枚セットといった具合に、セット売りされているものもあるので、そちらを利用すると安くそろえられますよ。
10枚~15枚はあると、毎日存分に使うことができます。

特に、乳児から保育園に預ける場合は、保育園からガーゼを数枚持ってくるよう言われる場合もありますし、洗濯までつけ置きしておいてまとめて洗うので翌日の分が足りないということも考えられます。

多めにガーゼを揃えておくと、煮沸消毒をしたり、煮洗いをしたりといった幅も広がるのでおすすめですよ。
子どもが大きくなって使わなくなったガーゼは、掃除で拭き掃除に使えるので、揃えておいて損はないですね。