カレーライスを辛くするには?甘くするには?自分で調整できる方法とは?

この記事は約7分で読むことができます。

カレーライスを辛くするには?甘くするには?自分で調整できる方法とは?

カレーライスを小さなお子さんのいる家庭で作る時、必ずと言っていいほど起こる問題が、子どもと大人のカレーを分けるかどうかです。

子供に合わせて大人も甘口にするか、大人は別で辛口カレーにするか・・・。

大人だってたまには辛いスパイシーなカレーが食べたいですよね!
甘いカレーを手っ取り早く辛くできる方法、ちょっと知りたくないですか?

また家にあった辛口のカレールウで作ったカレーは、子供も食べられるくらい甘くは出来ないのか…。
辛口が甘くできたら、かなり便利ですよね!

実はそんな便利な方法があるんですよ!



子供用の甘口カレーを辛くするには

我が家でも主人が子供用の甘口カレーじゃなくて、辛口のカレーが食べたい!!とよく言います。
甘口のカレーを辛くする方法は、別鍋で煮込む方法と、甘口のカレーをお皿にもって、そこに辛さをプラスするという方法を選択することができます。

①辛口のルーを足せばいいの?

辛口のルウを甘口のカレーに足すと、辛口に変わります。
別鍋に甘口のカレーを分けて、そこに辛口のルウを足すわけですが、足す水の量も増えるわけですから、出来上がりの辛口カレーの量も増えることになっちゃいます。

でも、残った分を冷凍しておけばまた辛いカレーが食べたくなった時に、手軽に解凍して食べられますよ!
ルウを増やさないで煮込んで辛口にしたいばあには、鷹の爪を1本~2本ほど大人用に分けた甘口カレーに入れて、ちょっと煮込むとカレーの分量を増やさずに、食べきれる分だけ辛口カレーを作ることが出来ちゃいます!
私も昔はこの方法をとっていましたが、ピリッとした唐辛子の辛さが加わってなかなかいいですよ!

②唐辛子やタバスコを入れたら

カレーをお皿に盛ったら、一味唐辛子をパラパラかけると十分辛口カレーに仕上がりますよ!
我が家で主人は食べる時に一味唐辛子を少しカレーにかけ、その上にミルで挽いたブラックペッパーをたっぷりふりかけて食べています。
すごくスパイシーで美味しいというので私もやってみましたが、ブラックペッパーが大好きなのですごく合うなと思っちゃいました。

独身の時には、食べるラー油がすごく流行っていたので、食べるラー油をたっぷりかけて食べていましたが、すごく辛みと旨みが絶妙に感じたので、ラー油でも十分辛さを引き立てるのに役立ってくれますよ!

友人は本格的に『カイエンペパー』と『ガラムマサラ』の瓶を購入して、カレーの時には好みの辛さで食べると言っていました。確かに一瓶あると便利だなと思いましたが、消費しきれるかどうか分からないので、買うのはちょっとためらっちゃうなと感じました。

タバスコもカレーライスの上に掛けてみたことがありますが、しっかり混ぜたら酸味はそこまで気にならず、辛いカレーが食べられました。
ピザやパスタ以外の消費方法と考えると重宝しますね!

煮込むのは面倒という人は、手軽に上からかけるだけで出来ちゃうのでおすすめですよ!

辛口カレーを甘くするには?何を入れれば?

辛口カレーを甘くする方法として、我が家ではまず牛乳を入れます。
牛乳を入れるとまろやかになるので、ちょっと辛い位ならかなりこれでカバーできます。

あとは、イチゴジャムも入れちゃいます。
ドバドバではないですが、少しずつ足していきます。
イチゴジャムはマーボー豆腐が辛い時にいいと聞いて入れ始めたのですが、カレーにもいけるんじゃないかと思って入れてみたら、辛さが軽減されました!なのでおすすめですよ!

あと試したことがあるのはリンゴジュースをカレーに入れるというのと、テレビで見たコーンポタージュスープの素です。
りんごジュースはだめもとで入れてみたのですが、リンゴの甘さでスパイシーさが軽減されたように思います。
また、コーンポタージュスープは牛乳を加えたカレーの上から振りかけ、しっかりよくかき混ぜると驚くほどマイルドになります。不思議ですよね!

そして思ったよりも私の周りのママ友さんの多くが、牛乳にプラスしてコーンポタージュを入れるというので、みなさんちゃんと効果を感じているんだなと思いました。
甘さを足して、後はケチャップや醤油などで味を調えたら、美味しくできますよ!

他にも、砂糖やリンゴをすりおろしたり、バナナを入れたりコーヒーフレッシュを加えたりする人もいるみたいです!
色々試してみたいですよね!

甘くしたカレーは子供に食べさせて大丈夫?

甘くしたカレーはもともと辛かったわけですから、スパイスもそれなりに沢山入っていたはずです。
なので、そんなカレーライスを子供に食べさせて大丈夫かなと心配になってしまいます。
結論から言って、甘くしたカレーは牛乳やリンゴジュース、水などで薄めているのであれば食べさせて大丈夫です。

甘くしたカレーは牛乳を入れたりりんごジュース、水を入れたりといった、味をつける前に『薄める』という行為があります。
というのも、スパイスの上に味を重ねてもスパイスが減るわけではありません。そのスパイスの濃さを薄めないと甘くなったと感じるのは難しいためです。

甘くなったなと感じるカレーは、スパイスもある程度薄まっているため、子供が食べても大丈夫だと言えます。

カレーライスのスパイシーさは、なかなか完全になくならない

カレーライスを辛くするのは簡単ですが、完全に甘くするのはとても難しいです。
塩っ辛いのであれば、水や牛乳などで薄めればいくらでも薄めてちょうど良くすることができますが、スパイシー辛いのは別です。

スパイシーをいくら薄めても、スパイスのかけらは水に溶けないので、どうしても口にするとどこかスパイシーに感じてしまうので仕方がありません。
薄めた後に甘さやマイルドさを加えて、スパイシーさをできるだけ感じさせないように味付けしていくわけです。

我が家では、甘くなったから大丈夫かなと思って子供に出すと、「まだ辛い!」と言ったりします。
子供は辛さに関して敏感ですし、ちょっとでもスパイスを感じると食べないという子も多いです。
なので、子供が辛いというのであれば無理に食べさせない方がいいですよ!