カレーライスって太るの?ダイエットには向かないの?

この記事は約9分で読むことができます。

カレーライスって太るの?ダイエットには向かないの?

家族みんなが大好きなカレーライスですが、カレーライスは太るって聞きませんか?

有名なぽっちゃりタレントさんが「カレーはデブの飲み物だ!」なんて迷言まで飛び出したこともありますよね。

でも、朝カレーダイエットなんていうのも流行ったりしませんでしたか?

結局のところ、太るのか痩せるのかどっちなんでしょうか・・・気になっちゃいますね!




カレーを食べると太る?

カレーは材料やトッピング、ご飯の量によって、食べると太りやすい食べ物です。

いつもと同じようにご飯を炊いて、いつもは余るのにカレーにすると全然足らないという経験ありませんか?
これは平皿にカレーを盛ると、ついいつもお茶碗に盛るご飯の1.5倍~2倍はご飯を盛りますし、お替りまでしちゃうためです。ご飯はいつもよりも食べちゃうこと間違いなしです。

次にカレーはスパイシーで食欲をそそるので、ついお替りしちゃいますよね。
カレーが美味しいから、たっぷりカレーをご飯にかけると、カレーがかかっていることによってご飯があんまり噛まなくても飲み込めちゃいます。

要は食べ過ぎちゃうんですよね。

また外食でカレーを食べる時、お店によっては脂身たっぷりのバラ肉でダシを取ったりするところもありますが、美味しい柔らかいお肉を使ったカレーって800キロカロリーを超えます。

そしてカレーにとんかつや唐揚げまでトッピングしちゃう方、多くないですか?
カレーがついたとんかつとか最高ですが、1000キロカロリーなんて簡単に超えちゃいます。

カレーは肉にしろトッピングにしろ、油を摂り過ぎることも多いので、太る要素が満載なんです。

太る原因はなに?

カレーを食べすぎると太るという原因は、糖質と脂質をたっぷり摂ることによって、体脂肪に変わりやすいためです。
これは、カレーのルウ自体が糖質と脂質で出来ているためなんですよ!

カレーのルウの箱を見ていただくとわかるんですが、こういった食品パッケージの箱に書かれている原材料名の欄は、入っているものの分量が多いものから順に書かれているんです。(これを高校の家庭科で習った時、「へー!!」とものすごい感銘を受けました。)

カレーのルウの原材料名は、『食用油』がまずきて、その次は『小麦粉』なんです。
『食用油』はメーカーによって、油を2種類以上混合して作っているものがほとんどなんですが、『小麦粉』は炭水化物であり糖質そのものです。

カレーだけでも体脂肪に変わりやすい糖質と脂質で出来ているのに、そこに山盛りご飯に脂肪たっぷりのお肉、トッピングの揚げ物なんて合わせたら、そりゃ太っちゃいますよね!

ご飯も炭水化物であり、糖質です。食べ過ぎると脂肪に変わっちゃいます!

私は独身時代によく、カレーは食べたいけど太りたくないからと、ご飯抜きでカレーだけをお皿にたっぷり入れてスープのように飲んでいましたが、今考えると本当に恐ろしいです・・・。

それだけが原因ではないですが、実際に今よりも4キロ太っていました。

でも食べたいならどうする?

太りやすいとわかっていても、カレーって国民食と言えるくらい身近ですし美味しいのでどうしても食べたくなっちゃいますよね!

その場合は、生の千切りキャベツをたっぷり先に食べてからカレーを食べるのがお勧めです。
先にキャベツをお腹に入れることで、カレーライスに含まれる糖分を吸収するスピードが遅くなりますし、キャベツでお腹が膨れて食べ過ぎません。
生のキャベツが好きでない方は、サラダでも良いです。

あとは、ラッキョウを付け合わせに食べましょう。
カレーとラッキョウの相性は最高ですが、これが実は理にかなっていて、食べ過ぎを防いだり脂肪の吸収を抑えてくれたりするんです。
食べ過ぎは良くないですが、3~5粒くらい食べると良いですよ!

私も絶対に祖母が漬けてくれたラッキョウを実家から送ってもらって、カレーの時には一緒に出しています。

あとは、どうしても多く盛ってしまうご飯を、玄米や雑穀米に代えたり、友人の中にはご飯をおからに代えて食べるなんて子もいました。
ご飯にカットした白滝を混ぜて炊くこんにゃくご飯なんていうのも、一時ダイエットで流行ったりしましたよね?
こんにゃくご飯でも十分カロリーはカット出来ます!

そして、カレー自体を太らないように自分で作ると、後ろめたさを感じずにカレーをがっつり食べられてお勧めです。

太らないカレーはこう作ろう!

太らないカレーは、材料から糖質や脂質を出来るだけ減らすことで実現できます。

まず、お肉は油たっぷりでカレーのうまみ成分になる牛や豚のバラ肉から、鶏の胸肉やササミ・シーフードに代えましょう。

そして、カレーのルウですが、ルウを使わずに『カレー粉』を使うことをおすすめします。
カレーのルウに油がたっぷりなのに対して、カレー粉はメーカーによっては油不使用なんです。
カレー粉はよくスーパーの食品売り場の調味料の場所に、缶に入って売られているのですが、分からなかったら店員さんに聞いてみてくださいね!

このカレー粉を使うことによって、圧倒的にカロリーをカット出来ちゃいます。
この場合、ルウの小麦粉の代わりになるのが、具材のジャガイモとホールトマト缶です。

あとはお肉と野菜をいためて煮込んで、ホールトマト缶と一緒に炊いたカレー粉を入れて混ぜます。
醤油・みりん・ウスターソース・ケチャップなど調味料をちょいちょい足していくとちょっと深みのあるカレーになっちゃいますよ!

もっとトロミが欲しいという場合には、小麦粉を溶いたり煮詰めたりという方法もありますが、食べた感じの後味がさっぱりしていていくらでも食べられちゃいます!

でもこのカレー粉の場合、子供にはちょっと辛いらしくて我が家では、子どもはカレーのルウを普段の3分の1にして、風味付け程度のカレー粉、ケチャップやウスターソース・コンソメなどで味付けしたカレーを食べさせています。
全部ルウで作るカレーよりも子供たちの食いつきがいいですよ!

突然カレーのルウをカレー粉に換えるなんて出来ないという場合には、半分カレーのルウで半分カレー粉と言うのも一つの方法です。
少しサラッとしていますが、さっぱり食べられる美味しいカレーが出来ます。

テレビでは小豆をたいて煮汁ごと炒めた肉や野菜に入れて煮込んだあと、ルウを入れると痩せやすいカレーになる、というのをやっていましたが、今ちょっと気になっています。

食べ方次第ではダイエット効果も期待できる?

カレーにはスパイスが沢山ふくまれているため、脂肪を分解したり、便秘を解消したり、新陳代謝をアップさせる効果が期待できるんです。

なので、ダイエット効果も実は期待できるんです。

ただ、朝に食べるというのがまずポイントになります。
一番午前中体が動きますし、体自体も脂肪を燃焼しやすい時間帯なので、そこに照準を合わせると朝が一番いいです。カレーのス
パイス効果が、脂肪燃焼を更に促進させてくれます!

ただ、市販のルウを使うとなるとやっぱり糖質や脂質が気になるところなので、できるだけカレー粉で作ったほうが効果的です。
市販のルウを使う場合には、ご飯の量や材料に気を遣わないとカロリーを摂り過ぎちゃうので注意しましょう!
私は面倒なので市販のルウで作ったのを食べていましたが、変化自体感じませんでした・・・。

カレーは太ると恐れないで!

本場インドではカレーを主食としていても、太っている人がすごく多いわけではありません。
それはやはり、スパイスの効いた脂質と糖質の少ないカレーを食べているからなんですよね!

なのでちょっとカレーのルウを減らしたり、ご飯を玄米に代えてよく噛むようにしてみたりするだけでも太りにくいカレーライスは出来ちゃいます。

カレーは太ると恐れないで、太らないカレーレシピの開発を楽しんでやってみてはいかがでしょうか?