グリルが無いけど焼き魚が食べたい!ベストな方法は?

この記事は約6分で読むことができます。

グリルが無いけど焼き魚が食べたい!ベストな方法は?

健康のためにも食卓に多く取り入れたい魚。シンプルな焼き魚は美味しいし子どもにも積極的に食べさせたいものです。

しかし近年はグリルのついていないキッチンもあり、焼き魚を食べたいけどどうすればいいの?という人もいます。

焼き魚はグリル以外にも調理できる方法があります。

自分の家にあった方法を探してみましょう。



コンロに焼き網:焼き方とメリット・デメリット

コンロに焼き網
焼き魚の調理方法としてまず、コンロに焼き網で焼く方法をご紹介します。

焼き網と言っても、直火に網だけで焼くのは素人には難しいでしょう。

今はコンロ用に下に受け皿のついた焼き網が販売されています。

これだと魚の脂が落ちてコンロが汚れることもありません。

また、網も熱伝導が良い素材を使ったものなど、美味しく焼くためにこだわったものが色々出ていますので自分の好みのものを選んでみてください。

器用な人でしたら、自作もできますよ。

魚はもともと塩をしてある切り身、干物などは下準備がいらずそのまま焼けます。

生さんまなどは、火のとおりを良くするために数ヶ所切り込みを入れ、軽く塩をしておいてから焼きましょう。

魚はよく「強火の遠火で焼くのが美味しい」と言われます。

強火のそばで焼いてしまうと、中は生焼けで外は焦げてしまいますよね。

しかし弱火にしてしまうと、魚の生臭さが出てしまいます。

そこで強火を保ったまま、少し遠めから焦がさないよう焼くのがいいのですが、受け皿つきの焼き網はこれを実現してくれるのです。

強火で焼きはじめ、ある程度焼けるまで触るのは我慢します。

ちょこちょこ触ると身がくずれてボロボロになることがあるので、触るのは最低限にしましょう。

6割くらい焼けたら、魚を返して裏面を焼いていき完成です。

焼き網で焼くメリットは、ずばり断然美味しいということ。

表面はカリッと香ばしく、中はふっくら。

一度これで焼くと、他には戻れないという声もあるくらいです。

慣れると簡単ですし、洗うのも比較的ラクです。

デメリットは、コンロによっては強火での加熱が続くとセンサーが作動して火が消えてしまい、うまく焼けないことがあります。

また、煙が多く出るような魚だと火災報知機が作動することもあるようですね。



オーブントースター:焼き方とメリット・デメリット

オーブントースターのメリットとデメリット
次にオーブントースターを使った焼き方です。

魚の下処理は、先にお話ししたものと同じで大丈夫です。

オーブントースターを使うときは、必ず付属のトレイを使い、熱源に脂が落ちないよう気をつけてください。

トレイがない場合やトレイを汚したくない場合は、アルミホイルを使うといいですよ。

こちらは時間をセットしておけば勝手に焼けるので、朝食やお弁当準備の際、小ぶりの切り身などを焼くのに便利です。トースターの大きさによっては大きな干物も焼けますよ。

オーブントースターのメリットは、セットしておけば目を離していても焼けることですかね。

デメリットは、熱源に脂が落ちると発火することがありとても危険なこと。

もともと魚を焼かないようにと説明書に注意書きのあるトースターもあります。

それから、トースター全体が魚臭くなってしまうこと。

これでパンを焼くと、パンはにおいを吸い込みやすいので魚臭くなってしまいます。

フライパン:焼き方とメリット・デメリット

フライパンのメリットとデメリット
最後にフライパンでの焼き方を紹介します。

我が家でもよくやるのがこの方法ですね。

特別な器具を用意しなくても簡単に美味しく焼けるので便利です。

まずフライパンにクッキングシートを敷きます。

シートを敷くことで魚がくっつくのを防ぐことができます。

魚専用のシートも販売されていますが、普通のクッキングシートで問題ありません。

このとき、シートがフライパンから外に出てしまうと火がつくおそれがあるので、はみださないよう注意してください。

そして、魚を皮目から焼きはじめます。

火加減は中火~ちょっと焦げそうなときは弱めの中火にします。

これも焼き網同様にあまり触らずじっくり焼いていきましょう。

脂が多く出る場合はときどきキッチンペーパーなどで拭き取ります。

6割焼けたらフライ返しを使ってひっくり返し、反対側を焼いていきます。

蓋をすると中がふっくら仕上がりますが、パリッと感がなくなるので最後に蓋を取り水分を飛ばしてあげましょう。

フライパンで焼くメリットは、まず片付けが簡単。焼き方も簡単。

火加減に気をつければ誰でも美味しく焼くことができます。

デメリットは、これといって思いつかないのです。

いいことばかりですね。

結局どれがベスト?

グリル以外での焼き方を3つ、ご紹介しました。

どれがベストなのかは、それぞれ違ってくると思います。

例えば、私なら家にあるフライパンを使って焼けば洗い物もラクだし、道具を買わなくても美味しい焼き魚を食べることができるので、フライパンがベストです。

本格的な焼き魚を求めるのであれば、焼き網が断然美味しいでしょうし、朝の準備があれこれ忙しい人だとトースターが便利です。

結局は自分の生活スタイルによりますので、生活を振り返り、どれがベストかを考えてみてくださいね。