百均のチョコペンがうまく出ない!使えない!そんなときの対処法とは?

この記事は約6分で読むことができます。

百均のチョコペンがうまく出ない!使えない!そんなときの対処法とは?





最近の百均は品数も多く、これも百円なの!?と驚くような便利グッズもたくさん販売されていますよね。
その中で驚いたのは百均の「チョコペン」!
かなり色の種類があって手軽に綺麗なデコレーションが書けそうだなと感心してしまいました。

そんな百均で買えるチョコペンですが、出が悪かったり綺麗に文字が書けなかったり…百均のチョコペンの事で悩んでいませんか?百均のチョコペンも使い次第で便利なアイテムに!
うまく使えないときの対処法をご紹介します!



上手く出ないのは何故?

100円で買える手軽さや様々な種類のチョコペンは便利で、百均にたくさんのチョコペンがあるのはお菓子作りをする側からすると需要が高いですよね。
ですが、そんなチョコペンがうまく出ない!百均だから?と悩んでいる皆さん。
実はうまく出ない事には理由があります。

それは…

チョコペンはすぐ固まるように作られているから。

なんです。

百均だから作りが悪いわけではありません。
百均のチョコペンではなくてもすぐ固まってしまいます。
文字を書いてすぐ固まらずに周りについたりしてしまうのも不便ですよね。
文字をかいたりデコレーションしたりする時にすぐ固くなるように作られているのです。

私も最初百均で購入したチョコペンに不信感を抱いたこともありました。
ですが、百均以外で購入したチョコペンでもすぐ固まって出にくくなっていました。

どうすればいいの?

じゃあどうやって固まらないようにすればいいの?という話ですよね。
チョコペンを固まらないようにするにはやはり「溶かす」こと。

・出が悪い!と感じてきたら温めなおす。

固まらないようにするには、出にくくなってきたな。と感じたらお湯へ入れてください。
マグカップに沸かしたお湯をいれておくと良いです。
他にも、出が悪くなったと感じた際にマグカップにお水を入れてレンジで温めなおすのも簡単でオススメですよ。

・部屋はできるだけ温かくしておく

部屋が寒いとより一層チョコが固まりやすくなってしまいます。
なのでチョコペンを使用するときは部屋の温度は高めがオススメです。

紹介した方法でもチョコが出にくい場合は、先端に固まったチョコが詰まっている可能性もあるので確認してみてください。

当たり前の事なんですが、意外に溶かしながらデコレーションしたり文字を書くのは難しい!チョコペンはシンプルなように見えて難しいですね…

上手く使えない!コツはある?

紹介した方法で私もチョコペンを使用するのですが、まあ綺麗に書くのが難しい!!
慣れないと綺麗に書くのは難しいだろうと感じました。
何回か使用してきた私がデコレーションや文字入れの最中に気づいたポイントやコツをご紹介します。

・スピードが大事!

線がぶれないように!綺麗に書こう!と丁寧にゆっくり書きすぎると逆に線がぶれてしまいます。一定のスピードでゆったりしすぎずに線を書きましょう。

・チョコペンの切り口に注目!

適当に手でプチっとちぎったりしていませんか?ここがポイントになるんです。
上に向けて太くなっているので切り口が上だと線が太くなり、先の方を切りすぎると細くなり、線の太さを統一することができなくなってしまいます。チョコペンの切り口には注意してみてください。

キャラクターや何かをモチーフとしてチョコペンで書くときは、下絵を用意して
クッキングシートに下絵を写してその上にチョコペンでなぞるとうまく書けます。
なぞったチョコペンは固まるまで冷蔵庫で保管。固まったらケーキの上などにスライドさせると綺麗なデコレーションができますよ。

細い線を描くには?

デコレーションをするときにチョコペンで細い線を書くにはどうすればいいのか?
チョコペンでは上級者向けのチャレンジになってきます。

私も未だに市販のチョコペンでうまくいった試しがありません…
ですが、細い線を出すことには成功しているのでご紹介しますね。

切り口とチョコの押し出し加減で調整する!

細い線を書くには本当にここだけ気を付けてください。
切り口は勿論先端よりを切ります。あとはチョコの押し出し加減のみ…

軽くチョコペンを抑えてチョコを垂らして書いていくような感じで。
ケチャップでオムライスに顔を書いたり文字を書いたりする時の感覚!

これだけは本当に慣れですね。
初めての方には難しいポイントになってしまいます。

ですがお菓子作りは何でも積み重ねですから、チョコペンも使っていくうちにすぐ上達してくれるはず…!

チョコペンを使ってワンランク上のお菓子に

今回は百均のチョコペンについて、出が悪い時の対処法などをご紹介してみました。参考になりましたか?
まだまだ私も日々お菓子作りについて勉強していきます!
デコレーションの無いお菓子もシンプルで可愛いですが、デコレーションをしてグッと可愛くなったお菓子を作って自分で食べたりプレゼントしたりしましょう!
今回ご紹介した方法を利用して、チョコペンでお菓子にデコレーションをプラスしてワンランク上のお菓子をプレゼントしてみましょう!