一人暮らしで布団、シーツ、毛布が洗濯できない!どうしたらいい?

この記事は約6分で読むことができます。

一人暮らしで布団、シーツ、毛布が洗濯できない!どうしたらいい?

一人暮らしの場合、布団やシーツ、毛布を洗濯するにも、洗濯機が小さくて洗えなかったり、干す場所がなくて出来ないという経験のある方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

私も一人暮らしをしていた時は、シーツを洗うので精一杯でした。

布団や毛布は洗濯機に入れることが出来なかったですし、干すところも限られていたので自分で洗うという考え自体がありませんでした。
だから、こまめに干すようにしていましたね。

でも、布団丸洗いサービスのCMで、一度も洗濯したことのない布団を洗濯した時のコーヒー牛乳色の汁にドン引きしてしまい、もしかするとこの布団もそうなのかもしれないと思い、布団を洗ってみることにしました。

フカフカになった布団の気持ちよさにすごく感激しちゃいましたよ!



クリーニングに出すしかない?

布団を自宅で洗うことが出来ないとなると、クリーニングしかないかなと思ってしまいますが、コインランドリーに布団丸洗い用の大型洗濯機が設置されているところもあります。

私は1人暮らしだった時から今も、コインランドリーで毛布や薄い肌布団を良く洗います。
布団をジャブジャブ洗ってそのまま乾燥も出来るので凄く楽ちんですよ。

一人暮らしをしていた当時、私が使っていた布団は、敷布団がとても重く洗濯不可マークがついていたので、コインランドリーでも洗濯しませんでした。
掛け布団は羽毛だったので、プロに任せたいと思い、敷布団と掛け布団は布団専門のクリーニング業者に依頼していました。

でも私が利用しているコインランドリーで、おばさまが敷布団をもって来て洗っている方がいるのですが、紐で布団を縛って大きな洗濯機に入れて洗っていました。
なんで縛るのか聞いたら、敷布団の中の綿が片寄るのを防ぐんだそうです。
なるほどと思いましたし、私も一度トライしてみたいです!

クリーニングに持っていくのがめんどう!どうすれば?

クリーニングで布団を洗ってもらえるのは分かりますが、それでも持っていくのが面倒ですし、手間もかかります。
布団は大きいのでちょっと気合が必要ですよね!

さらに車を運転しない人だと、余計に持ち込みが大変です。

そんな時には、宅配サービス付きの布団クリーニング業者を利用するのがおすすめです。
自宅まで取りにきてくれて、洗い終わったら届けてもらえるのですごく便利です。

プロに任せすれば、専門的に布団の中の汚れを落としてもらえるうえに、防ダニ加工をお願いすることもできます。
せっかくダニを除去できた所に再びダニが付きにくくするというのは嬉しいオプションですね。



料金はどれくらい掛かるの?

布団のクリーニングサービスは、化学繊維線維・綿・羽・絹などの素材によって、またサイズによって料金は違ってきます。
大体シングルサイズで敷布団・毛布・掛け布団の3点セットで1万円位からできるところが多くあります。

宅配サービス付きの場合は、店舗によっては素材やサイズにこだわらず1枚9000円くらいで、3枚13000円とか、4枚14000円といった利用する枚数が多ければ多いほどお得な値段で利用できるというところもあります。

色んな会社が布団のクリーニングサービスを行っているので、一度比べてみるといいですよ!

どのくらいの頻度ですればいいの?

布団の洗濯は、素材にもよりますが布団や毛布は半年に1度、それか1年に1度は洗濯するのがおすすめです。
というのも、1日の3分の1を過ごす布団は、私たちが思っている以上に眠っている間に汗をたっぷり吸収しています。
だから、汗の塩分や皮脂、肌の角質などもたっぷり布団の中に含まれているのです。

皮脂や角質はダニの大好物なので、そのまま放っておいてしまったら、どんどん繁殖してしまいます。
特に夏が終わった時点で、汗の量は一番布団に吸収されてしまっていると思われるため、この時期に洗濯するのがおすすめです。

また、日々のお手入れをこまめにすることもお勧めです。
布団を洗濯することができなくても、こまめに干すようにしましょうね!その際にはたきで叩くと、ダニや埃がどんどん布団の奥に入ってしまうので、あまり叩きすぎない方がいいですよ。

羽毛布団などはあまり洗濯をし過ぎると中の羽毛が傷んだり、ふくらみがなくなってしまったり、羽毛がシーツから出てしまったりするため、2年に1度洗濯する程度にしておき、あとはよく陰干しするようにしましょうね!

シーツはできるだけこまめに洗濯しましょう。
干すところが無ければ、洗濯だけ自宅でしてコインランドリーで乾燥させると経済的でお勧めですよ!

業者でも洗濯出来ない布団がある

いくらプロだからといっても、素材自体が水洗いに適していないものであれば、布団の選択をお断りされてしまうため注意しましょう。

とりあえず迷うようであれば、一度業者の方へ電話して洗えるかどうか確認をとってから、利用するのがおすすめですよ!

布団のクリーニングを利用すると、10日以上は出来上がりに時間がかかります。
だから、予備の布団を用意する必要があるということを覚えておきましょう。

年に一度は布団を綺麗にして、家族みんなが気持ちよく眠れると良いですよね!