双子がほしい!狙って産む方法ってあるの?授かる方法があれば教えて!

この記事は約6分で読むことができます。

双子がほしい!狙って産む方法ってあるの?授かる方法があれば教えて!

双子を授かりたいと思う人は、意外と多いと聞きます。

1人でも大変な子育てなのに、同じ時期に同じ月齢の子どもを育てるなんて、2倍で足りないくらいの大変さがあるかもしれません。

けれど、楽しいことも2倍以上…と思うと、意図的に双子を産みたいという気持ちも分かります。

双子がほしいと思って、実際授かる方法はあるのでしょうか?調べてみました。

双子って狙って産めるもの?

実は、私自身が双子です。
私の両親は、双子がほしいと思って狙っていたのではなく、偶然、自然妊娠で一卵性双生児である私たちができ、産まれてきました。

よく、双子を産む人は遺伝が関係しているという話を聞きます。

しかし、実際双子である私たちの家系に、双子はいないようでした。

一卵性双生児は、一つの精子が受精した卵子が、何らかの原因によって二つに分かれ、それぞれが成長した結果になります。
「何らかの原因」がなにかはそれぞれのようですが、「運」や「偶然」によるものが多いようです。

二卵性双生児は、二つの卵子にそれぞれの精子が受精し、成長していった結果になります。通常、一周期に起こる排卵は、一回一個のみと言われており、一周で同時に二個の排卵が起こり、それぞれに精子が受精する必要があります。

双子がほしいと、狙う方法として、産婦人科で排卵誘発剤をもらい、二卵性双生児ができる確率をあげるという方もいるようですが、それによって、双子を授かる確率は、格段にあがることはないようです。

双子のできる確率ってどれくらい?


双子は、一卵性双生児と二卵性双生児に分かれます。

上記に記載したように、一卵性双生児は、「運」や「偶然」によって、一つの卵子が、二つに分かれたものです。確率としては、0.3%~0.4%と言われています。

また、二卵性双生児は、「母体の体質」の影響も大きく、大体1%くらいと言われています。
加えて、近年、人工授精の方法のひとつとして、排卵誘発剤を使用する治療法が出てきています。

これにより、二卵性双生児の出産確率は、1%以上になったのではないかと言われています。
人工授精は、排卵誘発剤を使用することで、卵子を育てます。排卵のタイミングで人工授精を行いますが、このときに、2つ以上の卵子を排卵し、2つ以上の卵子が受精、着床すると、二卵性双生児が産まれます。

この確率自体も、使用する排卵誘発剤の種類によって、作用の効果に違いがあるそうです。



授かる方法はあるの?

あくまで、100%の方法はありません。

本当に双子がほしいので、やれるだけのことはやりたい!と思う方は、試してみてください。

また、健康上の不安がある方は、あらかじめ医師に相談されたほうが、良い場合もありますので、確認してくださいね。

・不妊治療をする

人工授精のための、排卵誘発剤を使用することで、複数の卵子を排卵する可能性がでてきます。これにより、二卵性双生児の出生確率は上がってきていると言われています。
また、「クロミッド」と呼ばれる、経口排卵誘発剤により、卵巣を刺激するホルモンを分泌させ、複数の卵子を生産させる作用もあります。

・良いと言われる食材を食べる

「ヤム芋」「乳製品」「葉酸」など、卵巣や排卵にアプローチすると言われる食材を、積極的に食べてみるのはいかがでしょうか。
野生のヤム芋を主食としているアフリカの部族では、双子の出生率が世界平均より4倍も高いと言われています。

医者に相談は可能?

もちろん、相談自体は可能です。
しかし、双子を産む方法が医学的に確率していないため、医者はその相談をされたとしても、困ってしまうでしょう。

「人工授精」による、偶然の確率を少しでも高める方法が提示されるかもしれませんが、果たして、そこまでしてなぜ双子がほしいのか?を、冷静に考えることも必要だと思います。

「なぜ双子がほしいのか?」の質問に、「一回の痛みで2人産めるから」といった声を聞いたことがありますが、その理由だけならば、考えたほうが良いかもしれません。

まとめ


子どもは、いろんな奇跡が重なった、授かりものです。
愛らしいその表情や、少し困ってしまうワガママも、すべて宝物です。

私自身も双子ですので、双子の素晴らしさ、面白さなども、これまでの人生で幾度となく経験してきました。

調べたところ、双子を狙って産む方法に、100%はないようです。

しかし、その末にできた子が双子でなかったとしても、とてもかわいらしいあなたの子どもに変わりはありません。

ぜひ、「どうしても双子がいい!」と躍起(やっき)にならず、「この食材を食べたからもしかして双子ができちゃうかな?」のような、軽い気持ちで、試してみてくださいね。