赤ちゃんのよだれはいつまで続く?よだれかけはいつまで必要?

この記事は約6分で読むことができます。

赤ちゃんのよだれはいつまで続く?よだれかけはいつまで必要?

赤ちゃんはいつもよだれが口からあふれて出てくるイメージが強いですが、この赤ちゃんのよだれは一体いつまで続くんだろうと不思議に思ってしまいますよね。

周りの子どもはよだれが出てないのに、どうしてこんなにうちの子はよだれが出るんだろうと思うと不安になってしまいます。
この不安を解消するためにも、赤ちゃんのよだれ事情について詳しくみていきましょう。
よだれかけをいつまで使ったらいいかについても、参考にしてみてくださいね。

それでは1つずつみていきましょう。

よだれはいつまで続くもの?

よだれがいつまで続くかは、個人差があります。
生後3ヶ月頃からよだれが出だし、離乳食が始まったり歯が生えだすとどんどんよだれの量が多くなり、1歳~2歳ころまで続くという子が多いようです。

でも中には生後2ヶ月頃からよだれが沢山出るという子もいますし、3歳になってもでるという子もいます。
これは「個性」なので、うちの子が変なのかもしれないと心配する必要はありませんよ。

我が家の長女と三女はほとんどよだれが出ませんでしたが、次女は大体1歳すぎまで出ていたように記憶しています。
ちなみに私の甥っ子は3歳近くまでずっとよだれがいつも出ていましたよ。
今は9歳ですが、もちろんよだれは出ていません。
成長の中でよだれは口からあふれてでてこなくなるので、安心してくださいね!

むしろ、よだれが沢山出ると、虫歯になりにくくなるのでいいことです。
我が家の長女と三女はほとんどよだれがでませんでしたが、二人とも虫歯になりました。
でもよだれの多かった次女は虫歯になったことはありませんよ。

なぜよだれはでるの?

①歯が生えてくるため

歯が生えだすと、むずがゆくよだれも出やすくなります。
歯固めをかんだり、口におもちゃを入れたりすることで、余計によだれがでてきますね。

②離乳食

離乳食が始まると、食べ物が口に入ってもぐもぐしたりするうちに、消化を助けるための唾液も沢山分泌されるようになります。

③よだれが上手に飲み込めない

よだれが出るのは自然なことですが、赤ちゃんはそれを上手に飲み込むことができないため、口からどんどんよだれがあふれて出てきてしまいます。

④口内炎・口呼吸

赤ちゃんのよだれの量が多いのは自然なことなのですが、口内炎が口の中に出来ていたり、口呼吸が増えていることが原因となる場合があります。

口の中に口内炎が出来ていたり、炎症を起こしているとよだれの量が増えます。
また、口呼吸が増えると口の中を乾燥させないようによだれが増えますよ。
そんな時は、お医者さんに相談してみましょう。

よだれかけはいつまで必要?

よだれかけがいつまで必要かも、個人差があります。
全くよだれがでないのでよだれかけの必要がない子もいれば、2歳~3歳を過ぎても大量のよだれが出るので、よだれかけが手放せないという子も多いです。

よだれかけをつけておくと、いつでもサッと拭くことが出来て便利ですよ。

我が家の場合はよだれが出ていなくても、食事をする時の食べこぼしが服についたりするのを防ぐことができるので、よだれかけを使っていました。

よだれかけはよだれを防ぐためだけではなく、汚れを防いだりすることもできるので、2歳~3歳までよだれかけを付けるという人は結構多いですよ。

よだれ以外の目的でよだれかけが使えるなら、よだれが出てなくてもよだれかけがあると便利ですね。

よだれかけを交換するタイミングや頻度は?

赤ちゃんの肌はとても敏感です。よだれで濡れてしまったよだれかけをそのまま放置していると、皮膚があっという間に真っ赤になってしまいます。

①タイミング

よだれかけを交換するタイミングとしては、よだれかけが濡れたら交換するのがおすすめです。
というのも、よだれがついたスタイは雑菌が繁殖しやすいので、濡れたなと思ったら出来るだけこまめに交換する方がいいですよ。

②頻度

よだれの多い子は今替えたばかりなのにもう?!というくらい、何回も交換しなければならない子もいますよね。
ちなみに我が家の長女と三女は、ほとんどよだれかけが必要なかったです。

次女は二人に比べると多かったですが、一日に5回くらい交換していました。
でも周りの子は一日に10回以上交換する子も多かったですよ。

でもやっぱり、こまめによだれかけを交換した方が清潔を保つことが出来るので、面倒でも何度も交換してあげましょうね。

首回りに気をつけて

我が家の次女は、姉妹に比べてよだれが多い方でした。よだれかけをしていても顔を近づけるとなんだか生臭い臭いなと思ったら、あごの下によだれが溜まって真っ赤にただれてしまうということがよくありましたよ。

だからよだれかけを交換する時や、気が付いた時にこまめに首回りを綺麗に拭き取って、しっかり乾かしてあげるようにしましょうね。

あまりにただれてジュクジュクの汁が出てしまっている状態なら、病院を受診してみてもらいましょう。塗薬で綺麗に治りますよ。

薬を塗る際にもしっかり洗って優しく拭いて、うちわで患部をあおぐなど乾かしてから、薬を塗るようにしましょうね。

赤ちゃんの首回りを守るためにも、よだれかけを上手に使って清潔に気を付けるようにしましょう!