新千歳空港で寝泊り・夜明かしはできるの?

この記事は約6分で読むことができます。

新千歳空港で寝泊り・夜明かしはできるの?

楽しみな旅行。
予定通りトラブルもなく過ごせるのがいいのですが、もしハプニングにぶつかってしまったら。
慣れない土地では右往左往しているうちに刻々と時間だけが過ぎていき、状況が余計悪化しかねません。
そうならないように事前にトラブル対策は練っておきたいですね。
新千歳空港近辺で急に宿泊しなければいけなくなったときの選択肢についてご紹介します。




空港内のベンチで寝泊りは可能?

「新千歳空港」は24時間オープンはしていません。
国内線ターミナルビルは23時に閉館、国際線ターミナルビルは21時に閉館します。
なので空港内のベンチで寝泊まりすることはできません。

ラウンジで夜明かしはできる?

新千歳空港のラウンジ「スーパーラウンジ」はクレジットカードのゴールドカードがあると無料で利用できます。
ゴールドカードがなくても1080円を支払うことで利用することができます。
ただ、こちらも営業時間が決まっており、利用可能時間は7:00~20:30の間です。
空港自体に閉館時間があるので、ラウンジでも夜を超すことはできません。

空港で泊まれないなら、どうする?空港周辺の宿泊方法2選

1.空港内の宿泊施設を利用する。

一つは空港内にある温泉施設で過ごす。という方法。
その名も「新千歳空港温泉」
空港内なのにしっかりと温泉です。塩分を含むナトリウム塩化物泉でいわゆる「美人の湯」と言わせる泉質の温泉です。
入館料金1500円と夜間利用料金1500円、計3000円で夜間を過ごすことが可能です。
館内にはリラックスルームが2か所と安眠ルームが一箇所。ゆったり足を伸ばせる椅子でモニターを見たり本を読んで過ごしたり、休んだり。

2か所のリラックスルームのうちの一つは女性専用なので、女性一人でも安心して過ごせます。
また温泉施設内に客室もあります。宿泊料金には温泉料金も含まれているのでゆったりと温泉につかったあとに客室でゆっくりとベッドで身体を休めて就寝することができます。
ただ、欠航などで空港が混雑している場合は、温泉利用者も増加するので、横になれる場所はないかもしれない。と覚悟したうえで利用してください。

もう一つは「エアターミナルホテル」
「新千歳空港」内にあるビジネスホテルです。
利点は、とにかく出発カウンターに近いという点。
そして宿泊客は新千歳空港内温泉を入館料無料で利用できるというのも利点です。
空港内のホテルのため、客室は窓外に滑走路が広がる「滑走路側客室」あるいは駐車場が見える「駐車場側客室」の2タイプ
ただ、このホテルは客室数がそれほど多くないうえに普段からわりと満室状態であることが多いホテルです。
宿泊希望日当日に、空室があり予約できたとしたらよっぽどの強運の持ち主でしょう。

2.千歳駅近辺の宿泊施設を利用する。

新千歳空港からJRで2駅の千歳駅近辺にはビジネスホテルなどの宿泊施設が10件以上あります。
2018年オープンの新しいホテルも2件あり、空港までの無料シャトルバスを利用できるホテルもあります。
朝早い便でも安心な時間から運行しているシャトルバスを用意しているホテルも多く、利便性が高いので新千歳空港内での宿泊が出来ない場合は千歳駅近辺ホテルを利用するのがお勧めです。
新千歳空港からJR千歳駅まではタクシーでも約10分ほどの距離です。
またJR千歳駅から札幌駅までは快速であれば30分位で到着します。

冬場はここに注意!

冬場の北海道は想像以上に寒いです。
暖かい飛行機から降りて、一歩外に出たときの温度差で体調を崩さないように防寒対策は必須です。

カイロを貼っていても暖かくならない位の身の危険を感じる寒さに直面することもあります
特に指先と足の指、そして頭が冷えると身体全体が温まるのにかなりの時間を要します。

また冬場は吹雪などでJRが止まってしまうことも割とよくあります。
JRが止まった時の千歳駅までまたは札幌駅までの移動手段はバスか自動車。
千歳駅までであれば車で10分位ですが、札幌まで移動しようとしたら通常でも車で1時間はかかる距離。
札幌市内まで約40㎞あります。

JRがもし止まってしまった時には札幌と新千歳空港を結ぶ高速バスの乗り場に長打の列ができ、バスに乗るまでに極寒のバス停で数時間バスを待たなければいけない状況になることもあります。

恰好をつけていられるような寒さではありません。
身を守るために「これでもか!!」という位の防寒対策を施しておくことをお勧めします。

まとめ

北海道は真夏でも日が落ちて夜になると、思っている以上に涼しくなります。
無防備な状態で野宿するのは体調不良につながります。
ましてや真冬であれば命に関わることも。
事前に下調べをしっかりしておくことで、万が一の際の焦らず冷静に判断することに役立ちます。