アスパラガスのコンパニオンプランツは何が良いの?

この記事は約6分で読むことができます。

アスパラガスのコンパニオンプランツは何が良いの?

この記事では、アスパラガスのコンパニオンプランツには何が良いのかについて、お話します。
コンパニオンプランツを利用して、アスパラガスを元気に育ててみたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

コンパニオンプランツは必要?

アスパラガスを育てるうえで、コンパニオンプランツは必ず要るというわけではありませんが、あると便利です。

他の植物をアスパラガスの近くに植えることによって、相互作用で虫がつきにくくなったり、生育が良くなる効果が期待できます。

虫をとったりする手間が省けますし、殺虫剤を使う必要がないかもしれないと思うと、安心してアスパラガスを育てることが出来ますね。

もちろん、日当たりが良くて土の状態が良ければ、コンパニオンプランツがなくても元気いっぱいに育ちます。でもアスパラガスを相性のいい苗や種があるのであれば、せっかくですしアスパラガスと一緒に育ててみてはいかがでしょうか?

アスパラガスにベストなコンパニオンプランツは何?

①トマト

実家では、アスパラガスのそばにトマトが植えてあります。
たまたま隣同士になっただけだと父は言っていますが、アスパラガスの近くにトマトを植えると、アスパラガスに付きやすいハムシ類を防いでくれる効果が期待できますよ。

また、トマトの病気を発生させることも防いでくれるので、おすすめです。

②香菜・香草

パセリやコリアンダーといった香菜は、香りが強いので害虫が嫌がります。特にコリアンダーはアブラムシやコナガが嫌いますよ。

また、バジルを始めとする香草類も虫がその臭いを嫌って寄ってきにくくなると言われています。

③にんにく

にんにくをアスパラガスの近くに植えると、お互いによく育ちます。

また、にんにくも臭いが強いので、害虫がつきにくくなりますよ。

④ネギ・ニラ

ネギやニラも香りが強いので、害虫を抑えてくれるのかなと思われるかもしれませんが、ネギって結構アブラムシがつくんですよね。
私も自宅で育てていると、アブラムシがやたらつくので嫌気がさして一時育てるのをやめていた時期があります。

でも、アスパラガスの近くにネギやニラを植えることで、アスパラガスが立枯病になるのを抑えてくれる効果があるんです!
良かったら一緒に植えてみてはいかがでしょうか。

毎年同じコンパニオンプランツで良いの?

コンパニオンプランツの中には、毎年同じ種類を植えても問題ないものもありますが、トマトの場合は同じところに毎年続けて植えることで、連作障害を引き起こすこともあります。

だから、一般的に同じところに毎年続けて植えない方が良いとされている作物を、コンパニオンプランツにする場合は、土に石灰や堆肥、枯れ草を混ぜ込んで調節するか、別の作物を植えた方がいいかもしれませんね。

アスパラガスならば、トマトの他にもネギやニラ、パセリなど他にも沢山相性の良い植物があるので、検討してみてください。

ちなみに余談ですが、実家では毎年トマトを植える場合は、土の中に堆肥や石灰を混ぜ込んで調節したり、ネギやニンニクをそばに植えたりしていますよ。連作障害は起こっていないそうです。

プランターでもコンパニオンプランツは必要?

プランターでもコンパニオンプランツがあると、美味しく育てることが出来るのでおすすめです。
ただし、コンパニオンプランツが大きく成長しすぎる植物の場合は、成長した時ギュウギュウになってしまうので、あらかじめ大きめのプランターで育てる方が良いかもしれませんね。

1年目・2年目のアスパラガスはまだ株も大きくないので、プランターでもコンパニオンプランツを植える余裕はありますが、株が大きくなるにつれてアスパラガスとコンパニオンプランツの根株と絡まってしまうかもしれません。
そうなると成長が阻害されてしまうので、出来るだけ成長した時の大きさに注意して、バランスを考えて植えてみてくださいね!

また、コンパニオンプランツを植える場所がない場合は、鉢植したコンパニオンプランツを、アスパラガスのそばに置くという方法も試してみてはいかがでしょうか?

注意することは?

①植物の性質を知っておく

コンパニオンプランツは、相性の良い植物同士だと、お互いに生育を助けたり害虫を寄せ付けないようにしてくれますが、いくら相性が良くてもパセリのように水がたっぷり必要な植物と一緒に植える場合は、水やりの加減に注意しなければ水が足りなくなってしまいます。
事前に、一緒に植えるコンパニオンプランツの性質を調べておくといいですよ。

②間隔に注意

いくら相互関係を良くしてくれるコンパニオンプランツでも、あまりに近い距離だと込み合って風通しが悪くなり、逆に害虫被害や病気になってしまうことが考えられます。
間隔をあけて植えるようにしてみてくださいね。

コンパニオンプランツは絶対に効果があるというわけではない

コンパニオンプランツを植えることで、アスパラガスに絶対に害虫がつかなかったり、病気にならないというわけではありません。

だから、コンパニオンプランツを植えたから効果は必ずあるというのは間違っています。

過度に期待し過ぎず、それでもお互いによく育つと良いなという気持ちくらいで、気軽に試してみてくださいね!