ジャンボニンニクと普通のニンニクの違いは何?

この記事は約7分で読むことができます。

ジャンボニンニクと普通のニンニクの違いは何?

ニンニクはニンニクでも、ものすごく大きなジャンボニンニクをご存じでしょうか?

このジャンボニンニク、姿かたちは普通のニンニクですが、実際のところどんな違いがあるのかちょっと気になりますよね。

この記事では、ジャンボニンニクと普通のニンニクの違いについてお話します。
ジャンボニンニクと普通のニンニクの違いについて知っておくと、調理で使い分けることが出来るのでお勧めですよ!

それでは1つずつみていきましょう。

まったく別のものなの?

ジャンボニンニクは、普通のニンニクの大きくなったものだと思われがちですが、実は違います。

実家でもジャンボニンニクを育てていますが、初めて見た時はその立派なジャンボニンニクに家族みんなが感嘆の声をあげました。

ニンニク品種改良でこんなに大きくなったのかなと思っていましたが、ニンニクと同じネギ科ネギ属の食物ながら、ニンニクの仲間ではなく、西洋ネギの仲間なんだそうです。

だから、全くの別ものと言えば、別ものと言えるようですね。

味の違いはあるの?

ジャンボニンニクの大きな特徴は、ニンニク特有の臭いがほとんどない、という点です。

臭いが気になってなかなかニンニクを気軽に食べられないという方も多いかと思いますが、その臭いが気にならないのであれば、どんどん食べたいところですね!

味自体も、ジャンボニンニクは普通のニンニクに比べて臭いがないことから、甘みが際立ってとても美味しいですよ!

また、ジャンボニンニクは生でも食べられます。
表現するのであれば、玉ねぎに近いような気がします。

普通のニンニクはどうしても臭いの成分による“辛み”が際立ちますが、加熱することによって甘みに変化します。
それでも臭いは強烈なままですよね。

でもジャンボニンニクは始めからマイルドなにんにくの香りなので、扱いやすいです。
更には加熱しても臭いがなく甘みがあるので、ジャガイモ感覚で食べられちゃうくらい、普通のニンニクとは違いますよ。

栄養成分は違うの?

ジャンボニンニクの姿かたちは、普通のニンニクを大きくした見た目ですが、栄養成分に違いがあります。

普通のニンニクは、強烈な存在感を示す“アリシン”と呼ばれる臭い成分が豊富に含まれています。
このアリシンは、疲労回復やスタミナの成分として私たちの体に嬉しい効果をもたらしてくれるんです。

でも、ジャンボニンニクは臭いがほとんどないとお話しましたが、そのぶん“アリシン”が普通のニンニクに比べるととても少ないんです。

その代わり、“サポニン”と呼ばれる肝臓の機能をよくしてくれる成分が豊富に含まれているんですよ!
肥満予防や免疫力アップといった効果も期待できるので、積極的に摂取したいですね。

疲労回復を意識した時には、普通のニンニクの方が効果がありますので、ご注意ください。

ジャンボニンニクの食べ方は?

①ホイルで姿焼き

ジャンボニンニクの美味しい食べ方としてイチオシなのが、ホイル焼きです。

ジャンボニンニクをそのままの姿で使いましょう。

オリーブオイルをたらして、アルミホイルに包んでじっくりフライパンやオーブン、鉄板で中が柔らかくなるまで焼いたら出来上がりというとってもシンプルなレシピです。

中がホクホクしていてとても美味しいですよ。

②フライ

ジャンボニンニクをそのままオリーブオイルやサラダオイルで揚げても、ホクホクで美味しいですよ!

素揚げにしてもいいのですが、ちょっとひと手間かけて小麦粉と卵・パン粉の順番につけてフライにすると、ジャガイモみたいな感じでパクパク食べられます。

③トースターでチーズ焼き

耐熱皿にバターかマーガリンを薄く塗って、薄切りにしたジャンボニンニクを並べます。

後は塩コショウを上から振って、チーズをのせてトースターでチンをします。

ジャンボニンニクに火が取っていれば出来上がりです。

先に炒めたりレンジでチンをしておくと、とろけるチーズがとけるだけでも美味しいのですが、じっくりトースターで火を入れてるとホクホクして美味しいですよ!

④普通のニンニクと同じ使い方で

ジャンボニンニクは、普通のニンニクと同じように調理に使えます。

普通のニンニクほどの香りはないですが、マイルドな香りなので、こちらの方が使いやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。

我が家もジャンボニンニクがある時は、普段はちょっと控え目に使う普通のニンニクの代わりにたっぷり料理に入れて楽しみます。
とっても美味しいですよ。

⑤サラダとして

ジャンボニンニクだからこその調理方法かもしれませんが、薄くスライスしたジャンボニンニクをそのまま生で他の野菜と一緒に盛り付けて、ドレッシングで食べることもできます。

私はちょっと苦手なので、我が家の食卓には並びませんが、実家では父が大好きで自分でスライスして食べていますよ!
気になる方は試してみてくださいね。

ジャンボニンニクはどこでも手に入る?

ジャンボニンニクは、スーパーに置いてあるところと置いてないところがあります。

日本国内でもジャンボニンニクを作っている地域があるので、その地域のスーパーには陳列されているかもしれません。
また、地域の道の駅や野菜の直売店でも売られている場合がありますよ!

実際に店頭で購入することが出来ない場合でも、インターネットの通販で購入することが出来るので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ただ、通販の場合は少し値段が高くなってしまいます。
先に近くのスーパーや道の駅、野菜の直売店などを覗いてみてから、通販を選択するのがおすすめですよ!

せっかくの栄養たっぷりジャンボニンニクなので、見かけたらぜひ購入して食べてみてくださいね!