舞茸の日持ちはどれくらい?賞味期限や保存方法を教えて!

この記事は約6分で読むことができます。

舞茸の日持ちはどれくらい?賞味期限や保存方法を教えて!

年中安定した値段で購入することが出来る舞茸ですが、いつから冷蔵庫に入れていたか分からない舞茸を食べても大丈夫なのだろうか、そもそもどのくらい日持ちがするんだろうかと気になる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

舞茸にはいつまでに食べきるようにといった、賞味期限が書かれていないので困ってしまいますよね。

そんな方は舞茸の保存方法をよく理解しておくと、安心して食べられますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは1つずつみてきましょう。

購入してからの日持ちは?

舞茸は購入してからそんなに日持ちはしません。
2日~1週間で食べきらないと傷んでしまいます。

舞茸をすぐに食べずにおいておくと、次第にボロボロっと房がとれやすくなったり、水分が出てベチャッとしてきますよ。

常温での保存方法・賞味期限は?

舞茸の常温保存は、すぐに舞茸が傷んでしまうので、夏場は絶対に避けましょう。
すぐにドロッと溶けてしまいますよ。

夏場でなくても、常温で舞茸を保存する場合には傷みやすいので、涼しい場所に置く必要があります。

買ってきた舞茸の袋をちょっと空けて、通気性をよくすると、水分が溜まるのを防ぐことができますよ。
常温に置く場合は2日以内に食べきることをおすすめします。

また梅雨から夏にかけて、室温が25度以上になる場合、常温保存は絶対にやめて冷蔵庫に保管しましょうね。

冷蔵庫での保存方法・賞味期限は?

冷蔵庫で舞茸を保存する場合は、つい買ってきたままの状態でポイっと冷蔵庫に入れたくなってしまいますよね。

でもそのまま入れてしまっては鮮度が落ちてしまうので、ひと手間かけて保存をしましょう。

舞茸を購入してきたら、舞茸が入っていた袋から舞茸を出してキッチンペーパーに包みます。
あとは、ジップ袋など密閉できる袋に入れておきましょう。
たったこれだけですが、ちょっと舞茸が長持ちしますよ。

どうしても舞茸は水分が出やすいので、水分のついた舞茸をそのままにしておくと、湿気で傷みも早くなってしまいます。

それならばキッチンペーパーで湿気を取ってあげた方が、持ちがいいのでお試しくださいね。
こうすることで、賞味期限も1週間くらい持ちますよ。

冷凍保存はできるの?

舞茸は冷凍保存をすることができます。実は、キノコ類は冷凍した方が栄養価がアップするんですよ。これは冷凍することで舞茸の細胞壁が壊れるためです。

だから舞茸を沢山購入しすぎた時には、冷凍保存をしておくのがおすすめですよ。
冷凍保存の方法は簡単です。

  1. 舞茸の石づきを取って、小房に分ける。
  2. 舞茸の表面の汚れをサッと落とす。
  3. 1回分ずつジップ袋に入れて、空気を抜く。
  4. 冷凍庫に入れて出来上がり。

舞茸を小房にしなくても、バラバラにして冷凍すると、調理の際に炒めたり汁物に入れたりしやすくなるので、調理したい内容によって舞茸の形状を変えてみてもいいですね。

冷凍保存をすればいつまででも食べられると思われがちですが、冷凍庫の中でも鮮度が落ちてきますし、味も悪くなり冷凍焼けしてくるので、2週間~1ヶ月以内に食べきってしまうのがおすすめですよ。

舞茸って腐るの?

舞茸だって腐ります。
舞茸を長く冷蔵庫や常温に放置していると、次第に舞茸の水分が出てきます。
その他にも、すっぱい臭いにおいがする、ヌメリがある、変色している、舞茸が溶けているといった症状がみられる場合は、腐っている可能性が大なので食べないようにしましょうね。

袋に入れたままで置いていると、見た感じは大丈夫そうに見えても、実際に触ったり臭いを嗅ぐとちょっと怪しいなと感じる場合があるので注意しましょう。

白いふわふわが!これってカビ?

いざ食べようとしたら、舞茸のかさの部分に白いふわふわがついていることがありますよね。
これってカビかな?と思うと食べるのを躊躇ってしまいますが、カビではありません。
「気中菌糸」と呼ばれるものなので、食べても全く問題はありませんよ。

ただし白いふわふわがあるだけでなく、水っぽかったりヌメリがあったり、すっぱい臭いがするようであれば、食べるのはやめておきましょうね。

舞茸は干すのもおすすめ!

舞茸の保存方法として、干しシイタケのように“干す”のもおすすめです。
舞茸を細かくほぐして、日当たり・風通しの良い場所でザルの上に広げて、3日~5日干しておくだけなのでとっても簡単です。

小房にしたものは乾燥しきるのに時間がかかるので、細かくほぐしたものの方が私はやりやすかったですよ。

干した舞茸は密閉容器に乾燥剤と一緒に入れておきましょう。3ヶ月~半年くらいで食べきると美味しく食べられますよ。

干すことによって、栄養価もアップしますし、調理の際に旨みのたっぷり詰まった出汁も
出るのでおすすめです。

ぜひ傷みやすい舞茸を長く美味しく食べてみてくださいね!