避難グッズや非常食の保管場所について。何日分、どこに保管すればいいの?

この記事は約10分で読むことができます。

避難グッズや非常食の保管場所について。何日分、どこに保管すればいいの?

大きな災害から何年経っても、その日には、身が引き締まる思いがしませんか?

そんなときこそ、自身の避難対策や、避難グッズを見直しましょう。

普段は使わない、避難グッズ。保管場所やその内容などについて、紹介します。



避難グッズはリュックに?スーツケースに?

避難グッズは何に入れておけばよいでしょうか?
それは、目的によって違います。

いざというときに持って逃げるには、リュックサックが良いでしょう。
リュックは両手が空き、身体にかかる重さのバランスもよく、足場が悪い場合でも、走らなければいけない時も比較的安全です。どこかに掴まったり、子どもを抱いたり、お年寄りの手を引いたりもできます。
急いで避難する必要があるときには、リュックを背負う方が安心です。

一方、スーツケースも意外と侮れません。
スーツケースの利点は、その丈夫さと容量です。何かの下敷きになった場合でも、中の避難グッズは守ってくれる可能性があります。
自宅や避難所で避難生活をすることになれば、スーツケースもアリです。
環境や、状況、目的によって使い分けましょう。

避難グッズは普段どこに置いておくべき?

避難グッズは、取り出しやすくなければいけません。
急いで持って避難する物については、外に出る動線上にあるとよいでしょう。

たとえば、玄関。

いったん避難し、安全が確認できてから取りに戻る際も、玄関ならすぐに持ち出せます。

家の中で一番いる時間が長い場所に置くのもおすすめ。
リビング、キッチンに置く人も多いようです。

また、忘れてはいけないのが、寝室。
実感はないですが、実は、いる時間が長い場所の一つ。

できれば、2~3箇所に置いておくと安心です。
丈夫な棚や倉庫など、仮に建物が倒壊しても、グッズが守られている場所に置きたいですね。そして、浸水からも守ることができるようにしておきましょう。

緊急に持ち出すのではない、避難生活に必要なグッズは、緊急の持ち出し用とは別に、倒壊や浸水から守られた場所に置きます。
ガレージや庭の倉庫などがあれば、家の中に入らなくても取り出せます。

いくらかは、車の中に置いておくのも一つの手段です。
車での避難生活になるかもしれません。車の中は、夏場の温度に影響を受けないものを置くようにしましょう。

何を備えるべき?

使う状況によって、備えておくものは違います。
いつも持ち歩くもの、緊急時に持ち出すもの、避難生活に必要なもの、の3つに分けて考えることが必要です。

いつも持ち歩くもの

大判のハンカチ
安全ピン
非常食(チョコレート、シリアルバーなど)
ポリ袋(小、中サイズを2~3)
充電器(電池タイプ、蓄電池タイプ)
ホイッスル
地図(歩いて帰る時に)
水(500ml)
常備薬、持病薬
救急セット
マスク
ティッシュペーパー(水に溶けるもの)
ウェットティッシュ携帯用
使い捨てカイロ
乾電池
携帯トイレ(1パック3枚)
携帯ラジオ
小型のライトなど
身分証明書
筆記用具
現金(小銭含む)
生理用品
雨具

緊急時に持ち出すもの(10~15kg以内)

現金(お札、小銭)
通帳・印鑑・カード
身分証明書のコピー
個人情報のメモ
家族の写真や名前、血液型のメモ
親戚や友人の連絡先
除菌シート、ウェットティッシュ(ボトルタイプ)
ボックスティッシュ
トイレットペーパー
救急セット(消毒、常備薬、持病薬、絆創膏、湿布、毛抜きなど)
簡易トイレ(60~70枚 多めに)
マスク
ロープ(10m)
ヘッドライト
携帯ラジオ
懐中電灯
乾電池
皮手袋・軍手
スリッパ
タオル
安全ピン
水(500mlペットボトルで3本×人数分)
非常食(すぐ食べられる物)
動きやすく寝やすい着替え(下着・靴下なども)
食品用ラップ
アルミホイル
筆記用具(油性ペン、ボールペンなど)
布ガムテープ
歯ブラシセット
アルミブランケット・サバイバルブランケット
ホイッスル
メガネ(予備も)
ジッパー付き保存袋
加熱材
紙製食器・割り箸など
使い捨てカイロ
マッチ、ライター
レインコート
エコバッグ
はさみ、カッターナイフや缶切りなど
アイマスク、耳栓
生理用品
黒いゴミ袋(大)
化粧品、洗顔用具、鏡
ヘアゴム
圧縮袋
レジャーシート
ヘルメット
ヘッドライト
歩きやすい運動靴(枕元に)

避難生活に必要なもの(備蓄)

食料・飲料水 人数分×7日分
調味料
カセットコンロとボンベ(15本~20本)

懐中電灯
携帯ラジオ(スピーカータイプ)
LEDランタン
乾電池・バッテリー
現金
救急セット(消毒、常備薬、持病薬、絆創膏、湿布、毛抜きなど)
マスク
簡易トイレ(60~70枚 多めに)
タオル
ポリ袋(各サイズ)
食品用ラップ
アルミホイル
レジャーシート
毛布
ライター、マッチ
布ガムテープ
水のいらないシャンプー
歯磨きセット・洗口液
石けん
工具
地図
新聞紙・段ボール
ろうそく
給水袋・タンク
キッチンペーパー
トイレットペーパー
ウェットティッシュ
ボックスティッシュ
ホワイトボード
さらしの布(汎用性)
蚊取り線香

これが全てではありません。
女性、赤ちゃん、お年寄り、ペットなど各家庭で家族構成や環境が違います。
これらのリストを参考にし、自分や家族にとって絶対必要なものを考え、アレンジしてください。

非常食は、何日分保管すればいいの?

非常食の保管は、7日分必要です。
2013年内閣府による「南海トラフ巨大地震対策について(最終報告)」の中では、家庭備蓄として、食料や飲料水の他、電池充電器や乾電池、簡易トイレなどの1週間分の確保が必要とされています。
飲料水は1人につき1日3リットル必要と言われ、2リットルのペットボトルで1本半、7日分なら10本半。余裕を持って、6本入りの段ボールを2箱は常備したいものです。
しかし、これは1人分。4人家族なら、4倍。飲料水だけで、なかなかの保管場所が必要ですね。続いて、非常食の保管場所について見ていきましょう。

保管はリュックに?倉庫や戸棚に?

前項で述べたように、飲料水7日間分の確保だけでも、大変な量です。
それに加えて、非常食も同じように人数分×7日分が必要。大量の備蓄を1カ所にまとめておく場所もそうそうあるものではありません。
また、すべてを1カ所にまとめておくと、家屋の倒壊や浸水で全部だめになるリスクもあります。
3日分を、緊急で持ち出すリュックに入れ、残りを家で保管するのも一つの方法。家でも物置や倉庫、戸棚など、何カ所かに分けて置きましょう。
そして、「非常食」ということではなく、食料が常に多めにあるという考え方で、日持ちする食品を日常的に使いながら備蓄する「ローリングストック」という保管方法がおすすめです。使ったら補充し、常に一定量を維持します。そうすることで、いざと言う時も、普段から食べ慣れたものを食べることできます。また、食品の賞味期限を切らす心配もありません。
最近では、水やお湯を入れるだけで食べられるアルファ米や、そのまま食べられるレトルト食品、缶詰、お菓子、カップラーメンなど、日持ちがして美味しい食品がたくさん販売されています。試すつもりで、いろいろ購入してみましょう。
栄養バランスも考えてそろえるといいですね。

入れ替えのタイミングは?

避難グッズは、保管しているだけで劣化するものもあります。
水や食品、薬、化粧品、懐中電灯、ラジオなど、いざというときに使えないということがないよう、定期的な見直しが必要です。
内容をチェックし、必要に応じて入れ替えを行いましょう。
とはいえ、日常的に使うものではないだけに、見直しも忘れがち。「避難グッズ見直しの日」を決め、いつでも使える状態にしておけば安心です。
具体的には、大きな災害があった日や防災の日(9月1日)などが最適。テレビなどで防災の特集が組まれ、気持ちが引き締まります。半年に一度のペースがおすすめ。

荷物の重さは、安心の重さ

災害が起こった日や防災の日が近づくと、テレビやインターネットで防災が話題に上ります。
防災に備えなくてはいけないと思いつつ、先延ばしになっていることも多いのではないでしょうか。
しかし、災害を事前に予測することはできません。今、この瞬間に用意しても、無駄ではないのです。
私は「何かあったときのために」と荷物が増えるタイプ。常に持ち歩く避難グッズの必要性を知った時、間違ってはいなかったのだと思いました。でも、持ち歩いていたものは、だいぶ間違っていたので、これを機に持ち物を整理して、持ち歩き用避難グッズをまとめることにします。 多少荷物が増えても、安心を持ち歩いていると考えれば、苦ではありませんし、もともと重かった荷物の内容が改善されたと思えば、気持ちは軽くなるというもの。
とりあえず、今日、避難グッズのチェックをしてみませんか。