腹帯が苦しい!このまま使い続けて大丈夫?

この記事は約6分で読むことができます。

腹帯が苦しい!このまま使い続けて大丈夫?

妊娠すると腹帯を巻くものだと昔から言われていますが、なんとなく使っているけれど腹帯が苦しい!と感じる方、多いのではないでしょうか。

腹帯はサラシをグルグル巻くわけなので、巻き方や人によっては「苦しいな」と感じる人はたくさんいます。
このまま苦しいままでも使い続けた方がいいのか、でも周りのおばあちゃんや母親世代の人からは「腹帯つけないと!」としつこく言われてしまうと、無理してでも使わなければならないのかなという気持ちになってしまいます。

本当のところは、腹帯って苦しくても付けなければいけないのでしょうか。
ちょっと気になっちゃいますよね!
苦しい時にはどうしたらいいのか、確認してみましょう!



腹帯は苦しいものなの?

腹帯は妊娠5ヶ月頃からお腹に巻いて、大きくなるお腹を支えて守るために巻きます。
ただ、お腹に巻くわけなので圧迫感を感じるという人も多いのではないでしょうか。

本来腹帯はお腹をガードしてお腹が張らないようにとか、お腹を温める効果を期待しますが、お腹を締めて苦しいと感じるものではありません。

私も3人子供がいますが、3人とも腹帯を巻いて生活しましたが、私には合っていたみたいで、お腹が苦しくて不快だと感じることはそんなにありませんでした
付け方や人によって、苦しいと感じることがあるようですね。

付け方が悪いの?

妊娠する前は普段の生活の中で腹帯をお腹に巻くなんて習慣が無いわけですから、腹帯をお腹に巻いて圧迫感があるなと感じるのは仕方のないことです。

腹帯を巻くことで苦しいと感じる場合、まず付け方があっていないことが考えられま
す。

腹帯って自分で巻き具合を調整できるのがいいところですが、お店の人やネットの説明を見たりすると、「しっかり巻く」というアドバイスがよくあります。

ただ、しっかり巻きすぎてしまうと、苦しく感じてしまうのも当然です。
お腹を温める程度にしっかり巻きすぎないように付けるのが前提になりますよ!

巻き方をゆるくしても、苦しいと感じるのであればそもそも腹帯をグルグルお腹に巻くこと自体が不快とおもわれているのかもしれませんね。

このまま使い続けるべき?

苦しいなと感じながら腹帯を使い続けるのはよくありません。
実は腹帯自体が日本特有の風習です。
だから外国の方は腹帯を巻いたりしていません。

日本でも、腹帯を全く付けていなくても、問題なく妊娠期間を過ぎして元気な赤ちゃんを産む人もいれば、腹帯を巻いていたけれど早産になってしまったという人もいますよね。
なので、無理に着け続ける必要は全くないんです。

私自身は、腹帯を巻くことでお腹に意識をおくことができましたし、お腹が冷えるのを防ぐことができました

そして、お腹に巻くことで外からの刺激からお腹を守ることもできましたし、姿勢が悪くなるのを防げて腰痛予防に一役買ってくれたと思っています。

でも、二人目妊娠中は腹帯をつけていても切迫早産で入院となりましたし、入院中横になる生活だったので腹巻タイプに代えました。

無理して使い続けるよりも、腹帯の他にもベルトタイプのものやガードルタイプのものもあるので、自分に合ったものを選択して使った方が、ストレスなく使うことが出来ておすすめですよ!

違和感を感じながら腹帯を使い続けると、それがストレスになり余計にお腹が張ってしまうのでよくありません。

苦しくない付け方ってあるの?

腹帯を巻く際には、まず下腹部を巻くようにします。おへそより下の部分を巻きましょう。
お腹の上の方を巻いてしまうと、どうしても窮屈に感じたり圧迫感を感じやすくなってしまいます。

感覚としては、お腹を支えるようにしてお腹を持ち上げるイメージで巻きます。

後は同じところをずっと巻き続けてしまうと、厚みが出てしまうので動きにくくなりますし、余計に苦しくなってしまいます。
少しずつずらして上に巻いていくようにしましょう。
ずらしながら巻いていく際にも、巻きすぎていないか調節しながら巻くといいですね。

夏は特に苦しく感じる

私も夏場に3人の子どもの臨月を迎え、出産にいたりましたが、とにかく暑い時期なのに更に腹帯を巻かなければならない状況は結構辛かったです。

ただでさえ臨月で大きくなったお腹のおかげで息苦しいのに、腹帯を巻くと更に苦しく感じる気がして仕方がなかったですね。

だから、夏場は出かける時だけ巻くようにしていました。
帰宅するとすぐに外して、汗をかいたお腹を綺麗に拭くのが日課になっていましたよ!
どうしても蒸れやすくなりますし、湿疹が出てしまうことも考えられます。だからお腹を綺麗に拭いてボディクリームを塗るようにしていました。
腹帯は面倒だし暑いと感じるのであれば、もちろん腹巻タイプのものでもいいのではないでしょうか。
自分に合ったスタイルでお腹を守ってあげられるといいですね!