小松菜って、下茹でやあく抜きは必要?生で食べても大丈夫?

この記事は約6分で読むことができます。

小松菜って、下茹でやあく抜きは必要?生で食べても大丈夫?

この記事では、小松菜は下茹でやあく抜きが必要かどうかについて、お話します。

小松菜の扱いについてイマイチよく分からず調理しているという方は、よかったら参考にしてみてくださいね!

生で食べても大丈夫かについてもお話しますので、日々の調理にお役立てください。

あく抜きは必要?

小松菜とよく間違えられる「ほうれん草」があく抜きが必要なため、小松菜もあく抜きをしなければならないと思っている方は多いかと思います。
ですが、小松菜はあく抜きは必要ありません。

ほうれん草には、えぐみの原因である「シュウ酸」が豊富に含まれています。
ですから、茹でて水にさらして、しっかりあく抜きをしなければ美味しく食べることが出来ませんし、尿路結石が出来てしまう原因となってしまいます。
一方、小松菜にはシュウ酸はほうれん草ほど含まれているわけではないので、あく抜きをする必要はないんです。

ただ、人によっては小松菜もえぐみを感じるという方はいらっしゃるかもしれません。
旬を過ぎるとえぐみを感じるという人もいますし、その場合はあく抜きをして美味しく食べてくださいね。

下茹でしたほうがいいの?

小松菜を下茹でするという人も多いかと思いますが、しっかり火を通して小松菜を食べたいという方は、下茹でしてから調理に使うのも一案です。

ですが、小松菜は下茹でしなくてもそのまま炒めるとシャキシャキした食感が残って美味しく食べられますので、お浸しにするなど明らかに茹でた方が美味しいという場合以外は、下茹でする必要はないと私は思っています。

また、あく抜きのための下茹では、あくのもとである「シュウ酸」が多く含まれていない小松菜は、必要ないですよ。

下ごしらえは必要?

小松菜の下ごしらえと言えば、綺麗に洗うということくらいではないでしょうか。

小松菜の根元は、キュッとしまっているので茎と茎の間に土が入っていたりします。
ですから、茎と茎の間の土も綺麗に洗い流しておく必要がありますよ。

また、大きな株の小松菜に関しては、根元に十字の切れ込みを入れておくと、お浸しなどをするために茹でる時、火が通りやすくなるのでおすすめです。

ちょっとシナっとなっている小松菜に関しては、茹でたりカットしたりする前に、水につけておくとシャキッと感が戻りますので試してみてくださいね。
この水につけるというひと手間は、あく抜きの効果も期待できるので、試してみてください。

生のまま食べても大丈夫?

生のまま食べても大丈夫

小松菜はえぐみの元となるシュウ酸が少なくクセがないので、生のまま食べても問題はありません。
スムージーの中に入れる際にも、生の小松菜はポピュラーな食材ですが、小松菜を入れたスムージーは栄養満点でクセもえぐみもなく美味しいです。

新鮮で内側の柔らかい葉はサラダにしてお好みのドレッシングで食べてもいいですし、茎もシャキシャキして歯ごたえが良くとても美味しいですよ。

生のまま食べるメリット

小松菜を生のままで食べるメリットは、加熱によって損なわれやすいビタミン類を余すところなく体内に取り入れることが出来ることです。

また、小松菜そのものの風味を楽しむことが出来るのも、生だからこそですね。

生のまま食べる際の注意

小松菜を生のまま食べる場合は、次の2点に注意が必要です。

• 農薬
• 土の中のバクテリア

生のままで食べる場合は、よく洗って農薬や土をしっかり洗い流してから食べるようにしましょうね。

また、シュウ酸も加熱しているものに比べると生の方が多少多く含まれていますので、もしかすると苦いとかえぐみを感じるという方もいらっしゃるかもしれません。

子どもにも生の小松菜を食べさせても大丈夫?

生の小松菜は、子どもが食べても大丈夫です。ほうれん草ほどのえぐみの元となるシュウ酸もないので、子どもも美味しく食べられますよ。

また加熱することによって破壊されたり、外に流出してしまったりする栄養素を、そのまま体内に取り込むことが出来るため、カルシウム豊富な小松菜というのは、子どもにとっても嬉しい野菜です。

ただ、子どもに食べさせる小松菜であれば、より無農薬であることを確認して、土をしっかり落として新鮮なものを食べさせてあげた方が安心ですね。

一番おすすめなのが、自分でプランターを使って小松菜を育て、子どもに食べさせてあげるという方法です。
食育にもなりますし、自分で育てた小松菜はより美味しく食べられますよ。

新鮮で美味しそうな小松菜を選ぼう

新鮮で美味しそうな小松菜を選ぶ際には、いくつかのポイントを抑えましょう。

• シャキッとしている
• 茎が太くしっかりしている
• 葉が厚い
• 色が濃く鮮やか

小松菜が多少シナっとなっていても、水にしばらくつけておけば水分を吸って元気になりますので、そんなに気にする必要はありません。

少しでも新鮮で美味しそうな小松菜を選んで、家族みんなで美味しく食べてみてくださいね!