赤ちゃんが顔や頭をすりすりこすりつけてくる。これはどういうサイン?痒いの?眠いの?

この記事は約5分で読むことができます。

赤ちゃんが顔や頭をすりすりこすりつけてくる。これはどういうサイン?痒いの?眠いの?

赤ちゃんを抱いてあやしていると、胸元にすりすりと顔をこすりつけてくることがありますよね。

可愛いしぐさだけれど、何か意味があるのでしょうか。

また、布団に寝かせていると頭を左右に振って枕にこすりつけていることもあります。

赤ちゃんにとってこれらはどんなサインを持っているものなのでしょうか。

ズバリどういう意味?


赤ちゃんが顔をすりすりとこすりつけてくる意味には2種類あります。

ひとつは、眠たくなったというサイン。

人は眠たくなると涙の分泌が減るため、目をこする動作をするそうです。

これは赤ちゃんでも同じことなのですが、赤ちゃんの場合まだ手がうまく使えないので、自分の手でこすることができません。

それで近くにあるものに顔をこすりつけるんですね。

もうひとつは、顔が痒いというサイン。

乳児湿疹やアトピー、アレルギーなどによって痒みが出ていると、激しく顔をこすりつけることがあります。

顔に湿疹が出ていたり、やけに乾燥していたりというときは、痒くなっているのかもしれませんので注意が必要です。



すりすりしだしたら、どうしてあげればいいの?

眠たくなってのすりすりでしたら、そのまま寝かしつけてあげるといいです。

顔をこすらないよう抱きなおして、ゆらゆらしたり、背中をトントンしたりすれば、やがて寝てしまうでしょう。

もしも痒くてすりすりしている場合には、痒みの原因によって対処方法が違ってきます。

一般的な乳児湿疹でしたら、毎日お風呂で丁寧に洗ってあげることで徐々に治ることがほとんどです。

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんの皮脂が過剰に出てしまうことで肌トラブルになってしまうものですが、ひどくなると痒みを伴うことがあります。

こちらも毎日お風呂に入れて、清潔にしてあげることで改善していきます。

どちらの湿疹もきれいに洗うことが大切ですが、その後の保湿も必要です。

アトピー性皮膚炎や何らかのアレルギーで痒みが起きている場合は、かかりつけの病院でお医者さんの指示にしたがってください。




すりすりしすぎて髪がハゲてきた!大丈夫?


一方で、顔ではなく頭をすりすりする赤ちゃんもいますよ。

主に寝かせているときが激しいかと思いますが、これを頻繁にやっていると摩擦で後頭部にハゲができることがあります。

あまりに広範囲にハゲてくると心配になってきますよね。

でもこれは赤ちゃんにはよくあることで、つるつるにハゲてしまってもそのうち毛は生えてきますので心配はありません。

うちの子はすりすりではなく、お風呂で頭を洗うだけで髪の毛が抜け落ちてしまい、とても不安になりました。

が、それも特別なことではないそうで、徐々にふさふさと毛が生えてきましたよ。

摩擦でハゲてしまうほかに、脂漏性湿疹の赤ちゃんは頭皮の毛穴が詰まることで毛が抜けてしまうこともあるそうです。

この場合は毛穴の詰まりを解消してあげるのがいいですよ。

方法としては、お風呂の前に頭皮にベビーオイルを塗っておくと、毛穴の脂をすっきり洗い流すことができるということです。

毛穴の詰まりに悩んでいる方は試してみてください。



すりすりされるママが気をつけること

赤ちゃんは力の加減をせず、とにかくすりすりしてくるもの。

顔を傷つけないよう、衣服に気をつけなければなりません。

胸元にボタンや刺激になるような飾りがついていないもの、チャックのないものなどにするといいですね。

それから、衣服がチクチクする素材だったりすると、その刺激が痒くてすりすりすることも考えられます。

また、過敏な赤ちゃんだとママの衣服の柔軟剤に反応することもあるでしょう。

湿疹などの症状がなく、眠たそうでもないのにやけにすりすりこすっている、痒そうだというときには、ママの衣服が原因になっているかもしれませんので、あらゆる原因を考えてみてくださいね。

最後に


赤ちゃんと暮らすということは、食事や時間、そしてママは特に着るものまで制限されてしまいます。

洋服くらい好きなものを着たくなりますが、赤ちゃんを抱っこして過ごす時間は振り返れば本当に短いものです。

今だけの貴重な時間と思ってがんばりましょうね。